人生にゲームをプラスするメディア

グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾

グランゼーラは、ニンテンドースイッチ向けソフト『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』を発表しました。

任天堂 Nintendo Switch
グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
  • グランゼーラ新作『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』が発表―スイッチ参入タイトル第一弾
https://youtu.be/KOsGCEbXT28

グランゼーラは、ニンテンドースイッチ向けソフト『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』を発表しました。

同作は、トレーディングカードの醍醐味であるカード収集とデッキ構築、そしてシミュレーションの戦略性が融合した対戦型ゲーム(ソロプレイも可能)です。同作発売後は、約1年間にわたり、カード追加などの定期的なバージョンアップや、オンライン大会の開催を予定しているとのこと。元々このシリーズはアイレムより発売されていましたが、シリーズ3作目となる同作からはグランゼーラから発売される事が明らかに。

なお、同社は、同作を「ニンテンドースイッチ参入第一弾タイトル」としており、今後も様々な作品の登場が期待されます。


Nintendo Switch用ソフト「不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-」とは

「不如帰 大乱」は、カード収集やデッキ構築といったトレーディングカードゲームの自由度の高さと、シミュレーションゲームの戦術性が融合したゲームです。過去シリーズ2作(PlayStation Portable)が販売されており、本作がシリーズ3作目となります。

カードには、ユニットとして配置される「武将カード」の他、武将を強化する「伝令カード」、戦況を変化させる「計略カード」など、さまざまな効果を持つものが用意されており、デッキの組み方やカードの使い方、ユニットの動かし方により、奥深い駆け引きが楽しめます。

カードは、ソロプレイやオンライン対戦で入手することができる「小判」を消費して購入することができます。

「小判」はアイテム課金での購入も可能ですが、通常のプレイでも「小判」は十分に入手可能であり、本作は追加課金なしでゲーム内のすべての要素を楽しむことができます。

ゲームリリース後は、約1年間にわたり、カード追加などの定期的なバージョンアップや、オンライン大会の開催を予定しております。(なお、上記のバージョンアップは、すべて無償でのアップデートを予定しております。)

より遊びやすく、より奥深く進化した「不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-」をお楽しみに!




有名絵師が描く戦国絵巻

豪華イラストレーターによる多数のカードイラストがゲームを彩ります。(リリース後のバージョンアップにより、定期的な新規カードの追加を予定しております)

【新規参加イラストレーター】※五十音順・敬称略
cuboon/kaya8/麻谷知世/北千里/じじ/樋上いたる/みわべさくら
【主な参加イラストレーター】※五十音順・敬称略
KEI/文倉十/一徳/伊藤サトシ/緒方剛志/風間雷太/木村明広/後藤圭二/駒都えーじ/末弥純/菅原健/瀬口たかひろ/せんのあき/添田一平/高田明美/司淳/寺田克也 /戸部淑/成瀬ちさと/原田たけひと/原友和/藤真拓哉/正子公也/真鍋譲治 他多数

『不如帰 大乱 -1553 竜虎相搏つ-』は2018年春配信予定。価格は未定(アイテム課金あり)です。

(C)Granzella Inc. Licensed by IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

    『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

アクセスランキングをもっと見る