人生にゲームをプラスするメディア

IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】

5月12日から13日にかけて開催されているインディーズゲームの祭典「BitSummit Vol.6」にて、五十嵐孝司氏とインティ・クリエイツが手がける8bit風アクションゲーム『Bloodstained: Curse of the Moon』がプレイアブル出展されていましたので早速プレイしてきました。

任天堂 Nintendo Switch
IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】
  • IGA氏監修の8bit風アクション『Bloodstained: Curse of the Moon』プレイレポ―この手触り、まさにFC『悪魔城』!【BitSummit Vol.6】

5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせにて開催されているインディーズゲームの祭典「BitSummit Vol.6」。会場では五十嵐孝司氏とインティ・クリエイツが手がける8bit風アクションゲーム『Bloodstained: Curse of the Moon』がプレイアブル出展されていましたので早速プレイしてきました。

『Bloodstained: Curse of the Moon』は、5月12日に同会場で行われたステージイベントで発表されたタイトル。発表されるまでインティ・クリエイツブースのパネルは暗幕で覆われており、一体何が展示されているのかわからない状態でした。

暗幕で隠されたブース


試遊台は、PS4用、PS Vita用、ニンテンドースイッチ用、ニンテンドー3DS用、Xbox One用というほとんどの対応機種で遊べるようになっていました。筆者はニンテンドースイッチでプレイ。


操作はレトロゲームを意識してかシンプルなものに。方向キーで移動、ボタンでジャンプ・攻撃・サブウエポン、LRボタンで4人のプレイキャラクター切り替え。階段の登り降りは方向キーの上/下を押しながら進む必要があります。


試遊デモ版では難易度が「EASY」と「HARD」から選択でき、難易度によってステージが異なるようでした。筆者は日和って「EASY」でプレイ。ゲームは森の中からのスタートです。


ステージには攻略のヒントが書かれた立て看板がいくつも配置されており、チュートリアルの役割を担ってくれます。看板は方向キーの上を押すことで読むことが可能。特殊な操作など丁寧に説明されるので、進行で迷うことはなさそうです。

プレイできるキャラクターは、剣を使う本作の主人公「斬月」、鞭と飛び道具が使える本編『Bloodstained: Ritual of the Night』の主人公「ミリアム」、杖と様々な術が使える錬金術師の「アルフレッド」、コウモリに変身できる「ジーベル」という武器や能力の異なった4人。それぞれ攻撃の特性が異なるので、状況に合わせてキャラクターを切り替えながら攻略していきます。

それぞれのキャラクターにライフが設定されており、1人のキャラクターが死亡すると、そのステージは死亡したキャラクター抜きで進めなければいけませんでした。また、ステージ上に配置されているランプを破壊することで様々な回復アイテムを取得でき、アイテムによっては特殊なサブウエポンが使えるようです。


プレイしたフィーリングとしては、マップ構成やアクションは初期の『悪魔城ドラキュラ』に非常に近いと感じました。階段ではジャンプができないなどアクションに制限があるのも昔を思い出させます。しかし、画面からはみ出すほどの大型ボスや洗練されたアクションなど、現代のゲームとしての要素はしっかりと組み込まれています。マップも長すぎず短すぎず、多くのギミックが仕掛けられているので単調に感じることはありませんでした。

今回の試遊デモは1面のみだったので4キャラクターの特性をそこまで活かした攻略法はつかめませんでしたが、製品版が非常に楽しみになるプレイアブルでもとなっていました。

懐かしのゲームに見えてしっかりとした最先端のアクションゲームだった『Bloodstained: Curse of the Moon』。五十嵐氏の世界観が好きなユーザーやインティ・クリエイツのアクションゲームのファンだけでなく、初めて8bit風の2Dアクションをプレイするユーザーへもお勧めできる一作となりそうです。

『Bloodstained: Curse of the Moon』は、5月24日に980円(税込)でデジタル専売予定。対応機種は、ニンテンドースイッチ、ニンテンドー3DS、PlayStation 4、PlayStation Vita Xbox One、PC(Steam)です。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』の「アサリ」はもっとも不憫!? 同じ生き物なのになぜか哀れな二枚貝を解説

    『あつまれ どうぶつの森』の「アサリ」はもっとも不憫!? 同じ生き物なのになぜか哀れな二枚貝を解説

  2. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【7月13日】─「ヨドバシ・ドット・コム」が受付スタート【追記】

    今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【7月13日】─「ヨドバシ・ドット・コム」が受付スタート【追記】

  3. 【大喜利】『あつまれ どうぶつの森』“「カブ価は24ベルでございまーす!」と告げるまめきち&つぶきち、笑顔の裏で何を思う?”結果発表!

    【大喜利】『あつまれ どうぶつの森』“「カブ価は24ベルでございまーす!」と告げるまめきち&つぶきち、笑顔の裏で何を思う?”結果発表!

  4. 「ヨドバシ・ドット・コム」がスイッチ本体の抽選販売を開始─7月14日午前10時59分まで受付中

  5. 『あつまれ どうぶつの森』にも夏がきた!マリンスーツもおしゃれに着こなす素潜りコーデ7選!

  6. 『あつまれ どうぶつの森』序盤の小ネタ14選! スローライフのなかにもたくさんの隠し要素あり

  7. 『あつまれ どうぶつの森』意外とすごい特別な家具10種類!トイレはスッキリできて、ハムスターも人によって違う!?

  8. 『あつまれ どうぶつの森』ホタテを食べるラコスケや水槽を殴るシャコ─海開きには細か~い作り込みがいっぱい!

  9. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  10. 親子やカップルで遊びたい!『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』でおすすめのアクション・レース・パズルなど5選

アクセスランキングをもっと見る