人生にゲームをプラスするメディア

【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!

その他 フィギュア

【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
  • 【特集】新・公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」で実際に遊んでみた!
グッドスマイルカンパニーが展開する「ねんどろいど」シリーズ。現在、約700種類以上ものラインナップがリリースされている人気アクションフィギュアブランドです。

パッケージに付属している数多くのオプションパーツを付け替えることで、劇中シーンの再現を楽しむこともできるほか、2.5頭身にデフォルメされたフェイスパーツを付け替えることにより、様々な表情のキャラクターを楽しめます。基本的にフェイスパーツの構造はシリーズで共通のため、これを利用して異なるキャラクター間で表情を交換するといった遊びもファンの間では人気を博しています。

そしてついに、今年7月末にはこのフェイスパーツを自由にオーダーメイドすることができるという公式サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」がオープンしました。そこで本稿では、このフェイスメーカーを実際に体験。注文からお届けまでの様子をレビューしましたので、これから注文してみようかな?という方は是非、参考にしてみてください。

◆「ねんどろいどフェイスメーカー」に会員登録



まずは「ねんどろいどフェイスメーカー」の公式サイト(https://nendoroidfacemaker.com/)へアクセスして「ご利用ガイド」を熟読しましょう。

なお、このサービスは会員制となっているため、初回利用時には新規会員登録を行う必要があります。ここでは「Amazon.co.jp」のアカウントも利用可能なので、頻繁にAmazonでお買い物をするという方は新規会員登録時に「Amazonアカウントでログイン」も試してみてください。

無事登録が完了しログインが成功すると、TOPページに「フェイスメーカーを開始する!」というボタンが表示されますので、迷わずクリック!

◆注文形式等を選択しよう



このフェイスメーカーでは1注文で2つのフェイスパーツを作成することができます。選択できるのは「オリジナルフェイス×2」か「オリジナルフェイス+のっぺらフェイス」の二通り。のっぺらフェイスとは、目鼻口などの印刷がない素の状態の顔のパーツのこと。アイペイントの経験があるなど、塗装の腕に自信のある方はこちらを選んでみてもいいでしょう。筆者はひとまずオリジナルフェイスを2個制作するコースで注文してみました。


続いて、ギャラリーへの掲載可否を選択します。ここで「掲載可」を選ぶと、公式サイト内のギャラリー「みんなのフェイス」へ掲載されることがあるそうです。このギャラリーではサイト運営側がピックアップした作成例が掲載されているので、オリジナルフェイス作成の参考にしてみるのもいいでしょう。

◆いよいよオリジナルフェイス作成



そして「フェイス作成画面」に移行。いよいよオリジナルフェイスをデザインしていきます。

このフェイスメーカーでは、目や鼻、口など顔のパーツごとに細かく形や色などが指定できます。目は左右別々に設定することもでき、大きさや角度なども自由自在となっています。気分としてはNintendo Switchや3DSで「Mii」をデザインする感覚に似ていますね。また、「みんなのフェイス」から他ユーザーの投降したフェイスを呼び出す機能もあり、作例を下地にしてオリジナルデザインを進めるといったこともできます。


今回、筆者がお題にチョイスしたのはiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』より「シールダー/マシュ・キリエライト」です。

セットにはあらかじめ、3つの表情パーツが同梱されているほか、別売りで「マンガで分かる!Fate/Grand Order」版の表情パーツも展開されており、それなりにプレイバリューがあるマシュ。しかしながら、劇中の表情豊かな彼女を再現するとなれば、ついつい欲が出てしまうものです。


そこで今回制作したのがこちら。屈託のない満面の「笑顔」と、バトルシーンなどに使用できそうな「焦り顔」です。立ち絵を参考にしてなるべく似せてみたのですが、いかがでしょうか?筆者あまり絵心などもなくちょっと不安だったんですが、それなりに上手く行った気がするのでこのまま進めます。

◆最終チェックを忘れずに



ここで、作成したオリジナルフェイスを最終確認します。修正したい箇所があるならば「再編集」をクリック。これでOKならば「カートに入れて注文する」をクリックするとお支払画面に移行します。


ここでは、通常のレジでクレジットカードや電子マネー決済ができるほか、Amazonアカウントと連携しているとAmazon.co.jp経由で代金を支払うこともできます。


決済を終えると、これで注文完了。あとはオリジナルフェイスのお届けを待つのみです。発注からお届けまでには2週間ほど要するとのことです(筆者が注文したタイミングは夏季休業中だったのでもう暫くかかりました)。

◆商品が到着!


そんなこんなで、無事に注文したオリジナルフェイスが到着しました。シンプルな包装ですが緩衝材もきちんとしており、しっかりとパッケージングされていました。内容物はこの通り、オリジナルフェイスと説明書のみとこちらも実にシンプルです。


オリジナルフェイスパーツの質感はしっかりと「ねんどろいど」のそれ。表情の印刷も非常に高精度に施されていることが窺えます。

オリジナルフェイスは、共通の「のっぺらフェイス」に注文した表情が印刷されているといった感じで、口など顔の部位に合わせた立体的な造形があるわけではありません。しかし、簡単に別表情を演出する程度なら雰囲気は十分なのではないでしょうか。

◆「ねんどろいど」本体と組み合わせよう


ではさっそく、本体と合体!う~ん、想像通りのクオリティです。『Fate/Grand Order』の劇中立ち絵をイメージして注文しただけに、実にマシュってます。


当然ながら、この通りのマッチング。本来付属していた表情パーツも組み合わせて様々な場面を演出できそうです。


もちろん、「ねんどろいど」共通のパーツなので他の本体と組み合わせる、といった遊びも自由自在ダヨー。

◆お手軽&お安い画期的サービス


「ねんどろいど」は、豊富に付属しているパーツを組み替えて楽しむのも本来の遊び方の一つ。そのための交換用パーツが、こうして手軽に注文できるというのは嬉しいですね。しかもフェイスパーツはシリーズ共通の形状ということで、想定していた本体以外とも自在に交換することが可能。ものによっては意外な組み合わせを楽しむことも出来そうです。


これまで、アイペイントといった塗装技術などに自信のあるユーザーに限られた「ねんどろいど」オリジナル表情パーツの作成。それが、誰でも、気軽に、しかも安価に注文できるという画期的なサービスとなっています。「ねんどろいど」のヘビーユーザーはもちろん、こんな場面を再現したかったけど表情が足りないから……など二の足を踏んでいた方も是非利用してみてはいかがでしょうか。オススメです!

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net ALL RIGHTS RESERVED.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『デレマス』城ヶ崎美嘉が60cm大の“スマートドール”で初お披露目!

    『デレマス』城ヶ崎美嘉が60cm大の“スマートドール”で初お披露目!

  2. 「ゾイドワイルド」ついに発売!リアルムービングキットの第1弾をさっそく「復元」してみた【特集】

    「ゾイドワイルド」ついに発売!リアルムービングキットの第1弾をさっそく「復元」してみた【特集】

  3. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

    「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  4. 60cm大ドール“ドルフィードリーム”で『デレマス』の「高垣楓」が登場!

  5. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  6. 会場で「NEOGEO mini」を発見!気になるサイズや操作性をチェック【E3 2018】

  7. 収録タイトルも判明!「NEOGEO mini」は今夏発売予定―100メガショックを手のひらに

  8. 【昨日のまとめ】「NEOGEO mini」7月24日に発売決定―周辺機器は売り切れ続出、『スマブラSP』約10年ぶりの参戦となる「アイスクライマー」の勇姿を映像で紹介…など(6/22)

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】友達が一緒に基本無料ゲームを遊んでくれない

  10. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る