人生にゲームをプラスするメディア

HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表

バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの共同出資による新会社「BXD(ビーエックスディー)」が、昨年設立されました。

モバイル・スマートフォン iPhone
HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表
  • HTML5新プラットフォーム名は「enza(エンザ)」に─『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』など配信予定タイトルも続々発表

バンダイナムコエンターテインメントとドリコムの共同出資による新会社「BXD(ビーエックスディー)」が、昨年設立されました。

このBXDは、HTML5を活用したスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォームのサービスに取り組んでおり、このたびその名称を「enza(エンザ)」と発表しました。また、このenzaにて『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』、『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』の3タイトルを順次配信する予定とのこと。各タイトルの配信元は、バンダイナムコエンターテインメントとなります。

加えて、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』に続く形として、『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』の事前登録も本日よりスタート。そして『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』のタイトル紹介サイトがオープンしました。気になる方は、そちらも合わせてチェックしてみてください。

【関連サイト】
・『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』公式サイト
URL:https://dbbm.bxd.co.jp/

・『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』公式サイト
URL:https://famistamo.bxd.co.jp/

・『アイドルマスター シャイニーカラーズ』公式サイト
URL:https://idolmaster-shinycolors.bxd.co.jp/

◆『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』



『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』は、株式会社BXDが提供する「enza」にて配信を予定している、スマートフォン向けブラウザゲームです。

二次元バーコードやURLのシェアにより、気軽に友だちと対戦出来たり、まだプレイしていないユーザーを招待することができるなど、現在のスマートデバイスの特徴を生かした新しいユーザー体験を提供する、新世代のドラゴンボールタイトルとなります。


本作は、「ドラゴンボール」のキャラクターで自分だけのデッキを構築し、対戦相手との【かけひき】や、キャラクター同士のコンボによる【戦略性】を用いて、プレイヤーVSプレイヤーでバトル。プレイヤーは互いにアタックランクが1~8の異なる8キャラでデッキを編成し、対戦を行います。どのキャラクターを使用するかで、戦略が異なります。

対戦時には、デッキから2キャラがランダムで選出。相手との読み合いを制して、相手よりアタックランクの高いキャラクターを出しましょう。アタックランクの高い方が、相手プレイヤーにダメージを与えることができます。これを繰り返して、先に相手のライフを0にしたプレイヤーの勝利です。

■事前登録開始! 3つの方法から事前登録しましょう!
LINE@・Twitter・メールアドレスの3つの方法で事前登録を受け付けています。

●LINE@
『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』でLINEの友だち検索をして「友だち追加」。ゲームやキャンペーンの情報の他に、LINEの自動返信機能を使用したお楽しみ施策も用意。

●Twitter
【アカウント】@bucchigiri_info
ゲーム情報や事前登録キャンペーンなどを随時更新。

●メールアドレス
『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』のサイト(https://dbbm.bxd.co.jp)から「メールで登録」を選んでフォームにメールアドレスを入力。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=qGocc0bB8hQ

◆『プロ野球 ファミスタ マスターオーナーズ』



プレイヤーは12球団よりお気に入り球団の監督兼オーナーとなり、多彩な技能を持った選手カードを収集、育成して、日本一の球団を目指します。登場する選手カードは、最新2018年シーズンの選手を収録!この多彩な選手カードを駆使して、個人で楽しむペナントモードだけでなく、友達や仲間とリーグを作って対戦できる「フレンドリーグ」など、スマートフォン片手にいつでもどこでも、さまざまなモードで新しいファミスタを楽しむことができます。

今度のファミスタは実写カードを集めて戦う全く新しいファミスタです。12球団のさまざまな選手がカードになって登場します。配信後、新カードも続々投入予定。


■ペナントモードで戦い抜け!
「ペナントモード」では1年間を通して、ペナントシーズンを疑似的に楽しめるモードです。試合は自動で進行し、収集した選手カードで構成されるオーダーによって発動するスキルやコンボが勝敗を大きく左右します!試合の途中に訪れるチャンスやピンチのシーンでは、監督としての指示だしが可能に! 上手くいけば、各選手のスキルが発動して試合を有利に進めることが可能!

■フレンドリーグやチャットでわいわいゲームを楽しめる!
ペナントモードに加え、フレンドになったユーザー同士でリーグ戦が楽しめる「フレンドモード」も搭載予定。ゲームで知り合ったフレンド同士でワイワイチャットをしながら、ゲームを楽しめます。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=JSEW-uidHf0

◆『アイドルマスター シャイニーカラーズ』



『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は、アイドルの育成と全国のプロデューサーとのライブ対戦を楽しめる新シリーズ。あなたは新事務所「283プロダクション」のプロデューサーとなり、所属するアイドルたちをプロデュースします。目標はアイドルを育成し、トップアイドルを目指すこと! もちろん、アイドルとの「コミュニケーション」要素も盛りだくさんです。

■今回の舞台は「283(ツバサ)プロダクション」
「283(ツバサ)プロダクション」では、アイドルの個性を重視したプロデュースを行っています。所属アイドルがそれぞれユニットを組んでいるのも特徴的です。

新アイドルとして、シャイニーカラーズを彩る新世代アイドルが登場。それぞれのアイドルは、個性溢れるユニットに所属。イルミネーションスターズ、アンティーカに続き、新ユニットも近日公開予定。続報をお待ちください。





(C)BXD Inc.
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc
一般社団法人日本野球機構承認
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』の衣装デザインに迫るーバーチャル・シンガー&オリキャラの衣装はどう作られたのか

    『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』の衣装デザインに迫るーバーチャル・シンガー&オリキャラの衣装はどう作られたのか

  2. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

    『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  3. いわゆる“ハズレアカウント”って存在するの?自称「絶望勇者」が語る、心を鎮めるテクニック【ドラクエウォーク 秋田局】

    いわゆる“ハズレアカウント”って存在するの?自称「絶望勇者」が語る、心を鎮めるテクニック【ドラクエウォーク 秋田局】

  4. 『FGO』がiPhone Xなどで“フルスクリーン表示”に! 新アイテム「霊脈石」がもらえる「2200万DL突破キャンペーン」も開始

  5. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  6. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

  7. 本職を驚かせる『アリスギア』のメガネと、それを完全再現する「執事眼鏡」―満を持してのコラボメガネは如何にして産まれたのか

  8. 『デスチャ』3周年特別企画―インサイドライターが語る“チャイルドのここが好き!”、新規&復帰勢に嬉しいお得キャンペーンも満載

  9. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  10. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る