人生にゲームをプラスするメディア

「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

Live2Dは、イベント「alive2017」の定員を300名から350名に変更し11月20日18時より先着順による2次募集を開始します。

ゲームビジネス 開発
「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始
  • 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

Live2Dは、イベント「alive2017」の定員を300名から350名に変更し11月20日18時より先着順による2次募集を開始します。

以下リリースより引用

■イベントの概要・見どころ
「alive2017」とは、イラストを動かすソフトウェア『Live2D』に関する様々な情報をお伝えする年に一度の大型イベントです。
当日は、Live2D社によるソフトウェアに関する最新情報や、Live2D採用作品(アプリ、ゲーム、動画)を持つ企業によるセッションなどが行われます。

会場でLive2Dに関連する職種の募集や簡易面接を行う場もありますので、Live2Dを使った仕事に興味のある方は是非ご参加ください。

■参加資格
Live2Dにご興味のある方なら誰でも参加可能です!
(プロアマ問わず参加可能。業界の方、クリエイター系の方、未経験、初心者、熟練者どなたも大歓迎です)

■2次募集の受付を開始します

1次募集時の好評を受け、定員数の増加を決定いたしました。
2次募集として、11/20(月)18時より増席分への参加応募を受付開始いたします。

■開催概要
会 場:秋葉原 UDX GALLERY & UDX GALLERY NEXT 2
開催日:2017年12月4日(月)
時 間:alive2017 10:30~18:30(受付開始:10:00~)
    懇親会 18:30~20:30
定 員:約350名(1次募集時の300名から約50席を追加いたしました)

■チケット料金・種類
・alive2017参加チケット(懇親会なし):¥1,000
・懇親会付きalive2017参加チケット(販売数:限定150):¥3,500

■申し込み期限
11/26(日) 23:59まで、
(先着順。売り切れ次第終了)

■注意事項
※イベントの内容、およびチケット申し込みの詳細については以下の各サイトをご確認ください。
※2次募集は先着順の受付となっております。定員に達し次第販売終了とさせていただきます。

・alive 2017特設サイト:http://alive2017.live2d.com/
・alive2017チケット申し込みページ:http://alive2017.peatix.com


Copyright (c) 2017 Live2D Inc. All rights reserved.
《FiveFinger》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

    2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  2. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

    今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  3. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【CEDEC 2010】コーエーが明かすネオロマンスシリーズのキャラクター作り

  6. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  7. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

  8. スクエニxマーベルの「アベンジャーズ」プロジェクトが海外発表!―複数のゲームを開発

  9. 「ゲーム業界のエコシステムを変える」初のゲームも披露された和田洋一氏率いるシンラ・テクノロジーの開発者会議

  10. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

アクセスランキングをもっと見る