人生にゲームをプラスするメディア

SIE、PS Vitaの出荷を完了─携帯型PlayStation約14年の歴史に幕

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアはPlayStation Vitaの出荷を完了したことを発表しました。

ソニー PSV
SIE、PS Vitaの出荷を完了─携帯型PlayStation約14年の歴史に幕
  • SIE、PS Vitaの出荷を完了─携帯型PlayStation約14年の歴史に幕

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアはPlayStation Vita(PS Vita)の公式ページを更新し、現行モデルとなるPCH-2000・ブラック/アクアブルーの出荷を完了したことを発表しました。これにより、2004年12月に発売されたPlayStation Portable(PSP)から数えて14年2か月のPlayStation携帯機の歴史に幕を下ろしたことになります。

PS Vitaは2011年12月17日に発売されたPlayStation携帯機の2世代目にあたる機種です。初期モデルでは3G通信内蔵モデルも発売されており、現代のスマホゲームなどでおなじみの基本無料型ゲームもラインナップに存在しています。また、Wi-Fiのロケーションや3G通信内蔵モデルではGPSを使った位置情報を取得することができ、これを使った位置情報ゲームも展開されていました。2013年10月には現行機となるPCH-2000シリーズを発売しています。

ゲームラインナップもPS2タイトルのリマスター、PS3タイトルの携帯版などに加え、『GOD EATER 2』『討鬼伝』シリーズ、『ソウル・サクリファイス』『フリーダムウォーズ』などの“共闘ゲーム”、タッチパネルというインターフェイスを活用した“ギャルゲー”“乙女ゲー”など、多岐に渡ったものとなりました。クラウドへのゲームデータアップロードにより、家ではPS3/PS4で、出かけるときはVItaで、といった遊びもできるようになっています。

しかし、SIE WWS傘下の開発スタジオが開発リソースをPS4に注力したことで、日本においては『フリーダムウォーズ』を最後にパッケージタイトルの開発を終了。また、PlayStation PlusのPS Vita向けフリープレイタイトルも3月8日をもって配信を終了することも発表されています(ダウンロードしたタイトルはPS Plus加入中であればダウンロード・プレイが可能)。

その一方で、ソフトメーカーからは現在でも『キャサリン・フルボディ』『プロ野球スピリッツ2019』などの新作ソフトがリリースされ続けています。
《岩井省吾》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

    海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

  2. 『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

    『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

  3. 『真・三國無双8』が「鈴鹿8耐」とコラボ!曹丕、趙雲、陸遜、鍾会がレーサー姿で応援

    『真・三國無双8』が「鈴鹿8耐」とコラボ!曹丕、趙雲、陸遜、鍾会がレーサー姿で応援

  4. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  5. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  6. PS4向けシリーズ最新作『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』発表! ティーザー映像には謎の女性キャラクターが

  7. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  8. 海外レビュー速報『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

  9. PS4『アズールレーン クロスウェーブ』8月29日発売決定! 予約特典で「ネプテューヌ」が参戦

  10. 海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

アクセスランキングをもっと見る

1