人生にゲームをプラスするメディア

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり

ソニー PS4

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり
  • 『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』プレイレポ―全編完全対応のVRモードは体験する価値あり

コナミデジタルエンタテインメントが贈るPS4・PC用ハイスピードロボットアクション『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』。

2018年9月6日に発売を予定している本作は、2003年にPS2で発売されたソフト『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』に、4K解像度・サウンドリマスターなどのブラッシュアップを施し、さらにVR全編対応などの新要素を追加したバージョンとなっています。


本シリーズは、一度『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION(以下『HD EDITION 』)』にて、2003年に発売されたオリジナル版をリマスターしたタイトルであり、本作は3世代のPlayStationを跨ぐ2度目のリマスター作品となります。今回編集部はそのメディア向け体験会に参加してきたので、実際にプレイした感想をレポートでお届けします。

◆4K解像度・HDR対応でさらに生まれ変わった映像美



なお、今回プレイできた体験版に収録されているのは、主人公のディンゴがジェフティを手に入れてから、バフラム艦にてネフティスに遭遇するまでのチャプター。プロローグこそカットされていますが、チュートリアルはきちんと用意されています。まずは生まれ変わったビジュアルを堪能すべく、4K解像度対応のディスプレイを介しての通常モードで試遊することに。


やはり画面の美しさは、『HD EDITION』と比べ物になりません。大群の一体一体を爆散させるホーミングミサイル、オービタルフレームの機敏な動き。そのすべてが細かく描写されるだけでなく、例えばジェフティをはじめとした機体やフィールドに刻印されていた小さな文字。これまでのバージョンでは、ボヤけて何と記されているのかわからなかったそれが、本作ではハッキリと読めるまでになっています。また、ロード時間も短くなっている印象を受けました。

◆まるでジェフティに乗り込んでいるかのような臨場感

次は大注目のVRモードを体験。まるでジェフティのコックピットに乗り込んでいるような主観視点でプレイできるこのモードは、全方位のVRに対応しているので、コックピット内をぐるっと見まわすことも可能です。ADAはもちろん、操縦席の隅々まで作り込まれていて「おぉ、ディンゴはここでジェフティを操縦しているのか!」と筆者はテンション急上昇でした。しかも、上を見上げればジェフティの戦っている姿を間近で見ることができます。


また通常モードと違うポイントとして、コックピットにジェフティの全体像が見えるホログラムが出現します。これでジェフティの動きと周囲の状況が確認できます。しかもこのシステムは、TPS的な情報をプレイヤーに与えてくれるだけでなく、VR酔いも防いでくれる一石二鳥の要素を担っているとか。確かに体験版をまるまるプレイしてもVR酔いを感じることはなく……、「ANUBISのVR版って、めちゃくちゃ酔いそう」とのプレイ前の懸念もまったくの杞憂でした。

基本操作などは、通常モードとほとんど変わらないのですが、やはりプレイ感覚は大きく異なります。特に閉所での戦闘や近接戦になった時、機体がどのような状況になっているのか把握するのはこちらの方が難しいかもしれません。

目の前の敵に集中しながら、周囲に気を配りつつ機体を操縦するという、まるで本物のパイロットになったかのような感覚が味わえるVRモードですが、不満点を挙げるとしたらコックピットに座るディンゴの身体のサイズ感でしょうか。プレイヤーの投影となる存在が、普通の人間より一回り大きいことに少々の違和感を覚えました。気にしすぎかもしれませんが……。



ムービーパートは目の前のスクリーンに映像が投射される、まさに映画館のような演出に切り替わります。一部のシーンでは、オービタルフレーム・LEVが3D映画のように飛び出してくるというニクイ演出も楽しめました。(ホントかっこいい!)


最後に触れておきたいのが、ボーナスコンテンツとして収録されているモデルビューワー。これはオービタルフレーム・LEVなど、作中に登場する機体をなめるように眺められるモードです。それだけ聞くとよくあるモードと思われるかもしれませんが、PSVRでみると、それが実物であるかのような存在感がスゴい。プラモデルを作ったりフィギュアを集めたりするのが好きな人にはたまらないのではないでしょうか。往年のシリーズファンは、このモードを100%満喫するためだけにPSVRの購入を検討してもいいかもしれません……というのは言い過ぎかもしれませんが、とにかく筆者は感激しっぱなしでした。


短時間ではありましたが、この体験会で『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』のより進化を遂げた点を体感することができました。はじめて本シリーズをプレイする人はもちろん、オリジナル版や『HD EDITION』をやりつくした人もさらにブラッシュアップされた本作に注目しておきましょう。

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』は2018年9月6日に発売予定です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  2. 『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

    『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

  3. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

    裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  4. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  5. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  6. 通常版PS4でもヌルヌル動くオープンワールドサバイバル『Conan Exiles』ゲームプレイ映像が公開!

  7. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  8. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  9. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  10. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る