人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け
  • 【レポート】レベルファイブとDMM GAMESがガッチリ握手!『装甲娘』発表会の様子をお届け

9月29日、横浜のDMM VRシアターにて行われた『装甲娘』の新作発表会に参加してきました。レベルファイブとDMM GAMESがタッグを組んで新作ゲームを出すということで、来場者は興味津々。そんな発表会の様子をお届けします。


発表会にはまず、DMM GAMESの代表である片岸憲一氏が登壇。片岸氏は冒頭、「多数の国民的IPを保有しているレベルファイブ様と、男性ユーザーを中心としたDMM GAMESという、意外性のあるタッグで、市場にインパクトを与えていければ」と挨拶し、『装甲娘』というタイトルを発表しました。

【関連リンク】
レベルファイブ×DMM GAMESで贈る『装甲娘』発表!美少女たちが『ダンボール戦機』のLBXをまとう!?
https://www.inside-games.jp/article/2017/09/29/110051.html


続いて片桐氏と入れ替わる形で、レベルファイブの代表取締役社長である日野晃博氏が登壇します。その際、両者がステージ中央でガッチリ握手を組み交わすシーンが、非常に印象的な瞬間でした。



日野氏はDMM GAMESについて、「『艦隊これくしょん』や『刀剣乱舞』といった作品でユーザー層を拡大している、勢いのあるプラットフォーム」であるという認識を示し、そんなDMM GAMESから今回の話を受けたことに「大変驚いた」としながらも、「レベルファイブだけでは想像することができなかった、まったく新しいアクションやアプローチを起こせるのではないか」と考えたそうです。

またDMM GAMESに対しても「レベルファイブが保有している、若年層ユーザーとの接点を作ることができる」とし、「双方にとってWinWinの座組になるのではないか」と語りました。



その後、日野氏によって『装甲娘』に登場するキャラクター、“アキレス”が紹介されました。もともとアキレスは、『装甲娘』の原作にあたる「ダンボール戦機」にて、主人公が乗り込む“LBX”として登場する機体。アキレスの特徴である赤いトサカはポニーテールにて表現されていたり、青と白を基調とした鎧が継承されていたりと、しっかりと「ダンボール戦機」らしさが残るデザインになっていることが分かります。

なお、後の質疑応答にて明らかになるのですが、『装甲娘』のキャラクターたちはLBXの擬人化ではなく、LBXのパーツを装着した女の子という設定のようです。

さらに片桐氏より、『装甲娘』のメディアミックス展開に関する説明が行われました。「コロコロアニキ」でのコミックス展開や、KOTOBUKIYAによるフィギュア展開、DMM picturesによるアニメ制作など、様々な分野で広がっていくことが紹介されます。



ここでいったん、片桐氏と日野氏が降壇。本作のプロデューサーであるDMM GAMESの斎藤祐士氏が、気になるゲームの内容について語ります。


斎藤氏は『装甲娘』のコンセプトを「ダンボール戦機」への新たな挑戦とし、今も多くのファンに愛される「ダンボール戦機」をDMM GAMESがどう手がけるのか、試行錯誤を重ねたそうです。




世界観のキーワードは「荒廃した街並み」と「二つの太陽」。本作のストーリーは、そんなパラレルワールドに転移してしまった少女たちが、必死に生き残りながら現代に帰る術を探す、成長の物語だと紹介しました。

キャラクターに関しても、冒頭に紹介された“アキレス”をはじめ、“ジ・エンペラー”、“ジョーカー”、“クノイチ”、”ハンター”のビジュアルが公開されました。ほかにも、「ダンボール戦機」を知っている方であれば「えっ!?」と驚くようなLBXも用意しており、続報を期待してほしいとしています。


また、斎藤氏はDMM GAMESとして挑むべき事柄として、キャラクターの露出が上がる装甲破損イラストをあげました。こちらは「後ほど日野社長にお叱りをうけてしまうかもしれませんが」と前置きしつつも、「DMMがやるからには、攻めさせて頂きたい」とし、一例としてアキレスの装甲破損イラストを公開しました。



『装甲娘』はDMM PCブラウザ版が今冬リリース予定、iOS/Android用アプリが来春リリース予定。基本プレイ無料(ゲーム内課金有)です。また、9月29日の17時より、DMM PCブラウザ版の事前登録がスタートしています。

■事前登録ページ
http://www.dmm.com/netgame/feature/soukou.html

■公式Twitter
https://twitter.com/soukou_official




https://youtu.be/E_eFLDMS060

(C)DMM GAMES / LEVEL-5 Inc.
《ねんね太郎》

編集部おすすめの記事

特集

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『Cuphead』海外ファンメイドアニメーションが登場―ブラックユーモア満載……

    『Cuphead』海外ファンメイドアニメーションが登場―ブラックユーモア満載……

  2. 【G-STAR 2017】e-Sports先進国韓国の巨大トーナメント「WEGL」、その全貌に迫る…!Actoz Soft ブースレポ

    【G-STAR 2017】e-Sports先進国韓国の巨大トーナメント「WEGL」、その全貌に迫る…!Actoz Soft ブースレポ

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. 国産ターン制SLG『TINY METAL』は、あの名作の“精神的続編”目指す

  5. 『うみねこのなく頃に』スピンオフ格闘『黄金夢想曲CROSS』Steam版発売日決定!―Steam版はロビーマッチにも新対応

  6. 深層Webで謎のホラーゲーム『Sad Satan』が発見される…作者や制作意図は一切不明

  7. 初代『ウォッチドッグス』のPC版が期間限定無料配布

  8. 【G-STAR 2017】農業、クラフト、テイム…マレーシア発のJRPG系ゲーム『Re:Legend』開発者に突撃!

  9. レベルファイブ×DMM GAMESで贈る『装甲娘』発表!美少女たちが『ダンボール戦機』のLBXをまとう!?

  10. 1人称SFサバイバルホラー『Hollow』Steam配信―宇宙船で起きた奇怪な事件を解き明かす

アクセスランキングをもっと見る