人生にゲームをプラスするメディア

スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!

『ドラクエ』派生作品は、色んなジャンルに広がっています。だからこそ、更なるジャンルとの組み合わせる新作があり得るかもしれません。そこで今回は、『ドラクエ』+各ジャンルを勝手に結びつけて大予想!

その他 特集
スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!

◆4色のスライムが揃うと消える、というド定番も悪くない!「落ちモノパズル」も良さそう



カードバトルやボードゲーム、モンスターの育成にリズムアクションと、主軸がRPGのシリーズ作品としては、かなり広いジャンルに渡って活躍している『ドラクエ』。他のRPGシリーズにも派生作はありますが、『ドラクエ』の広がりは一線を画す勢いです。

そんな『ドラクエ』と「落ちモノパズル」も、相性は悪くなさそう。パズルゲームもいくつかジャンルがありますが、『テトリス』をはじめ、大ヒットを遂げた作品をいくつも生み出した「落ちモノパズル」こそ、『ドラクエ』に相応しいでしょう。

「落ちモノパズル」の定番は“揃えると消える”なので、そこは踏襲。勇者などの人間が消えるのはちょっと怖いから、ここは『ドラクエ』の顔とも言えるモンスターが落ちてくる形にしましょう。代表的な存在といえば、やはりスライム。スライムは、通常の青のほかに、赤(スライムベス)や黒(メタルスライム)もいますし、派生だと緑(バブルスライム)あたりも色合い的に合いそうです。

ぷるぷると可愛い、色とりどりのスライムが落ちてきて、それを並べ替えて色が揃うと消えて・・・いやこれちょっと、どっかで見たことがあるような気が!? ま、まあ、ルールはともかく、『ドラクエ』な落ちモノパズルも楽しそう、ということでひとつ!

◆勇者よりも強いヤツに会いに行く!? 『ドラクエ』で「格ゲー」も激熱!



勝ち負けの真剣勝負に挑む、手に汗握る「格闘ゲーム」。略して「格ゲー」と呼ばれるこのジャンルも、火付け役となった『ストリートファイターII』以降、長く愛され続けています。『BLAZBLUE』シリーズや『鉄拳』シリーズなど、2D・3Dを問わず、今も様々な作品が登場。今やオンラインを介し、世界中のライバルと戦える時代となりました。

RPGの派生作として「格ゲー」がリリースされる例は、珍しくはあるものの、決して皆無ではありません。ナンバリング4作目の続編に当たる『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』は格闘ゲームですし、その後『ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』も発売。また、鋭意開発中ですが、スマホの人気RPGの新展開となる『グランブルーファンタジー ヴァーサス』も注目を集めています。

格闘ゲームではなく対戦アクションですが、スクウェア・エニックスは、シリーズの歴代主人公を中心とした『DISSIDIA FINAL FANTASY』シリーズを展開しているので、こちらも『ドラクエ』歴代勇者を集結させてみるのはいかがでしょうか。『I』の勇者はオールマイティで、『II』はきっと攻撃特化。『IV』は男女共に選べて、『X』の外見はカスタマイズ可能でお願いします。最近の「格ゲー」は登場キャラが多いので、勇者に加え、パーティメンバーの参戦も期待したいところ。その場合、『III』の仲間枠が大変なことになりそうですが、そこも含めて見てみたい!



『ドラクエ』ヒロインと恋愛するのも悪くない! “歩く”に注目したあのゲームが出る可能性も・・・
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

    テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

  2. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】あんまり『スプラトゥーン2』を遊んでないのにもうフェスが終わっちゃう

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】あんまり『スプラトゥーン2』を遊んでないのにもうフェスが終わっちゃう

  3. 【週刊インサイド】『ニンテンドースイッチ ライト』購入意欲アンケートに読者の関心が集中! 「サマーウォーズ」OZを再現するアプリや、中国レイヤーへのインタビューも話題に

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 『遊戯王OCG』カードの種類が1万種を突破!記念商品発売や新作アニメ制作が決定

  6. 【コスプレ】「もう大人なんだから」あどけない中国レイヤー・橘子は無邪気に笑う【写真38枚】

  7. 人気VTuber風宮まつり 1周年記念イベントにインサイドちゃんMark2もゲスト出演!「飲みにけ~しょん」夜の部レポート

アクセスランキングをもっと見る

1