人生にゲームをプラスするメディア

『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート

2月2日、スマートフォンアプリ『逆転オセロニア』の3周年を記念したオフラインイベント「オセロニアンの祭典 3rd Anniversary」が開催されました。5時間超におよんだ、濃密なイベントのレポートをお届けします。

その他 フォトレポート
『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート
  • 『エヴァ』コラボが電撃発表!『逆転オセロニア』3周年記念イベントレポート

2月2日、株式会社ディー・エヌ・エーは、同社のスマートフォンアプリ『逆転オセロニア』の3周年を記念したオフラインイベント「オセロニアンの祭典 3rd Anniversary」を開催しました。5時間超におよんだ、濃密なイベントのレポートをお届けします。

イベントはお笑い芸人・なすなかにしによる漫才からスタート。YouTubeの「逆転オセロニア公式ちゃんねる」の配信でもおなじみな2人だけに「今、『DEATH NOTE』とコラボしてます!」「情報が古いわ!」と、オセロニアン(『オセロニア』プレイヤー)に向けて用意された軽妙な掛け合いが、来場者の笑いを誘いました。


続いてのコーナーは"けいじぇい"の愛称で親しまれる香城卓プロデューサーとごはんさんの進行による「オセロニアQ 3周年振り返りSP」。これまでにあった数々の出来事を年表で振り返りながら、要所でスマートフォン用のライブ配信アプリ「Mirrativ」を介して来場者と配信視聴者にクイズを出題。全問正解の人数に応じて、プレイヤー全員に「星のかけら」やコインが振る舞われました。


「オセロニアンセレクション'19 発表/授与式」コーナーでは、あらかじめ広く募集されていた『オセロニア』に関するアート作品や動画作品の中から、プレイヤーたちによる得票と運営による審査で選ばれた優秀賞と最優秀賞が発表されました。

最優秀賞に輝いたのは2名。ひじっきー@竜闘気 隊長さんは、刀を手にした和風美少女然とした駒(キャラクター)「ヨシノ」の髪飾りを自作。「受賞できたことが今でも信じられない。これを機に、これからももっと『オセロニア』のアートを作っていきたい」と喜びを語りました。もう1人の受賞者である陶(とうや)さんは、「ジュリス」を描いた大きなアート作品で受賞。「大好きなジュリス君で章をいただけてうれしいです!」とコメントしました。

ひじっきーさんと陶さんの受賞作品

香城氏は「アート作品だけでなく動画やコスプレなど、オセロニアンセレクションはみなさんの力でどんどん大きなものになっています。この流れがもっと大きなものになるよう、僕らもサポートをしていきます」と語りました。

◆「オセロニアンスターズ2019」決勝にあの人が!


そしてこの日一番の盛り上がりを見せたのが、全国大会「オセロニアンスターズ2019」の決勝トーナメント。北海道地区代表・ティラノさん、東北地区代表・押田水産さん、関東地区代表・まこちゃんさん、中部地区代表・ほそドゥンさん、関西/四国地区代表・ありすさん、九州/沖縄地区代表・コノハさんの6名に加え、特別枠としてヒカキンさんとタイガー桜井氏が加わり、総勢8名が激突しました。

この大会はマクドナルドとのコラボによって開催されており、予選となるランキングバトルは、マクドナルドの店舗内からのみ参加することができました。そうした背景もあり、会場にはなんとドナルドが登場。「(予選ランキングバトル開催中は)全国のマクドナルドがまるでスタジアムやコロシアムのようで、僕やクルーたちまで一緒に盛り上がっちゃったよ!」とオセロニアンたちの来訪を喜んでいました。

写真左:左から順にコノハさん、ありすさん、ほそドゥンさん、まこちゃんさん、押田水産さん、ティラノさん
写真右:ドナルドの軽快なトークで会場がほっこりした雰囲気に

そうして準々決勝から始まったトーナメントを制したのは、関西/四国地区代表のありすさん。マクドナルドとのコラボ仕様の「パティ」で最後の一撃を決めるという、実力の高さの証明と魅せるプレイを両立した見事なフィニッシュで「最後はパティで決めたいと思っていた。関西にトロフィーを持ち帰ることができてうれしいです」と喜びを語りました。

写真左:試合中も常にリアクションを欠かさないヒカキンさん。さすがのエンターテイナーぶり!
写真右:来場者の中から抽選で20名に、特製のマックカードがランダムで1枚プレゼントされました

◆2月8日よりゲーム内で「3周年大感謝祭」がスタート!


イベントの最後を飾るコーナーは「新着オセロニア ~逆転オセロニア 新章開幕SP~」。任意の属性の実所持S+駒を確実にゲットできる「3周年大感謝ガチャ」や、存在だけは明らかになっていた「ヴェルカ」の師匠「ダーシェ」を始めとする新駒の実装、ランクAのキャラへのボイス実装など、3周年を記念した数々の情報やキャンペーンが発表されました。



2月15日からは『DEATH NOTE』コラボが復刻開催

さらにはバレンタインガチャの開催、「復刻の要望が特に高かった」という『DEATH NOTE』コラボの復刻開催、3周年を記念した13体もの駒の「闘化」の実装を発表。来場者たちが情報ラッシュに大いに沸くなか、最後には『エヴァンゲリヲン』とのコラボも発表! メディアも撮影NGだったためテキストのみでの紹介となりますが、会場で上映されたPVからは、シンジやアスカ、レイ、カヲルといったおなじみのキャラクターたちが駒として登場しそうな雰囲気が感じられました。


AIを活用した新機能の実装や二次創作へのライセンス解放など、4年目の『オセロニア』も攻めの姿勢です

香城氏の「これからも10年、20年と『オセロニア』を盛り上げていきますので、みなさんついてきてください!」という固い決意の表明で締めくくられた「オセロニアンの祭典 3rd Anniversary」。数々の最新情報の続報は、今後公式サイトやYouTubeの「オセロニア情報局」などで随時発表されていくとのことです。



(C)DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
《蚩尤》

汎用性あるザク系ライター(が目標) 蚩尤

1979年生まれのファミコン直撃世代。スマホゲームもインディーズも大型タイトルも遊びますが、自分と組ませてしまって申し訳ないという気持ちやエイミングのドヘタさなどからチーム制のPvPやFPS、バトロワが不得手です。寄る年波…! ゲームの紹介記事に企画記事・ビジネス寄りの記事のほか、アニメなど他業種の記事もやれそうだと判断した案件はなんでも請けています。任天堂『ガールズモード』シリーズの新作待機勢。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 日清地方の幻ポケモン…どん兵衛のヒロイン「どんぎつね」をポケカ公認イラストレーター・さいとうなおき先生が描く!

    日清地方の幻ポケモン…どん兵衛のヒロイン「どんぎつね」をポケカ公認イラストレーター・さいとうなおき先生が描く!

  2. 『鬼武者』?『ロックマンエグゼ』?それとも…超選挙だけじゃ語りきれない!カプコン作品へのアツい“愛”を、カプコン大好きライターたちに熱弁してもらいました

    『鬼武者』?『ロックマンエグゼ』?それとも…超選挙だけじゃ語りきれない!カプコン作品へのアツい“愛”を、カプコン大好きライターたちに熱弁してもらいました

  3. 『ELDEN RING』の新規コミカライズ「ELDEN RING Become Load」始動!ある褪せ人の戦いがフルカラーで描かれる

  4. 神秘的な海のロマンあふれるおすすめゲーム5選―美しくも厳しい海中世界を大冒険しよう!

  5. レースゲームの「ゴースト」を通して10年前に死んだ父と再会した青年

  6. どん兵衛新CMが『ポケモン』尽くし!サトシ&リーリエ担当声優の共演を、ポケカイラストレーター・さいとうなおき氏が描く

  7. キラに続く2位はアスランorシン…じゃない!『ガンダムSEED』人気投票の中間結果が発表―機体部門1位はデスティニーSpecII

アクセスランキングをもっと見る