人生にゲームをプラスするメディア

『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!

10月28日にベルサール秋葉原にて開催された『メギド72』初のリアルイベント「メギド72 banquet ~ソロモン王たちの祝宴~」の様子を伝えるイベントレポートをお届けします。

モバイル・スマートフォン iPhone
『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!
  • 『メギド72』LIVEや生チャレンジなど、見所満載なリアルイベント「~ソロモン王たちの祝宴~」をレポート!

10月28日にベルサール秋葉原にて開催された『メギド72』初のリアルイベント「メギド72 banquet ~ソロモン王たちの祝宴~」。本記事では、同イベントのステージやパフォーマンスの様子を伝えるイベントレポートをお届けします。

イベント開始は生LIVEから!



実に1500組近くもの応募者の中、わずか200組のみの当選・参加となった同イベントですが、そのオープニングは同作の公式楽団が送る作中音楽の生LIVEからスタート。おなじみのBGMとそれに沸く観客らの歓喜の声の中、MCとしてお笑い芸人のダブルブッキングや同作プロデューサーの宮前公彦氏が登壇しました。

ブネのコスプレイヤーを囲んで左=宮前氏、右=ダブルブッキングの2人

それに続き、「宮前氏が召喚したお気に入りメギド」として、なんとメギド「ブネ」のコスプレイヤーも登場。開幕からのサプライズに観客のテンションもどんどん上がっていく中、ステージやPvP大会など、イベントの概要が説明されると、宮前氏による「開演!」の言葉でイベントの開始が宣言されました。

その後は引き続き先述の公式楽団による生LIVEが披露されたほか、楽曲の合間では宮前氏による作中音楽の製作過程に関するトークも行われ、ファン(もといソロモン王たち)からは都度拍手や歓声が沸き起こっていました。

会場限定!?生チャレンジの様子は…?



続いて、イベント会場での出演者&開発者による挑戦企画として、ステージ上での会場限定生チャレンジがスタート。先ほどのオープニングに続いてプロデューサーの宮前公彦氏が登壇したほか、チャレンジャーとしてゲームライターのタタツグ氏やカスピエル/デカラビア役の声優である朝霧友陽氏も参加。進行はゲームDJの安藤武博氏が担当しました。

チャレンジは初っ端から難関、果たしてクリアなるか


ステージ開始とともに第一チャレンジとして「推奨レベル70以上のステージを星5のレベル60でクリアに挑戦! 36-6 不死者ベレト(ベリーハード)を指定の編成でクリアせよ!(リトライ可)」という課題が公開されると、観客席のファンからはその難易度からか「ええぇ~!?」と驚きの声が。朝霧氏も「これは難しい気がする」とコメントしましたが、その代わり宮前氏からは達成の折には報酬として7,272ゴルドとST100ドリンクが配布されることが伝えられました。

提示された編成条件。なお、タダツグ氏にはギリギリまで内容が伏せられていたため、同氏はこれを全く把握していなかったんだとか

それを聞いたタダツグ氏は、プレッシャーを受けながらも編成や各メギドの性能を確認しつつゲームを開始。すると、なんと探索パートにおける最初の宝箱で金レアリティのアイテムを手に入れるという珍事が発生してしまいました(なお、端末はタダツグ氏のものではないため全く意味はない…とのこと)。

そんなチャレンジでしたが、1度目は出現したフォトンの種類が悪かったためにタダツグ氏は速攻でリトライを選択。続く2度目の挑戦ではフォトンに恵まれ、朝霧氏のアドバイスを受けながらティアマトやラウムのスキルを中心にした攻略が進められました。


ちなみに、ステージ中ではファンとの意思疎通は入場者プレゼントとして配布された団扇で行われ…る予定だったものの、ファンから直接送られる歓声やアドバイスが凄まじかったためか、結局タダツグ氏は直接意見を聞きながらプレイを進めていました。

各メギドの奥義やスキルが発動した際にはファンから黄色い声が挙がっていた。特にラウムやティアマトの人気は凄まじく、登壇者らが驚きの表情を見せる一幕も…

その後もグラシャラボラスの自爆奥義で敵取り巻きの全滅を図るも失敗するといったトラブルはありましたが、攻略は順調に進められ、無事第一チャレンジをクリア。続いて第2チャレンジとして、同作の内容に関するクイズ「チャレンジクイズ@banquet」が開始され、こちらも引き続きタダツグ氏が挑戦者も担当しました。


そんなクイズでは「剣闘士時代のガープが思いを寄せていた相手の名前は?」「☆1の“禁断の書”を装備した☆6のマルコシアス、感電状態の敵に対して最も攻撃力が高いのは?」などのシンプルな問題から、「モラクスの覚醒スキル、“必勝大炎風”でモラクスは何回転している?」「オープニングソング”メギド72“にて、31番目に出るのは?」などの難問も登場。

とはいえタダツグ氏も果敢にこれに挑み、ファンの力を借りながらも見事全問クリアを達成。これを受けた宮前氏はチャレンジ達成報酬として当初の倍である15,000ゴルドとST100ドリンク2本を全プレイヤーにプレゼントすることを発表し、場を大いに盛り上げました。

出場者参加のコロシアムイベント!その勝敗は?


続いて、イベント中の予選から勝ち上がった3人のプレイヤーと運営チームから選出された3人の精鋭による生コロシアムステージがスタート。プレイヤー側は計1200回ものPvPを経験したという「頑張ります」さん、なかなかPvPでは見ない編成をしたいと意気込む「ヒレツカツ」さん、僅か30回のPvP経験にも関わらず予選を勝ち抜いた「アリマせんべい」さんがエントリー。対する開発者側は、「アタッククイーン」ことヨネクラさん、「タクティカルプリンス」イマーンさん、「フォトンマスター」ことネモさんが参加。実況はDeNAのオヤケ氏や先程から引き続き登壇した宮前氏らが担当し、MCはオープニングと同じくダブルブッキングの2人が勤めました。

いよいよプレイヤーVS運営チームのドリームマッチ開始!勝敗はどうなる


左=頑張りますさん、右=ヨネクラさん

肝心のマッチですが、1回戦は頑張りますさんvsヨネクラさんの女性対決からスタート。頑張りますさんはオロバスをリーダーとしたマスエフェクトによる死亡時ダメージと蘇生を繰り返す編成であるのに対し、ヨネクラさんはパイモンをリーダーに据えた速攻編成で勝負に挑みました。

試合では、ヨネクラさんのチームが速攻で勝負を決めにかかるものの、頑張りますさんがデカラビアを囮にしたプレイングでうまくオロバスからターゲットを外し、先述のマスエフェクトを最大限に活用した範囲攻撃戦術を披露。そのまま死亡時ダメージでヨネクラさんのメギドらを追い詰め、見事に勝利を手にしました。

左=ヒレツカツさん、右=イマーンさん

そして続く2戦目では、ヒレツカツさんとイマーンさんが双方フリアエをリーダーに据えた編成を選ぶというちょっとしたミラーマッチが実現。この試合では、序盤こそイマーンさんが初動を活かしたファーストキルを取るなどの活躍を見せたものの、ヒレツカツさんが選んだバーサークを備えたメギドを複数用意するというオフェンシブな編成や、アシュトレトのオーブを使用した列凍結攻撃により形勢が逆転。そのままティアマトやリジェネレイトゼパルによる猛攻が決まり、勝負はヒレツカツさんの勝利に終わりました。

左=アリマせんべいさん、右=ネモさん、ちなみにネモさんは宮前さん曰く「最強」とのこと

そして最終戦は人気メギドであるアスモデウスをリーダーにしたアリマせんべいさんと、グラシャラボラスをリーダーにするネモさんによる対戦に。この試合では、ネモさんがフォラスとリジェネレイトフラウロスを用いた強力なアタックやリリムのスキルを駆使し、睡眠のデバフでアリマせんべいさんの戦略を封殺。

アリマせんべいさんが用意したガープとサブナックによる防御もグラシャラボラスのマスエフェクトやイービルアイのオーブによって無効化され、最後はネモさんが先のチャレンジで叶わなかったグラシャラボラスの奥義による止めを実現し、勝利を掴みました。


そして全試合終了後、勝負に挑んだプレイヤーらには記念品としてそれぞれの名前とソロモンのイラストが入った特製サイン色紙がプレゼント。プレイヤーからは「家宝にする」など感激のコメントが述べられる中、宮前氏はプレイヤーチームが勝ち越した報酬として召喚チケット3枚を配布することを発表しました。これを受けたファンたちからは先程と並ぶほどの大きな歓声と拍手が巻き起こり、会場は今まで以上の盛り上がりを見せました。

次のページ:会場で明かされた驚愕の新情報とは…
《吉河卓人》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アズレン』×『アイマス』コラボ開催決定!計画艦4期も飛び出した「初夏のアズレン公式生放送」ひとまとめ

    『アズレン』×『アイマス』コラボ開催決定!計画艦4期も飛び出した「初夏のアズレン公式生放送」ひとまとめ

  2. 『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

    『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

  3. 『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

    『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

  4. 「ベリアル」のこころは希少価値の高い耐久特化!アンコールを使うスーパースターに持たせるのも面白い【ドラクエウォーク 秋田局】

  5. 『ウマ娘』「フジキセキ」の勝負服が初公開!原案そのままの姿に「流石フジ先輩」「セクシー過ぎる!」の声殺到

  6. 汗と涙のリアルな表現こそが『IDOLY PRIDE』の真骨頂!ーアイドルは感情爆発の先で何を視る

  7. 写真で見る『ららマジ』ノベライズプロジェクト達成記念イベント―小説サンプルを含めた全展示物紹介

  8. 『ウマ娘』「ウオッカ」コスプレを人気グラドル・来栖うさこさんが披露!そのハマり役に「カッコイイ」や「トレーナーになりたい」などの反応が

  9. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  10. ストラテジーファンに勧めたい『インフィニット・ギャラクシー』―広大な宇宙を自分だけの戦艦で駆け抜けるロマンを、いつでもどこでも

アクセスランキングをもっと見る