人生にゲームをプラスするメディア

スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏

スクウェア・エニックスは、ニンテンドースイッチ/PS4/Steam向けソフト『鬼ノ哭ク邦』を発表しました。

任天堂 Nintendo Switch
スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏
  • スイッチ/PS4/Steam『鬼ノ哭ク邦』発表─スクエニが“魂を救う物語”を紡ぐ! 発売は2019年夏

スクウェア・エニックスは、ニンテンドースイッチ/PS4/Steam向けソフト『鬼ノ哭ク邦』を発表しました。

輪廻転生の理を持つ世界が舞台となる本作は、迷える魂が魔物にならないように救いの手を差し伸べながら、救った魂を憑依させて魔物との戦いに挑む新作アクションRPGです。




魂を救う物語を描く『鬼ノ哭ク邦』の発売は、2019年夏を予定。最新映像となる1st Trailも公開されているので、合わせてご覧ください。

◆ものがたり


輪廻転生によって命が繁栄した世界。
人々は授かりし命を謳い、来世への祈りを捧げた。

死に対する悲しみは、生者を縛り、死者をためらわせる。
すなわち、死を悲しむことは、輪廻転生を妨げる禁忌に他ならない。

だから人々は、その悲しみを笑顔に変えて、死者を送る。

しかし、涙を忘れようとした人の心にも、救いが必要だった。
そうして生まれたひとつの役割――
人は彼らを、逝ク人守リ(イクトモリ)と呼んだ。

それは、彷徨える死者の魂「迷イ人(マヨイト)」を救済する、
いわば生者と死者、この世とあの世の調停者の役割を担う存在。

逝ク人守リは、迷イ人の未練を断ち、来世へと送る者。
生者と死者の想いに触れ、命を尊ぶ者。

これは、ひとりの逝ク人守リ、
その命の物語――。




(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Tokyo RPG Factory.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  2. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

    太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

  3. 超話題のゲーム『ファイナルソード』で心折れずに世界を救う10のコツ! 実は「死にゲー」……?

    超話題のゲーム『ファイナルソード』で心折れずに世界を救う10のコツ! 実は「死にゲー」……?

  4. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  5. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  6. 『風来のシレン5 plus』のRTAが底抜けに面白い!すぐ鉄火場になる抜群のテンポ、平日夜の“ちょい潜り”でも満足できる極限状態を体験しないか

  7. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  8. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  9. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  10. スイッチ版も配信開始された宇宙人狼『Among Us』最初に覚えたい10のコツ!

アクセスランキングをもっと見る