人生にゲームをプラスするメディア

スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!

『ドラクエ』派生作品は、色んなジャンルに広がっています。だからこそ、更なるジャンルとの組み合わせる新作があり得るかもしれません。そこで今回は、『ドラクエ』+各ジャンルを勝手に結びつけて大予想!

その他 特集
スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!
  • スマホ向け『ドラクエ』新作を勝手に大予想、「バトルロイヤル」など様々なジャンルと組み合わせてみる─迫る新作発表も見逃すな!

◆巨大ボスを打ち倒す爽快感を『ドラクエ』で! 「ハンティングアクション」も捨てがたい



強大なモンスターと対峙し、ひとりもしくは協力プレイで激戦に挑む「ハンティングアクション」。『ゴッドイーター』や『討鬼伝』など、シリーズ展開に至った作品も多数ある人気ジャンルのひとつです。草分け的な存在である『モンスターハンター』の最新作『モンスターハンター:ワールド』が世界的なヒットを遂げており、大型拡張コンテンツのリリースも控えています。そんな今だからこそ、ハンティングアクションな『ドラクエ』も見てみたいところです。

ファンタジー系物語における王道のひとつといえば、やはり竜の討伐。シリーズの原点である初代『ドラゴンクエスト』でも、竜王との戦いが描かれました。『ヒーローズ』の時よりも更に大きなドラゴンと戦えたら、気分はまさにドラゴンスレイヤー! 文字通り、伝説に名を残す勇者になれそうです。

リアルなドラゴンも悪くありませんが、『ドラクエ』ながらのポップなデザインの巨大なモンスターと、迫力溢れる激戦を繰り広げてみるのも一興でしょう。『ドラクエ』関連の漫画やアニメで見たようなバトルを再現してくれたら、興奮間違いなしです。

◆意外、だからこそ気になる! 『ドラクエ』と「ステルス」の組み合わせ



敵陣に侵入し、気づかれることなく目的を果たすステルスゲーム。代表格とも言える『メタルギア』シリーズをはじめ、『アサシン クリード』シリーズや『天誅』シリーズなど、いずれも魅力溢れるゲームデザインで、このジャンルを力強く支えています。

『ドラクエ』と「ステルス」は意外な組み合わせに思えますが、お城に潜入したりこっそり脱出するといったシチュエーションは、『ドラクエ』シリーズ作の中にはいくつかあります。『ドラクエIV』で「へんげのつえ」を使ってモンスターになりすまし、デスパレスに潜入したシーンなど、シリーズファンの記憶には色濃く残っていることでしょう。へんげした姿を利用した形ですが、これも潜入のひとつと言えます。

普段は正々堂々、正面から挑むことが多い『ドラクエ』だけに、意外なジャンルと組み合わせることで、新たな魅力が生まれるかもしれません。主人公を盗賊にして、暗殺・・・だと『ドラクエ』っぽくないので、あくまで気絶どまり。そしてお宝を盗んだり、囚われの姫を助け出すといった、ちょっと変化球な『ドラクエ』も気になります。



挑戦作が多い『ドラクエ』なら、「落ちモノパズル」や「格ゲー」もアリ!?
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「サクラ大戦 ~松原秀典原画展~」東京と大阪で開催決定!約30点の原画&ファン待望の新作版画も公開

  2. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  3. え、それ飲むの!?『バイオハザード』おなじみの救急スプレー型サーモボトル発売

  4. 【コスプレ】魅惑の水着BBにメイド酒呑童子まで!「ホココス2019」FGO美女レイヤーまとめ【写真100枚】

  5. 『FGO アーケード』「★4(SR)源頼光(ランサー)」実装&3DCGモデルを公開!「ピックアップ召喚」は明日18日から開催

アクセスランキングをもっと見る

1