人生にゲームをプラスするメディア

PSNの各機能をウェブブラウザで利用できる「My PlayStation」が公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は2月21日、ウェブサービス「My PlayStation」を公開しました。

ソニー PS4
PSNの各機能をウェブブラウザで利用できる「My PlayStation」が公開
  • PSNの各機能をウェブブラウザで利用できる「My PlayStation」が公開
  • PSNの各機能をウェブブラウザで利用できる「My PlayStation」が公開
  • PSNの各機能をウェブブラウザで利用できる「My PlayStation」が公開
  • PSNの各機能をウェブブラウザで利用できる「My PlayStation」が公開
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は2月21日、ウェブサービス「My PlayStation」を公開しました。

これはPlayStation Network(PSN)の各機能をウェブブラウザ上で利用できるもの。「フレンドの検索」「 フレンド依頼の送信」「メッセージの送信」が、PCやスマートフォン、タブレット端末から行えるようになります。

以下、リリースより引用

ウェブサービスMy PlayStation公開のお知らせ
ウェブブラウザ上でご利用できるPlayStation Networkの機能を拡張


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)※1は、PlayStation Network(PSN)の各機能をウェブブラウザ上でご利用いいただけるウェブサービスMy PlayStationを、本日より公開いたしました。


また、My PlayStation の公開により、PC、スマートフォン、タブレット端末から下記の PSN の機能が新たにご利用いただけるようになりました。

・フレンドの検索
・フレンド依頼の送信
・メッセージの送信

なお、My PlayStation 公開に伴い、従来 PlayStationオフィシャルサイトにてご利用いただいていたSony Entertainment Network アカウントの管理機能を My PlayStation へ統合いたします。

【My PlayStationのご利用方法】
PlayStation オフィシャルサイトにて、お手持ちのSony Entertainment NetworkアカウントでPSNにサインインします。


アカウント名の箇所からプルダウンで表示される各メニューアイコンをクリックすることで、My PlayStation の各ページへ遷移し、各種設定やフレンドとのコミュニケーションが可能です。


SIEJAは今後もMy PlayStationの更なる機能拡張を通して、ユーザビリティの向上に努めてまいります。

※1 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本およびアジア各国・地域のセールス&マーケティングを担当。
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く-マルチで戦車に乗ってみた編

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

    「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  4. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ、安心感ハンパない吹替トレイラー!「これだから門は嫌いなんだ」

  5. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  6. 『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』巫女と絆を深めて「愛好の儀」を交わす

  7. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

  8. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  9. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  10. コントローラにセーブ、遊び心地は?「プレイステーション クラシック」1stインプレッション

アクセスランキングをもっと見る