人生にゲームをプラスするメディア

『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場

ステアーズは、好評配信中のiOS/Android/PC対応アプリ『デスティニーチャイルド』に関して、Windows PC用バカンスゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』とのコラボ開催を発表しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場
  • 『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場
  • 『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場
  • 『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場
  • 『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場

ステアーズは、好評配信中のiOS/Android/PC対応アプリ『デスティニーチャイルド』に関して、Windows PC用バカンスゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』とのコラボ開催を発表しました。

本作は「キム・ヒョンテ」×「ESTi」のタッグが贈る迫力満点のスタイリッシュハイスピードバトルゲーム。シンプルな操作と多様な戦略性により、バトルをより一層魅力的に仕上げています。また、Live2Dを採用しており、魅惑的なチャイルドたちが生きているかのように動き回ります。

今回のコラボでは、『デスティニーチャイルド』内にキム・ヒョンテ氏描き下ろしの「マリー・ローズ」が登場。『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』内には、「マリー・ローズ」専用のサキュバス「ダビ」コスチュームが登場します。コラボイベントの詳細な内容については、続報をお待ちください!

■キム・ヒョンテ氏描き下ろしの「マリー・ローズ」(『デスティニーチャイルド』内に登場)

■「マリー・ローズ」専用のサキュバス「ダビ」コスチューム(『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』内に登場)



『デスティニーチャイルド』 は好評配信中。基本プレイ無料のアイテム課金制です。



©2017 Next Floor Corporation. SHIFT UP Corporation. STAIRS Corporation.
《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

    『ウマ娘』サクラバクシンオー役・三澤紗千香さんの「いかにもバクシンらしいツイート」が話題沸騰!本当にバクシンボイスが聞こえてくる…

  2. 『逆転裁判』のパロディ動画「ウマ娘裁判」が話題に!『ウマ娘』キャラクターたちが繰り広げる本格法廷ミステリー

    『逆転裁判』のパロディ動画「ウマ娘裁判」が話題に!『ウマ娘』キャラクターたちが繰り広げる本格法廷ミステリー

  3. 『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

    『FGO』「虚数魔術」の入手がほぼ不可能に!? 新概念礼装の登場に合わせ、4種類の既存礼装が入れ替わり

  4. 『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

  5. 『ウマ娘』ジェミニ杯開催は6月14日!タウラス杯からの変更点もあり―決勝ラウンド進出条件が緩和

  6. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

  7. 『FGO』6周年イベント「FGOフェス2021」開催決定!今年は“6日間”にわたり、コンテンツをオンラインで配信

  8. 『ウマ娘』ナリタブライアンの二つ名「影をも恐れぬ怪物」の条件が厳しいのは“史実”が原因!?─競走馬時代の驚くべき実績が、壁となって立ちはだかる

  9. しらび氏が『ウマ娘』アグネスタキオンのイラストを投稿!「りゅうおうのおしごと!」などで知られる著名イラストレーター

  10. 『FGO』キャスニキにモーション改修&新規ボイス追加!いよいよ“杖を槍として”扱いだしたぞ…

アクセスランキングをもっと見る