人生にゲームをプラスするメディア

Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記

Supercellとの特許紛争について先日より声明を発表したグリーですが、新たに追加のコメントを発表しました。

ゲームビジネス 開発
Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記
  • Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記
  • Supercell「当初から話し合いを行っていた」との主張にグリーが反論―特許紛争の声明に追記
Supercellとの特許紛争について先日より声明を発表したグリーですが、新たに追加のコメントを発表しました。

【Supercell社との間の特許紛争について】
https://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2018/0124-01.html

グリーは、Supercellが手掛ける『クラッシュ・ロワイヤル』および『クラッシュ・オブ・クラン』にて、多数の特許侵害があるとして東京地裁に提訴しています。この度発表された声明には、Supercell社の主張に事実と異なる点があると述べています。

Supercellは、「当初からグリー株式会社の担当者と話し合いを設けており、実際スーパーセルの経営陣がヘルシンキ(フィンランド)から東京に飛びグリー株式会社の担当と「公正かつ合理的、友好的な解決」を目指すため話し合いを行っておりました」と主張。

しかし、グリーによると「弊社が2016年9月にSupercell社に弊社保有特許の侵害の可能性を伝えてから、2017年5月に東京地方裁判所に仮処分の申し立てを行うまで、弊社から話し合いを求め、和解案も示しましたが、Supercell社はこれを拒否し、和解のための対案を示すことも無かったため、やむなく申し立てを行いました。なお、Supercell社の経営陣が来日し弊社と話し合いを行ったのは2017年12月下旬です」と、Supercell社の主張と実際の行動に齟齬があるとしています。

グリーが主張する事の経緯
  • 2016年9月:Supercellにグリー保有特許の侵害の可能性を伝える。
  • 2017年5月:Supercellが和解案を拒否、対案提示もないので地裁に仮処分申し立てを行う。
  • 2017年12月下旬:Supercell経営陣との話し合いが行われ、初めて対案が示される。

『クラッシュ・ロワイヤル』および『クラッシュ・オブ・クラン』では、一部機能が削除され、ゲームユーザーにも多大な影響を与えているグリーとSupercellとの特許紛争。どのような結果であれ、迅速な解決が望まれます。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

    任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

  4. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  5. 【任天堂資料庫】第7回 任天堂ゲームセミナーを振り返る

  6. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  7. 「3本の柱」を軸にあらゆる可能性を模索―よしもとゲームズ代表取締役 斎藤祐士氏に聞くゲーム業界新規参入の意図と展望

  8. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  9. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る

1