人生にゲームをプラスするメディア

「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に

任天堂 その他

「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に
  • 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に
  • 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に
  • 「ミニ スーファミ」発売4日間で36.8万台を販売─ミニ ファミコンと比べて10万台以上も上回る出足に

任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニ スーファミ)が、2017年10月5日に発売。名作や話題作など21タイトルを収録したミニ スーファミには高い注目が集まっており、発売日当日から好調な出足を見せました。

ファミ通調べによれば、発売日を含めた4日間(10月5日~10月8日)の国内推定販売台数は、368,913台にのぼったとのこと。昨年発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、発売4日間で26.3万台を販売(同じくファミ通調べ)。こちらも大きな話題となりましたが、それを上回る勢いを見せる形となりました。

ミニ スーファミは、当時の本体を手の平サイズにコンパクト化しつつも、2個のコントローラーはサイズもボタン配置も忠実に再現し、変わらぬ操作性で懐かしのソフトを楽しむことが可能。HDMIで手軽にTVやモニタと繋げられるのも嬉しいポイントです。今後も発売を続けるため、クリスマス商戦や年末年始などで更なる伸びを見せることでしょう。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】シューティングよ永遠なれ! 活気づく“最近のSTG展開”に迫る―知ってた? あの作品が移植やリメイク、意外な新作も

    【特集】シューティングよ永遠なれ! 活気づく“最近のSTG展開”に迫る―知ってた? あの作品が移植やリメイク、意外な新作も

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  3. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  5. 『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/iOS/Androidにリリース決定! 発売時期は2018年夏

  6. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  7. 『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』にノエル、里中千枝、ワレンシュタインの参戦が決定! 最新映像でアクションをチェック

  8. 『スプラトゥーン2』更新データVer.1.4.1の配信開始─シェルタータイプのブキやソイチューバーの問題などを修正

  9. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ロングブラスター」を10月21日に追加─強力な一撃と射程を合わせ持つブラスターが登場

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

アクセスランキングをもっと見る