人生にゲームをプラスするメディア

「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】

PS4版のトロフィーを見ると、クリア率の低さが浮き彫りになる『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。しかしインサイド読者は、強者揃いの模様です。

その他 特集
「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】
  • 「『SEKIRO』をクリアした?」結果発表─新たな“死にゲー”に心を折られなかった読者は70%超え! 全EDを迎えた方も多数【アンケート】

歯応え溢れる高難易度で、プレイヤーの前に立ちはだかる“死にゲー”。幾度も迎えるゲームオーバーを通して敵の動きを学び、経験を重ねることで勝利に近づいていく──その絶望と緊張感が織りなすプレイ体験が、多くのユーザーを虜とします。

そんな“死にゲー”を多数生み出し、いずれも高評価を博しているフロム・ソフトウェアが3月22日に発売した『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(以下、SEKIRO)も、剣戟をベースとした非常に手強い戦国アクション。これまでになかった新たな“死にゲー”に挑んだ方々は、一度ならず壁にぶつかり、その歯応えを実感しました。

PS4版『SEKIRO』のトロフィーをチェックしてみると、序盤の大詰めと言われている難所をクリアしたユーザーは5割未満。発売からある程度の期間が経過していますが、約半数の方々が序盤の壁にぶつかっているか、そこまで辿り着けていない模様です。


絶望と爽快感が表裏一体の『SEKIRO』。以前実施したトロフィーチェックでも、各エンディングの到達率はかなり低めとなっており、今回も“死にゲー”と呼ばれるに相応しい難易度を見せていました。

ユーザーと一口に言っても、上級者からカジュアルに楽しむライト層まで、幅広いもの。そこで今回は、インサイド読者を対象に、『SEKIRO』をクリアしたかどうかのアンケートを実施。ゲームニュースをチェックするほどのユーザーならば、クリア率が高い可能性が十分にあり得ます。どれほどの読者が、心を折られずにエンディングを迎えたのか。気になる結果をご覧ください。

◆第4位「心が折れそうだ・・・停滞モードです」:6票 (4.5%)



今回のアンケートで最も少なかったのは、“死にゲー”を象徴する台詞でもある「心が折れそうだ」を選んだ声でした。『SEKIRO』の完成度の高さは皆さんご存じの通りですが、アクション系ゲームの上位に食い込む難易度の高さについても、異論を挟む方は少ないことでしょう。覚悟を決めてプレイを始めたものの、想像を上回る猛攻に行き詰まるケースも間々あります。


特に本作は、“弾き”や“見切り”、“体幹”などが重要な「剣戟」アクション。これまでの“死にゲー”とは趣が異なるゲーム性なので、初体験の感覚に戸惑った方がいるのも当然です。とはいえ、順位としては第4位。割合も5%未満となっており、多くの読者が心を折られず、『SEKIRO』の世界を駆け抜けていることが窺えます。

◆第3位「現在、プレイ中」:31票 (23.5%)



続いて、プレイ中と答えた方々が第3位にランクイン。割合は23.5%で、全体の約1/4を占めています。本作にはボスクラスの敵が何体も控えているほか、名前のある中ボスも様々な場所で待ち構えています。中ボスは回避も可能ですが、敵ならば倒したいと思うのも自然な話です。


中ボスの中には、ボスクラスに匹敵するような手強さを持つ相手もおり、何度もやられてしまうこも珍しくありません。そして、全てを味わおうとすれば、プレイ時間は比例して長くなるため、プレイ中の方が一定数いるのも至極納得と言えるでしょう。“継続は力なり”で、クリアに辿り着く人が増えることを祈るばかりです。



残りは全員エンディングを迎えた猛者ばかり! 全EDを制覇した方々も続出
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『PCエンジン mini』思い出に残るタイトルベスト20を発表─トップはKONAMIの名作『スナッチャー』!

    『PCエンジン mini』思い出に残るタイトルベスト20を発表─トップはKONAMIの名作『スナッチャー』!

  2. 【コスプレ】中国版コミケ「Comicup24」美女レイヤーまとめ!ドルフロ、アークナイツほか人気キャラ集結【写真61枚】

    【コスプレ】中国版コミケ「Comicup24」美女レイヤーまとめ!ドルフロ、アークナイツほか人気キャラ集結【写真61枚】

  3. 『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』6月27日アップデート実施―1500コストの射撃寄り万能機「G-ルシファー」参戦!

  4. 『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』5月30日アップデート実施―既存6機体に新武装が追加!

  5. AC『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』4月25日アップデート実施―2000コストの万能機「ガンダムX魔王」参戦!

  6. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る

1