人生にゲームをプラスするメディア

『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用

グレンジは2019年配信予定の新作スマートフォン向けゲーム『Kick-Flight(キックフライト)』に関して、新たなアニメーションPVを公開しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用
  • 『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用
  • 『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用
  • 『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用
  • 『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用
  • 『Kick-Flight』自由に飛び回るポップなアニメーションPVを公開!KANA-BOONの新曲「FLYERS」を起用

グレンジは2019年配信予定の新作スマートフォン向けゲーム『Kick-Flight(キックフライト)』に関して、新たなアニメーションPVを公開しました。

以下、リリースより引用

◆アニメーションPV 公開!



このたび公開したアニメーションPVは、『ユーリ!!! on ICE』、『BANANA FISH』などで知られるアニメーションスタジオMAPPAが制作を担当し、監督・コンテ・演出は『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』、『ゾンビランドサガ』などの人気作品を手掛けてきた境宗久氏が務めています。そして、本作のイメージソングには、4人組ロックバンド「KANA-BOON」が2019年6月12日(水)にリリースするニューシングル『まっさら』に収録されている楽曲「FLYERS」を起用しております。

●谷口鮪(KANA-BOON)コメント
『退屈だったりそれなりだったり、僕らを取り巻く現状にキックして刺激的な世界を飛び回る。』・・、そんな願望と妄想を歌にしました。ゲームのテーマソングとなって、また新たな出会いが生まれることも嬉しいことですが、自分らしい言葉の組み立て方や造語、これからの作詞のキーとなるものを見つけられたこともとても喜ばしいことでした。

作品のPVを観ましたが、TVアニメのOPかと思うくらいの仕上がりで興奮しました。制作チームの熱量が映像からも伝わってきます。ゲームをプレイするのがより楽しみになりました。皆様も是非、ご覧ください。

■「キックフライト」アニメーションPV 作品情報
原作:グレンジ
監督・コンテ・演出:境宗久
アニメーションキャラクターデザイン:長谷川ひとみ
アニメーション制作:MAPPA
プロデュース:CAAnimation
イメージソング:KANA BOON「FLYERS」
作詞:谷口鮪
作曲:谷口鮪
編曲:KANA BOON
レーベル:Sony Music Labels Inc.

■「KANA BOON」プロフィール

谷口鮪(Vo./Gt.)、古賀隼斗(Gt./Cho.)、飯田祐馬(Ba./Cho.)、小泉貴裕(Dr.)からなる大阪・堺出身のロックバンド。2013年のデビュー以降、ライブシーンでも怒涛の快進撃を続け、新世代ロックバンド筆頭として熱い支持を集める存在に。メジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたり、5リリース・5イベントを企画するなど、精力的に活動中。

公式サイト:http://kanaboon.jp/

◆『Kick-Flight(キックフライト)』



空中を舞台にした4人対4人のリアルタイムアクション対戦ゲームです。タップやスワイプなどのスマートフォンならではの操作で、空中を自在に飛び回って楽しめるアクションが新しく、個性豊かなキャラクターを操作し、ディスクと呼ばれる特殊スキルを発動することで生み出される幅のある戦術が最大の特徴となっております。

▼ゲームショット



ジャンル:360°空中対戦型アクション
配信開始日:2019年(予定)iOS版/Google Play版
価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金制)
対応OS:iOS/Android(機種によりご利用いただけない場合があります)

公式サイト:https://kickflight.grenge.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/KickFlightJP



(C) Grenge, Inc. All Rights Reserved.
《monnchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「ガラルジグザグマ」コミュデイの注目ポイントまとめ!初登場の限定技「ブロッキング」は強力【ポケモンGO 秋田局】

    「ガラルジグザグマ」コミュデイの注目ポイントまとめ!初登場の限定技「ブロッキング」は強力【ポケモンGO 秋田局】

  2. “ガラル三鳥”に会いたきゃ、小走りだ!「おさんぽおこう」で効率良く、ポケモンを出現させるコツ【ポケモンGO 秋田局】

    “ガラル三鳥”に会いたきゃ、小走りだ!「おさんぽおこう」で効率良く、ポケモンを出現させるコツ【ポケモンGO 秋田局】

  3. 激レア“ガラル三鳥”には、どうやったら会える!?「おさんぽおこう」を使って、2人で40匹捕まえた結果【ポケモンGO 秋田局】

    激レア“ガラル三鳥”には、どうやったら会える!?「おさんぽおこう」を使って、2人で40匹捕まえた結果【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『ウマ娘』ライスシャワー役の石見舞菜香さん&ミホノブルボン役の長谷川育美さんへインタビュー!愛バはドーム開催の「4thイベント EXTRA STAGE」をどう走り抜ける

  5. ギアス、ハガレン、グレンラガン…00年代アニメのスマホアプリが大ブーム!?キーワードは“肉親の死”

  6. 新ウマ娘・デアリングタクトも!トレーナーなら知っておきたい令和の「競馬黄金期」

  7. 「竹箒」コミケ100販売本公開!『FGO』第2部第6章のプロット本など計3冊、会場限定本もあり

  8. 「竹箒」コミケ100通販本を“受注生産”として調整中!会場限定本も“PDFデータ”を公開へ

  9. 『ウマ娘』水着マックイーンは逆にセクシー!?“あえて露出しない”というわびさびの時代へ

  10. 『ポケモンGO』ディレクターに独占インタビュー!どんな想いで開発してるのか、じっくり聞いてきた【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る