人生にゲームをプラスするメディア

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!

任天堂 Nintendo Switch

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
  • 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』参戦機体情報が公開―更に、あらかじめダウンロードも開始!
バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドースイッチソフト『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』の機体情報を公開しました。

本作は、人気ウォーシミュレーションゲーム『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズの最新作です。「ガンダム」ゲームとしては初となるニンテンドースイッチ向けタイトルで、いつでもどこでもじっくりガンダムゲームを楽しむことが出来るタイトルとなっています。

今回、この本作に参戦する登場機体について、新たな情報が公開されました。

以下、リリースより引用


■ガンダム試作3号機


型式番号:RX-78GP03
連邦軍とアナハイム・エレクトロニクス社が共同で推進する「ガンダム開発計画」によって極秘裏に試作されたMSとMAの性能を併せ持った機体で、ガンダム開発計画のコンセプトでもある「史上最強の機動兵器」としてあらゆる兵器の要素を取り込んで創り出されたガンダムである。主に宇宙空間における拠点防衛が想定されている為、アームド・ベース・オーキス自体が巨大な武器庫となっており、膨大なプロペラントによる高い機動力や、強大な威力を持った「メガ・ビーム砲」を始めとする各種兵装、さらにはビーム兵器を無効化する「Iフィールド・ジェネレーター」を装備しているなど、圧倒的な戦闘能力を持っている。

■ノイエ・ジール


型式番号:AMA-002
アクシズが当時の最新鋭技術を駆使して独自に開発した宇宙用攻撃型巨大MAで、全身に大出力のスラスターや強力なビーム兵器を装備し、腕部はニュータイプでなくてもオールレンジ攻撃を可能とする「有線クロー・アーム」となっているほか、防御兵器には特殊防御装置「Iフィールド発生器」を搭載しており、ビーム兵器による攻撃を受けつけないようになっている。その圧倒的な戦闘能力は絶大であるが、パイロットにかかる負担は極めて大きく、その性能を引き出すにはかなりの実力を必要とした。「デラーズ紛争」の際には、星の屑作戦への餞としてアクシズの先遣艦隊より「デラーズ・フリート」へと譲渡され、「ソロモンの悪夢」の異名を持つ「アナベル・ガトー」の乗機として地球連邦艦隊と激戦を繰り広げた。

■Ζガンダム3号機


型式番号:MSZ-006-3
大気圏内用の主力可変MSの購入を検討中だったカラバに対してアナハイム・エレクトロニクス社が建造したΖガンダムの系統機である。元々、高い汎用性を誇るΖガンダムをベースとしている為、ウェイブライダー形態に変形する事で、機動性と向上と単独での大気圏突入能力を持ちながらSFS(サブ・フライト・システム)としても運用可能であり、僚機との連携行動にも優れた能力を発揮する。さらに、カラバの注文に合わせ用意されたオプション・ブースターを装備する事で、航続距離の増大と作戦領域への到達時間の短縮化が可能となっており、地球上のあらゆるエリアへ必要最小限の時間で到達する事が出来た。尚、3号機という名称は、3番目に生産された機体という意味ではなく、機体の仕様を示す番号である。

■ガンダムTR-6[インレ]


型式番号:RX-124
ティターンズの可変MS「ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」をコアに、ガンダムTR-6[ファイバーII]とガンダムTR-6[ダンディライアンII]を一体化させたTR-6の究極形態である。通常サイズのMSはもとより、全高40m級のサイコ・ガンダムすらも遥かに上回る巨大な機体で、その巨体に装備されたファイバーIIとダンディライアンIIが持つ全ての兵装を使用可能とする驚異的な戦闘力は計り知れないものであり、この機体がグリプス2攻防戦に投入されていたらエゥーゴの勝利は覆っていたとされる。

■ガンダムTR-6[クインリィ]フルアーマー形態


型式番号:RX-124
ティターンズの可変MS「ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」の拠点防御形態「ガンダムTR-6[クインリィ]」にサイコ・ガンダムMk-IIの手足を装着した形態である。クインリィ同様、対艦大型ミサイルやマイクロ・ミサイルなどの様々な兵装を内蔵できるウェポン・カーゴと高性能な火器管制システムにより大量の火器を制御し、複数の目標を同時に捕捉・攻撃する事が可能な圧倒的な戦闘力を持つが、最大の特徴は背部に装着された球状のミノフスキー・クラフト「ダイダロス・ユニット」で、このユニットにより地上での浮遊移動を可能とし、大気圏内でも高い戦闘力を発揮する事が出来る決戦兵器の1つである。

■EX-Sガンダム


型式番号:MSA-0011〔Ext〕
連邦軍の試作型可変MS「Sガンダム」に強化パーツを施した重装型であり、胸部に追加された強化パーツにはビーム兵器を無効化する「Iフィールド・ジェネレーター」の機能を持ち、武装面においてもIフィールド機能を持つインコム・ユニットにビーム・スマートガンから発射したビームを反射して屈曲させる準サイコミュ式遠隔兵装「リフレクター・インコム」を持つなど全てにおいてSガンダム以上の性能を誇る。さらに、大気圏離脱や月面への降下および再離脱が可能なほど強大な推力を備えた巡航形態「Gクルーザー」へと変形する事で、長距離移動MAとしても優れた性能を持つ。尚、本機Ex-S(イクスェス)ガンダムは全備重量が160tを越える重量機であるにも関わらず、推力の向上と各種スタビレーターにより、軽快な機動力を有している。

■ゾディ・アック


型式番号:AMA-100
ネオ・ジオン軍が地球侵攻戦略上の低軌道制空用兵器として開発した全長200mを越える大型MAである。本機は、機体そのものが巨大なメガ粒子砲になっており、その破壊力はコロニーレーザーを除けば他のビーム兵器と比較しても史上最大クラスであり、地球の低軌道上ならあらゆるポイントに急行して超巨大ビーム砲で敵を撃破するほどの驚異的な性能を持ち、さらに本体を上下に二分割して「ゾアン」と呼ばれる形態に分離する事で、大型メガ粒子砲の大火力を持ちながらも有線式ビーム・クローによる格闘戦すら対応可能となった。しかし、大型メガ粒子砲の連続砲撃時に発生するエネルギーCAPの過負荷に対する冷却系トラブルが解決できず、分離/合体テストと主砲の偏向/収束テスト、大気機動テストが完了した時点で廃棄される予定であったが、元地球連邦軍教導団の反乱部隊「ニューディサイズ」へと譲渡された。

■シャア専用ザクII【ジ・オリジン版】


型式番号:MS-06S
ジオン軍のエースパイロット「シャア・アズナブル」がルウム戦役時に搭乗していた機体で、ジオン公国が開発した「ザクII」のバリエーションの一つであるザクIIF型を指揮官及びベテランパイロット用に改修し、MS全体をシャア・アズナブルのパーソナルカラー「赤」に塗装した専用機である。特徴としては、指揮官用のブレードアンテナが取り付けられているほか、各スラスターの出力リミッターが解除されている事で、限界まで性能を引き出せるようになっているが、操縦性は恐ろしく神経質なものになっており、新米のパイロットであれば、瞬く間に推進剤を使い果たして機動不能に陥ってしまう程であった。武装面においては高火力を誇る「MS用バズーカA2型」や「MS用対艦ライフル」など強力なものを装備しており、パイロットの腕も相まって、ルウム戦役では5隻もの連邦艦を沈めるという戦果を収めている。その圧倒的な強さと戦場に赤い光の軌跡を残して駆け抜けていく姿から「赤い彗星」と呼ばれ、恐れられるようになった。

●あらかじめダウンロード(予約購入)開始


ダウンロード版を購入すると、発売日の0時からプレイが出来る様になるあらかじめダウンロードが開始。
購入はこちらから:https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000005462


『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』は4月26日発売予定。価格は6,800円(税別)です。

【家庭用ゲーム】SDガンダム ジージェネレーションシリーズ公式Twitterhttps://twitter.com/ggene_official

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)創通・サンライズ・テレビ東京
《ひびき》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』コロコロ限定のスパイギアがガチで使いやすい!活用法&オシャレなコーデを紹介

    『スプラトゥーン2』コロコロ限定のスパイギアがガチで使いやすい!活用法&オシャレなコーデを紹介

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スマブラSP』ダッシュファイター「ダークサムス」が紹介―ミサイルの形や立ち姿など所々に変化が

  5. 『スプラトゥーン2』7月上旬の環境では何が流行ってる?人気の戦法8選

  6. 『スプラトゥーン2』フェス「きのこの山 vs たけのこの里」事前投票はたけのこ有利!【読者アンケート】

  7. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  8. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  9. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  10. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る