人生にゲームをプラスするメディア

『戦場のヴァルキュリア4』不屈の闘志で立ち上がる「ブレイブ」や新兵科「擲弾兵」などをお披露目! 新要素を見逃すな

セガゲームスは、PS4/ニンテンドースイッチソフト『戦場のヴァルキュリア4』の公式サイトをリニューアルし、PS4版のパッケージイラストをお披露目しました。

任天堂 Nintendo Switch
『戦場のヴァルキュリア4』不屈の闘志で立ち上がる「ブレイブ」や新兵科「擲弾兵」などをお披露目! 新要素を見逃すな
  • 『戦場のヴァルキュリア4』不屈の闘志で立ち上がる「ブレイブ」や新兵科「擲弾兵」などをお披露目! 新要素を見逃すな
  • 『戦場のヴァルキュリア4』不屈の闘志で立ち上がる「ブレイブ」や新兵科「擲弾兵」などをお披露目! 新要素を見逃すな

セガゲームスは、PS4/ニンテンドースイッチソフト『戦場のヴァルキュリア4』の公式サイトをリニューアルし、PS4版のパッケージイラストをお披露目しました。

全世界累計の販売数が100万本を突破し、手描きイラストのような独特な描写システム「CANVAS」や、戦略とアクションを融合した斬新なバトルシステム「BLiTZ」などで好評を博した『戦場のヴァルキュリア』。そのシリーズ最新作であり、更なる進化を遂げた『戦場のヴァルキュリア4』が、PS4とニンテンドースイッチに登場します。

共和国国家連合体「連邦」と専制君主国家「帝国」に二分されたヨーロッパ大陸を舞台に、戦火の下で繰り広げられる青春群像を描く本作ですが、このたび公式サイトがリニューアル。本作の主人公・クロードと敵対する帝国側のキャラクター情報や、シリーズの特徴的なバトルシステム「BLiTZ(ブリッツ)」に加わる新要素「ブレイブ」、新兵科「擲弾兵(てきだんへい)」などの情報が公開されました。各キャラクターの情報や詳細については、公式サイトをご覧ください。


■『戦場のヴァルキュリア4』公式サイト
URL:http://portal.valkyria.jp/vc4/

新要素「ブレイブ」


本作から新しくできるようになった行動に「ブレイブ」があります。キャラクターが敵の攻撃で瀕死になった際、不屈の闘志で立ち上がり、最後に何かひとつ行動ができる場合があり、これをブレイブと呼びます。最後にできる行動は「立ち上がる」(敵ターン時は「反撃」)、「託す」の2種類があり、タイマーが表示されている間に行動を選択できます。

「立ち上がる」 は一定時間(AP1ゲージ分)無敵で行動することができるようになり、1アクション行えます。「託す」はもっとも近い味方の能力を上昇させ、CPを1回復させます。上昇する能力は、瀕死になったユニットの兵科によって異なります。状況に応じた行動を選択してそのキャラクターの遺志を引き継ぎましょう。

新要素「擲弾兵(てきだんへい)」


擲弾砲(迫撃砲)を装備し、曲射による榴弾攻撃を行う兵科。偵察兵が情報収集をし、視線が通らない遮蔽の向こうから擲弾兵が攻撃する、といったことができ、自身の視線が通らなくても迎撃もすることが可能。また、擲弾は爆風で範囲を攻撃できるため遠距離から土嚢を破壊するといった使い方もできます。

特典プロダクトコードがもらえる! 事前登録キャンペーン開催中!


ゲーム内で使用できる戦車ステッカー「ガリア公国紋章」プロダクトコードがもらえる事前登録キャンペーンを現在開催中です。PS4版『戦場のヴァルキュリア4』発売前にキャンペーンサイトより事前登録をしていただいた方には、特典プロダクトコードを発売日当日にメールにてお届けいたします。

■キャンペーン概要
・実施期間:開催中 ~ 2018年3月20日(火)23:59まで
・応募方法:キャンペーンサイトよりメールアドレスを登録

・特典の受け取り方
PS4版『戦場のヴァルキュリア4』発売日当日に、ご登録いただいたメールアドレス宛にダウンロード用プロダクトコードをお送りいたします。

※プロダクトコードは発売日(2018年3月21日予定)に、登録されたメールアドレス宛にご連絡のメールをお送りさせていただきます。
※当社はご提供いただいたメールアドレスをPS4版『戦場のヴァルキュリア4』の発売日当日の事前登録特典配布ならびに、最新の商品情報や各種キャンペーンの告知のために使用いたします。
※各特典の名称、内容、デザインは予告なく変更させていただく場合がございます。
※プロダクトコードを使用するには、インターネットへの接続が必要です。
※プロダクトコードの使用にはPS4版『戦場のヴァルキュリア4』の製品版が必要です。



『戦場のヴァルキュリア4』は、PS4版が2018年3月21日、ニンテンドースイッチ版が2018年夏に発売予定です。

(C)SEGA
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る