人生にゲームをプラスするメディア

【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた

おじさん絵日記作家のおじさん「吉田輝和」がVRゲームの絵日記を書き綴ります。第4回目は『『DOOM VFR』!怖いの苦手なサイボーグおじさんが暴れ回る!

ソニー PS4
【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた
  • 【吉田輝和のVR絵日記】『DOOM VFR』でスタイリッシュムーブおじさんになってデカいケツと戦ってきた

エレベーターの中からゲームが始まった。

どっちを向いても常に視界に自分の突き出した両手が映るので、これは江頭2:50の例のポーズを常に取っているという事かな……などと考えていると、どこからともなく警報がけたたましく鳴り響く。


パニクる吉田2:50。

数度の爆発が起きた後、エレベーターの扉が開いた。


あっ、なんかおる!!

通路の奥に居た謎の巨体が僕めがけて走ってくる。


ちょっと待って!僕、今江頭のポーズで動け……

グシャッ


今回プレイするのはベセスダ・ソフトワークスのPSVR向けFPS『DOOM VFR』だ。

グロいデーモン、バーン!!ゴツイ武器でドーン!!圧倒的火力で並みいるデーモンを肉片に変えろ!でお馴染みの『DOOM』がVR 化!

まず言っておく事があるのだけど……


僕は!
ホラーとか!
ビックリするのとか!
怖いのとか!
苦手なんだよ!(魂の叫び)


だがしかし、苦手なだけでプレイしたくないわけではない。むしろしたい。怖がりなのにお化け屋敷に行きたがる心理だ。

難易度は5段階(開始直後は3段階のみ選択可能)。

今作は、DUALSHOCK 4、PlayStation Move モーションコントローラー(以下:PS Move)、シューティングコントローラーの3つが使える。

PS Moveでの操作はコントローラーで銃の照準を合わせ、移動はワープ移動とボタンで前後左右に小刻みに動ける。

DUALSHOCK 4での操作は実際に自分の頭を動かして銃の照準を合わせ、移動は通常のFPSのようにフリー移動が出来る。

細かな操作や従来ゲームの操作感が好きな方はDUALSHOCK 4。臨場感を味わいたい方はPS Moveがおすすめだ。(シューティングコントローラー未所持なので試していませんが、さらなる臨場感を味わえるんじゃないかなーと思っています)

ゲームを再開すると、エレベーターの一悶着で僕は殺されていたようで、目の前に自分の上半身が吊るされていた。


え?あれ僕?じゃあ今の僕何なの?あ、手が透けてる!

パニクるプレイヤーの僕に比べて「俺は死んだのか?」と凄い冷静に考察する主人公。なんだこいつ、自分の死体眺めながら飯とか食えちゃうんじゃねえの?というくらいの落ち着きぶりだ。


ご飯がす〇むくん。

基本操作のチュートリアルを終え、サイボーグ的な肉体を得たおじさん。どうやらこの基地にデーモン軍団が侵入してきて、そいつらを皆殺しにして基地を守るというのが目下のところのミッションらしい。

お前さっきエレベーターで1発でやられてたやん……あかんやん……

恐る恐る探索開始。


基地内の主電源を回復させると


早速デーモンのお出まし。

わあ、グロい……むき出しのデロンデロンの皮膚。パーカーとか着て全身くまなく隠してくれ……!!とは言え、怖がってばかりいるわけではない。

先ほどのチュートリアルで基本操作は覚えた。おじさんのスタイリッシュムーブを刮目せよ!!


DUALSHOCK 4操作時の照準は実際に頭を動かして合わせる必要がある。忙しい。

現在、僕が所持しているのは、ピストル、ショットガン、グレネード。そしてボディアタックのような技も使えるようだ。


ボディアタックとは、敵にダメージを与えた上でテレポートを用いて体当たりする技で、これを食らった敵は肉片が飛び散りバラバラ死体になる。

強制的に眼前でグロ画像を見せられる技はあんまり使いたくないのだが、そうも言っていられない。

くらえ!テレポートボディアタック!

グシャッ



ど根性デーモンの誕生である。

敵を殲滅した所でミッションクリア。現在のプレイ時間は20分程度だが、目まぐるしく動き回っていたせいかVR酔いによる疲労で一旦休憩……。

初プレイという事もあり少し休息を取ったが、もう戻らねばならない。

そうして戦士は再び戦場へと戻る。
戦いが彼を求めているのか、彼が戦いを求めているのか、それはわからない……
エンディングを迎えるまで戦士は眠らないのだった。




その後でっかい中ボス的な奴が出てきたのですが、何故か「こいつのケツのアップのスクショを撮ってやろう!」という謎の使命感にかられて3回くらいゲームオーバーになりました。


操作に慣れてくると、敵の攻撃を華麗に避け、銃でダメージを与え、ボディアタックでフィニッシュという一連の動作をスタイリッシュに行えるようになりました。使える武器の種類も増え、戦闘のバリエーションが増えていきます。

シリーズお馴染みのクソグロさも健在で、VR で見るとほんと何考えてんだって言うくらいのグロさを味わえます。

グロいの大好き!という方や、とにかくでっかいケツをVRで見たいという方にはオススメです。

PS4版『DOOM VFR』は、4,298円(税込)で販売中です。

吉田輝和のプロフィール:17年以上にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」をはじめとした人気漫画のモブキャラとして登場しており、日々その存在感が高まっている。ちなみに、巨大な食べ物を作っていく企画でカルト的な人気を誇る個人ホームページ「吉田が巨大な物を作ってますよ」も運営している。
《吉田 輝和》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【3月5日】─「エディオンアプリ」にて新たな抽選受付開始

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【3月5日】─「エディオンアプリ」にて新たな抽選受付開始

  2. “フォートナイト下手くそおじさん”こと小籔千豊さんにインタビュー!『フォートナイト』をプレイすることになったきっかけや当初正体を隠していた理由とは!?

    “フォートナイト下手くそおじさん”こと小籔千豊さんにインタビュー!『フォートナイト』をプレイすることになったきっかけや当初正体を隠していた理由とは!?

  3. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  4. 頭部欠損表現のカット、及び出血表現を軽減ー『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異が明らかに

  5. 『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』の数量限定版「White Snow Edition」が品切れにー再生産の予定は無し

  6. 『Apex Legends』次回CRカップに、ゲイバー店員・カマたくが参戦!「手榴弾の代わりに馬糞を投げようと思って」─VTuber・胡桃のあ&歌手・天月とチーム結成

  7. 『Ghost of Tsushima』×対馬市が公認コラボ!対馬市公式サイト「Ghost of “REAL” Tsushima」を全世界に向けて開設

  8. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  9. バナナやオレンジ、マグカップすら未来のコントローラーに?ソニーが米国に出願していた特許に夢が膨らむ

  10. 女性ファンから見る『龍が如く』の魅力ー「お母さん視点、桐生ちゃんはもう息子みたいな感じ」【龍好き女子座談会】

アクセスランキングをもっと見る