人生にゲームをプラスするメディア

文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ

セガがおくる2018年春配信予定の新作アプリ、iOS/Android向け「ことば」で闘う新感覚RPG『共闘ことばRPG コトダマン』の先行プレイレポートです。

モバイル・スマートフォン iPhone
文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
  • 文字をつなげてことばを作る!パズルのようなバトルが楽しい『共闘ことばRPG コトダマン』プレイレポ
セガがおくる2018年春配信予定の新作アプリ、iOS/Android向け「ことば」で闘う新感覚RPG『共闘ことばRPG コトダマン』。本作は、ひらがなを組み合わせてことばを作って敵を倒していく、一風変わったゲーム性を持ったRPGです。今回は、2018年2月4日までクローズドβテストの参加者を募集している本作について、先行プレイレポートをお届けします。



『共闘ことばRPG コトダマン』は、文字の精霊「コトダマン」を組み合わせ、ことばを作って攻撃するRPGです。できたことばの数や長さでダメージが変化し、最大4人のマルチプレイも可能とのことです。登場するコトダマンは350体以上、それぞれが生き生きとしたモーションで動く点も魅力ですね。

それでは、本作の遊び方を紹介します。まず、バトルがスタートすると、画面中央に空欄がある7文字が表示されます。ここに、下部に表示されているコトダマンからひとつ選んでドラッグ&ドロップし、文字をつなげてことばを作っていきます。なお、お題となる7文字はターンごとに変化し、コトダマンはバトル前に編成したものからランダムで4種類が選出され、使った分はすぐに補充されます。


枠内の文字をすべて埋めると判定が行われます。この状態で、同時に複数のことばを作れていると「コンボ」になります。ことばは2文字以上からコンボとして扱われるため、「くに」「はる」「つゆ」といった短い言葉でも、たくさん作れば敵に大ダメージを与えられます。さらに、3文字以上のことばを作ると「わざ」、4文字以上のことばを作ると「すごわざ」が発動します。敵にダメージを与えたり、味方のHPを回復するなどさまざまな効果が得られるため、どんどん文字を作っていくことで効率よく敵を倒せそうですね。


文字をつなげてことばにするというシンプルなゲーム性ですが、しっかり頭を使って遊べるのも本作の魅力です。たとえば、手持ちのコトダマンではすぐにことばが作れない場合、補充されたコトダマンと合わせてことばにしようと考えたり、使い勝手のよさそうな文字をとりあえず当てはめてみたり、思い切って長いことばを狙ってみたり。お題となる7文字と手持ちの4文字を使い、あれこれとことばを考えるのは知能パズルのような中毒性を感じました。また、判定の際、知らないことばに出会える機会もあり、本作のプレイを続けていけば語彙力が上がって賢くなるような気もします(笑)。

コトダマンには5つの属性とレアリティがあり、それぞれ異なるわざと文字を持っています。属性には相性が設定されていて、ゲーム冒頭からすべての属性の島に挑戦できるため、プレイヤーの手持ちとなるコトダマンと相性が良い島から攻略をスタートできます。冒険の途中では新たなコトダマンを手に入れるチャンスもあるので、どんどん進めていきましょう。


また、レアリティが高いコトダマンの方がわざによる与ダメージや回復量は増えていきます。しかし、本作では何よりもことばを作るのが重要なため、必ずしもレアリティの高いキャラクター必要ではないのがポイントです。編成の際に一番注目するのが、コトダマンに割り当てられている「あ」「ち」といった文字です。プレイしていて感じたのは、文字にはことばにつなげやすいものとつなげにくいものがあること。筆者の場合、「い」「し」などは使いやすい一方、「ろ」などは使いどころがむずかしく、編成しても使う機会がないままバトルが終了してしまうこともしばしばありました。


さらに、「か」「や」「は」などは濁点や半濁音、小文字にも変化し、編成時にすでに2文字のことばになるような組み合わせをたくさん作っておけば、コンボもつなげやすくなります。このように、コトダマンはレアリティにかかわらず文字につなげやすいかどうかが重要な役割を担っているのが特徴だと感じました。
プレイヤーごとに思いつきやすいことばに合わせて、いろいろなコトダマンを集めて編成する楽しさも味わえますね。



以上、ことばを使って闘う新感覚のRPGである『共闘ことばRPG コトダマン』のプレイレポートをお送りしました。文字を組み合わせてことばを作る創造の楽しさ、コンボやわざ決まったときの爽快感のあるエフェクト、コトダマンを収集するやりこみ要素と、RPGの新しい魅力がつまった作品でした。

また、2018年1月22日から本作のクローズドβテスト参加者を募集しています。2018年2月に実施予定で、iPhoneとAndroidで参加が可能。応募は2018年2月4日まで行っていますので、気になっている読者のみなさんは急いで応募してくださいね!

クローズドβテスト参加者募集 概要



■募集期間:1月22日(月)~2月4日(日)23:59
■実施期間:2月8日(木)12:00~2月20日(火)16:00※予期せず変更することがございます。
■応募URLhttps://kotodaman.sega.jp/kaihatsucbt
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

    【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  2. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

    『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  3. 『スピードウィッチバトル』TGS2018に出展! 魅力的な世界と高速カードバトルの詳細を初お披露目

    『スピードウィッチバトル』TGS2018に出展! 魅力的な世界と高速カードバトルの詳細を初お披露目

  4. 『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 【UPDATE】『FGO』まだ引けてない恒常サーヴァントは?【アンケート】

  7. 童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『Project Echoes』の正式タイトル名が『グリムエコーズ』に決定!

  8. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  9. 「『FGO』サバ★フェスで読みたい同人誌は?」第1位はまさかのあの一冊【アンケート】

  10. 『FGO』期間限定イベント「バトル・イン・ニューヨーク 2018」9月19日開幕! あの「ネロ祭」を一新

アクセスランキングをもっと見る