人生にゲームをプラスするメディア

ディライトワークス 第6制作部「ミラクルポジティブスタジオ」の第1弾ゲームタイトルを2月5日に発表─巫女姿の少女が眩しいビジュアルも公開

ディライトワークス株式会社は、第6制作部のスタジオ名を「MIRACLE POSITIVE STUDIOS」(以下、ミラクルポジティブスタジオ)とし、その方針について明かしました。

モバイル・スマートフォン iPhone
ディライトワークス 第6制作部「ミラクルポジティブスタジオ」の第1弾ゲームタイトルを2月5日に発表─巫女姿の少女が眩しいビジュアルも公開
  • ディライトワークス 第6制作部「ミラクルポジティブスタジオ」の第1弾ゲームタイトルを2月5日に発表─巫女姿の少女が眩しいビジュアルも公開
  • ディライトワークス 第6制作部「ミラクルポジティブスタジオ」の第1弾ゲームタイトルを2月5日に発表─巫女姿の少女が眩しいビジュアルも公開

ディライトワークス株式会社は、第6制作部のスタジオ名を「MIRACLE POSITIVE STUDIOS」(以下、ミラクルポジティブスタジオ)とし、その方針について明かしました。

スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』をはじめ、様々な企画・開発・運営を行っている同社は、昨年11月に開発本部およびプロデュース部、マーケティング部を再編し、6つの制作部門を新設。『Fate/Grand Order』の企画・開発・運営については、FGO PROJECTのFGOマーケティングディレクター・石倉正啓氏がスタジオ長を務める第2制作部が担当するなど、新たな体制下での活動が続いています。

そしてこのたび、第6制作部に関する発表が寄せられ、スタジオ名がミラクルポジティブスタジオに決定。同スタジオは、「感動で世界をポジティブにする!」というビジョンを掲げ、アジアを中心とした世界中の企業や開発者と国境を越えて繋がり、ゲーム開発を進めていくとしています。

また、同スタジオが手がけるスマートフォン向け第1弾ゲームタイトルを、2019年2月5日に発表予定とのこと。加えて、発表に先駆けて本日1月22日にティザーサイトをオープンし、ティザービジュアルを公開しました。


◆「MIRACLE POSITIVE STUDIOS(ミラクルポジティブスタジオ)」概要


■スタジオ名の由来
エンタテイメントは人々に感動を与えるものであり、心をゆさぶる感動がポジティブな感情を広げ、未来をポジティブに変化させる力になると信じています。そんな奇跡(ミラクル)を生み出すスタジオでありたいとう想いをスタジオ名に込めています。

また、スタジオロゴに配置したカラフルな“STUDIOS”の文字は、様々な才能が集まる様子をイメージしています。

■第6制作部 ミラクルポジティブスタジオ ジェネラルマネージャー 加藤拓 略歴
魔法株式会社にてプランナー、株式会社サイバードにてモバイルコンテンツディレクター、株式会社スクウェア・エニックスにてモバイル事業部プロデューサーを経たのち、株式会社ミラクルポジティブを設立し、代表取締役就任。株式会社ドキョウゲームズ設立、執行役員。2016 年にディライトワークス株式会社に参画し、2018 年より現職。

これまでに、プロデューサー、企画、運営ディレクターとして、タイトルプロデュースからリリース後の運営ディレクションまで幅広く手掛けている。主なプロデュース作品は、『みんな de クエスト』『エルアーク』『エルダーサイン』『エアシップ Q』『Fate/GrandOrder VR feat.マシュ・キリエライト』。『Fate/Grand Order』においては、Coプロデュースを担当。

■第一弾ゲームタイトルティザーサイト
https://www.delightworks.co.jp/games/mps_new_pj/

■MIRACLE POSITIVE STUDIOS(ミラクルポジティブスタジオ) Web ページ
https://www.delightworks.co.jp/company/mps/


《臥待 弦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』育成ウマ娘「ハルウララ」にバランス調整―固有スキルのLvアップ条件が緩和!

    『ウマ娘』育成ウマ娘「ハルウララ」にバランス調整―固有スキルのLvアップ条件が緩和!

  2. 『東方ダンマクカグラ』が「森近霖之助(CV:杉田智和)」を“ヒロイン”と紹介し謝罪―声優も相まって「間違ってない」「むしろヒロインにしよう」と

    『東方ダンマクカグラ』が「森近霖之助(CV:杉田智和)」を“ヒロイン”と紹介し謝罪―声優も相まって「間違ってない」「むしろヒロインにしよう」と

  3. ストラテジーファンに勧めたい『インフィニット・ギャラクシー』―広大な宇宙を自分だけの戦艦で駆け抜けるロマンを、いつでもどこでも

    ストラテジーファンに勧めたい『インフィニット・ギャラクシー』―広大な宇宙を自分だけの戦艦で駆け抜けるロマンを、いつでもどこでも

  4. 『ウマ娘』育成ウマ娘「スマートファルコン」が新登場!ハルウララ以来の“ダート適性A”に、Twitterでは「ファル子コール」が上がる

  5. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  6. OKアミーゴ!『Apex Legends』のLINEスタンプが無料配布中―レジェンドたちがトークルームを盛り上げる

  7. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  8. 「セイウンスカイ」と「ニシノフラワー」の馬主・西山茂行氏が『ウマ娘』二次創作に指摘…一時は全面禁止になるも、改めて「全年齢対象ならどうぞ、R指定はダメ」

  9. 『ウマ娘』大塚明夫ボイスの“ウマい演出”が堪らない!育成ウマ娘を7本にわたって紹介する新CMシリーズ「Heroes」始動

  10. 『ウマ娘』新たな育成ウマ娘「★3 スマートファルコン」5月6日実装!“砂のサイレンススズカ”とも評されるダートを駆けるウマドル

アクセスランキングをもっと見る