人生にゲームをプラスするメディア

【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!

吉田おじさんがアレをキメて“ゾーン”に突入したようです。

ソニー PS4
【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!
  • 【吉田輝和のVR絵日記】脳汁ドバ系パズル『テトリス エフェクト』イケるサウンド&エフェクトで“ゾーン”に突入!

今回プレイするのは、Enhanceが贈るPlayStation 4向け『テトリス エフェクト』です。

もはや説明不要の超定番・超名作パズルゲーム『テトリス』が、水口哲也氏が率いるEnhanceによって新感覚ゲームに!しかもVRにも対応しています!

……あ~、うーん、まあね……。


という気持ちがなくはない。

しかしながら本作は、既に各メディアで絶賛されているようです。それでも「え~、そらまあ『テトリス』は面白いけどさ~。VRになったからってそんな変わらんでしょ。過剰に持ち上げ過ぎぃ~(笑)」という疑念は拭いきれませんが、果たして……?

パズル歴ほぼなし!初心者おじさんプレイ開始



今までにパズルゲームを買った事は一度か二度しかない。そんなレベルの初心者だ。


パズルゲームにハマっていた時期はあるにはあるのだが、それは小学生の頃だ。

あとはキーホルダー型のミニ携帯ゲームみたいなやつをやっていた程度だし……言ってしまえばパズルゲームは得意じゃないジャンルなのだ。

でも、シューティングとリズムアクションの融合させたあの名作『Rez』を手がけた水口哲也氏が制作に関わっているっていうし、『Rez』ファンの僕は、期待半分、警戒半分でコントローラーを握る。


最初は深海のステージだ。静かにゲームが始まった。

落ちてくるテトリミノを動かすとシャラシャラと効果音が鳴り、一列ラインを繋げて消すとキラキラと光りながら消えて行く。

当初の予想通り「パズルゲームのVR対応って、目の前で音が鳴ったりピカピカ光ったりするくらいでしょ?」という感想だ。こんなもんかという気持ちは否めない。


ラインを消して行くにつれて、BGMが流れ出し、効果音が徐々に大きくリズミカルになり、光のエフェクトもそれに合わせて派手になっていく。


一定数のラインを消すとステージが進み、サウンドとエフェクトが心地よくなる。

その頃になるともう、自分の操作とサウンド・エフェクトが完全にシンクロし……


めくるめく脳汁ウットリワールドへいざなわれてしまった!


気がつくとパズルよりもエフェクトの方に気を取られてしまっている。

余所見をしているとテトリミノの積み方をミスってしまうのだが、それでもなお気がつけばエフェクトを眺めてウットリしてしまうのだ……完全にハマった。

壮大な旅へ!Journey Mode!



本作のメインであるJOURNEY MODEは、旅をテーマにした27のステージをクリアしていくモードだ。

難易度は4段階から選択可能で、ゲームオーバーにならない「PRACTICE」もあるので、僕のようなパズルゲーム初心者には非常にありがたい。


このモードには、時間を停止させて自由にテトリミノを置ける「ゾーン」というシステムがある。ピンチになった時に使うと効果的だ。


サウンドとエフェクトの効果によって脳がウットリしている時にゾーンで時間を停止させると、一流のスポーツ選手が極限の集中状態に入るあの「ゾーン」を体験しているような気持ちになるぞ!

次々とステージが移り変わるので本当に旅をしているような気持ちになる……かは置いといて、物語を見ているような気持ちになる。一つのステージの中でも目まぐるしく風景が変わっていくので、ついついパズルから目を離してしまう楽しさがある。

EFFECT MODESでおじさんの必殺技が炸裂!



EFFECT MODESでは、スコアアタックやタイムアタック、コンボの合計数を競い合う基本的なステージや、超高速でテトリミノが落ちてくるステージ、何が起こるかわからないステージなどが遊べる。

僕は「様々なハプニングが起こる」というミステリーのステージを遊んでみた。

最初こそはノーマルないつも通りのテトリスだったのだが、ある程度進めるとテトリミノの形が変化し……ついには画面が逆さまになってしまう。


上下左右が逆になって脳がパニックになる。しかし、この程度で音を上げる僕ではない。


必殺!天橋立を覗いてる人みたいなポーズ!

その後も爆発するテトリミノなどの仕掛けを乗り越えたのだが……


通常の何倍ものサイズのテトリミノが落ちてきてきた!


ひとつのステージをとってもこれだけの仕掛けが用意されており、全てのステージを極めようと思ったらまだまだ楽しめそうだ。


「パズルゲームをVRでやって面白いの?」という当初の疑問ですが……めっちゃ面白い。通常の『テトリス』の10倍は面白くて熱中してしまいました。

語彙力死んでる系おじさんである僕には、VR化したテトリスの魅力を上手く言語化出来ませんが、パズルゲーム苦手だった僕が、ここまでどハマリしているレベルなので察していただけるとありがたいです。

パズルとサウンドとエフェクトの融合。この感覚を言葉にして伝えるなら「気持ち良い」でしょう。店頭デモ機でも友達の家でもどこでもいいからぜひぜひ体験してみてください。

PSVRがなくても、イヤホンやヘッドフォンを使えば十分に楽しめると思います。


一度でいいから試してみて!

『テトリス エフェクト』は、PlayStation 4を対象に発売中。価格は、パッケージ版が4,167円+税、ダウンロード版が4,500円(税込)です。

吉田輝和のプロフィール:17年以上にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」などの人気漫画のモブキャラとして登場しており、2018年にはアニメ作品に2回登場した。何故こんなに漫画登場しているのか、描いた漫画家も吉田本人もよくわからないらしい。 吉田のTwitterはこちら
《吉田 輝和》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

    『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  2. 『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

    『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

  3. PS4版『PUBG』は実際どうなのか?インベントリ等に不満がありつつも「王道の面白さ」を確認【特集】

    PS4版『PUBG』は実際どうなのか?インベントリ等に不満がありつつも「王道の面白さ」を確認【特集】

  4. NieR公式が『NieR: Automata Game of the YoRHa Edition』なる画像を公開―ユーザーの間では追加DLCや『スマブラSP』参戦の予想も

  5. 『スーパーロボット大戦T』ゲーム情報第1弾―初参戦作品や「ゲシュペンスト」の勇姿を一挙公開!

  6. 大型拡張DLC『モンハンワールド:アイスボーン』にあなたが期待することは?─“G”相当のボリュームに期待大!【アンケート】

  7. 『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』2019年2月21日発売決定!ゲーム本編にDLCや各種特典を追加した特別版

  8. PS4版『PUBG』ドン勝を目指す前に初心者がチェックしたい4つのこと【特集】

  9. 『クラッシュ・バンディクー レーシング - ブッとびニトロ!』国内発売決定!―トレイラー公開

  10. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ決定、ゲラルトさんが新大陸に!開催は2019年初頭を予定

アクセスランキングをもっと見る