人生にゲームをプラスするメディア

『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも

iOS/Android向けアプリ『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』が配信開始を記念し、3都市で行われたポケットティッシュ配布イベントをレポートします。

モバイル・スマートフォン iPhone
『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも
  • 『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも
  • 『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも
  • 『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも
  • 『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも
  • 『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも
  • 『FFXV ポケットエディション』記念ポケットティッシュ配布にファン集う―開発スタッフインタビューも

全世界累計販売本数660万本を記録したRPG、『ファイナルファンタジーXV』。本作のストーリー、壮大な冒険やバトルを、かわいらしくデフォルメされたキャラクターとともに手軽にスマホで体験できる iOS/Android向けアプリ『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』が配信開始されました。

今回は配信開始を記念し、2018年2月15日限定で行われた「ファイナルファンタジーXV ポケットエディション」の配布イベントをレポートします。また、スクウェア・エニックス『ファイナルファンタジーXV』グローバル ブランド ディレクターの大藤 昭夫氏と、プロデューサーの伊藤 幸正氏にもインタビューを実施しましたので、合わせてお届けします。


ポケットティッシュエディションの配布は、2018年2月15日限定で、東京・大阪・名古屋の3都市にて無料配布されました。表面のイラストは、ノクティス、イグニス、グラディオラス、プロンプト、ルナフレーナ、アーデンの全6種類。全種類を集めると『FFXV』のロゴが現れるデザインで、コンプリートしたくなるアイテムとなっています。背面には本作のQRコードが印刷されています。


新宿駅周辺では平日の朝にもかかわらず、配布開始前から多くの『FFXV』ファンの方が訪れ、待ちわびている様子が見られました。配布がスタートすると、お気に入りのキャラクターを選んだり、すべてのキャラクターを集められる方など、続々とティッシュが配られていきました。なかには、お子さんに頼まれていらしたお父さんやベビーカー連れのお母さんなどもおり、シリーズファン層の広さが伺えました。

続いて、開発スタッフの大藤氏と伊藤氏にインタビューを行いました。

インタビューに応えていただいた大藤氏(写真右)と伊藤氏(同左)

──ティッシュを配られた感想はいかがでしたか?

大藤氏:人生で初めての経験だったのでむずかしかったのですが、ファンの方が来てくださって、ティッシュ配りのノウハウを教えていただきました。すると、もらっていただける率が上がったので……何事も勉強ですね。

──配布したティッシュについて、一通りそろえられる方が多かったのでしょうか?

大藤氏:初めは自分が一番欲しいキャラクターを選ばれて、種類を聞かれて、全部欲しいと言われていたかなと。僕の場合はプロンプトが人気でしたね。

伊藤氏:僕はノクトが一番もらっていただけました。

──『FFXV』ファンの方とはどのように交流されていますか?

大藤氏:『FFXV』はオリジナルが発売して1年半以上経過していますが、とても熱心なファンの方がいまもずっと応援してくださっています。こういうイベントがあると必ず来られる方もいて、同窓会のような雰囲気がありました。そうした方々も新しいタイトルに興味を示していただけており、とてもうれしいですね。

──『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』について、新規のファンの方の印象はいかがでしたか?

伊藤氏:「スマホで出るまで待ってました!」という方が多いですね。元々『FFXV』は知っているけれど家庭用ゲームは持っていない方に遊んでもらいたくて作ったタイトルだったのでした。そして、思っている以上に待っててくれている方がいらして、出してよかったなと思っています。

大藤氏:一度遊んでいても見た目がまったく変わるので、新しいルックスで楽しみたいという方もたくさんいらっしゃるようですね。

──キャラクターをデフォルメ調にした理由はありますか?

伊藤氏:スマホでコンソール版とおなじ見た目を再現するのはむずかしいので、どういう見た目が最適かをユーザーテストなどで試行錯誤し、いまのグラフィックに落ち着きました。日本だけではなく、アメリカやヨーロッパでも好評なのでよかったと思います。

──リリースからのダウンロード数はどうですか?

伊藤氏:まだ発表はしていませんが、絶好調ぐらいですね!

──昨日はバレンタインでしたが、開発チームのエピソードを教えてください。

大藤氏:僕はスクウェア・エニックスに入社して10年以上になりますが、見たことない数のチョコレートがキャラクター宛に届いていましたね。それが台車で山盛りに来て、開発スタッフがゾンビのように群がっていただきました(笑)。


──最後に、『FFXV』ファンの方にメッセージをお願いします。

伊藤氏:スマホ版は、遊び方と見た目がさくさく遊べるように作っていますので、『FFXV』を知っていたけれどプレイしていない方にぜひ遊んでもらいたいと思います。これからも『FFXV』をよろしくお願いします。

大藤氏:『FFXV』本編はこれからもDLCなどで続いていきますが、スマホ版はおなじストーリー体験を手軽に遊べるので、追体験ですが異なるルックスで楽しんでいただければうれしいです。

──ありがとうございました。
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』読者が最初に絆レベル上限開放したサーヴァントを大公開!嫁サバと使用率、多く選ばれたのは果たして・・・【アンケート】

    『FGO』読者が最初に絆レベル上限開放したサーヴァントを大公開!嫁サバと使用率、多く選ばれたのは果たして・・・【アンケート】

  2. 『FGO』FGO Duel&チャレンジクエストステージ、トップはダメージ300万超えー愛のある編成も光る

    『FGO』FGO Duel&チャレンジクエストステージ、トップはダメージ300万超えー愛のある編成も光る

  3. 『FGO』12月のアップデート情報が公開―真名隠し対象サーヴァントにバトルボイス選択機能が追加!

    『FGO』12月のアップデート情報が公開―真名隠し対象サーヴァントにバトルボイス選択機能が追加!

  4. 『アズレン』「コミケ95」出品グッズが続々公開中―「エルドリッジのスマホケース」や「描きおろし2019年カレンダー」など目玉商品盛り沢山!

  5. 最大ダメージは300万越え!チャレンジクエストステージレポート【FGOフェス2018】

  6. 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】

  7. 『オルサガ』“3部完結記念ガチャ”&“1日1回10連ガチャ無料”などが実施!この機会に強力なユニットを手に入れよう

  8. 『サカつくRTW』金満オーナーが「Jリーグ」に挑戦したら、真逆の経営に面食らうも面白さは倍増!

  9. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  10. 『サカつくシュート!』配信5周年を記念して『サカつくシュート!2019』にタイトルを変更─ジャパンスターが登場する豪華イベント開催中!

アクセスランキングをもっと見る