人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

その他 全般

【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”
  • 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

インティ・クリエイツは、「東京ゲームショウ2017」にて、発表されたばかりのシリーズ最新作『ぎゃる☆がん2』のスペシャルイベントを、全日に渡って実施。そこでいち早く、21日の初回ステージをチェックしたので、その模様をこちらでお届けします。


まずは、あやまんJAPANの「サムギョプサル和田」さんがMCとしてステージに登場。同社の代表作として根強い人気と高い注目を集める『ぎゃる☆がん』シリーズについて、制服に身を包んだ姿で紹介しました。

2011年に華麗なデビューを果たした1作目『ぎゃる☆がん』は、とある「不幸な事故」に遭い、一日限りで超絶モテ男になってしまった主人公が、次々と言い寄ってくる女の子たちを眼力(通称「フェロモンショット」)で昇天させ、意中のヒロインと結ばれるべく校内中を駆け巡ります。


ゲームのジャンルはいわゆる「ガンシューティング」に当たりますが、主人公の特徴を踏まえ、「眼(ガン)シューティングゲーム」と呼ばれています。そして、ガンシューティングなのに誰も死なず傷つけずという、異色の1作としてその名を馳せました。

そんな本作はリリース直後からファンに支持され、2015年にシリーズ2作目の『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』を発売。北米・ヨーロッパといった海外展開も実現させ、活躍の場を広げていきます。さらに今年8月には、VR専用ソフト『ぎゃる☆がんVR』を前触れなくリリースさせてファンを驚かせましたが、今年のTGS直前に『ぎゃる☆がん2』を発表。同社による嬉しいサプライズが続きました。

シリーズの歩みを紐解いた後は、ゲームファンから関心を集めている『ぎゃる☆がん2』を紹介。シリーズ4作目にして初のナンバリングタイトルとなった本作のゲームシステムや概要などが明かされました。


天使「りーす」から悪魔退治の手伝いを頼まれるという形で、本作の物語は幕開け。気になる新ヒロインは、主人公の隣家に住む引きこもりの少女「ちる」と、幼馴染の「なな子」。また、前作『だぶるぴーす』にも登場した、悪魔なのにどこか憎めない少女「くろな」も登場する模様。シリーズファンには見逃せない展開です。

そしてゲーム面では、「時間」の概念と「悪魔撃退ポイント」の導入が大きな特徴とのこと。「くろな」のいたずらに困っている女子生徒からヘルプの依頼をもらい、それをこなしていく事で日々が経過していきます。その道中で「悪魔撃退ポイント」を集めと、女子生徒から新たな依頼をもらったり、時にはヒロインとのストーリーが進展します。

この「悪魔撃退ポイント」をゲットするために欠かせないのが、悪魔を吸い込むガジェット「デビルスイーパー」です。女の子にくっついた悪魔「ミニくろな」をフェロモンショットで引き剥がし、「デビルスイーパー」で吸い込んでポイントを稼ぐ。全ては、女子生徒を助け、ひいてはヒロインとの物語を進めるために必要な行為なのです。


ちなみに、吸い込む時に気流の影響でスカートがめくれてしまうことがあります。ですがそれは、あくまで「偶然」の産物。目的は前述の通り、悪魔を撃退することです。そこはとても重要なポイントなので、サムギョプサル和田さんも繰り返し念を押し、観覧者に呼びかけます。

MC「スカートがめくれてしまうのは?」
観覧者「偶然!」


認識が無事に満場一致をみたことで、この「デビルスイーパー」を現実化するという驚きのイベントをステージ上にて実施。あやまんJAPANのメンバーである「かおりん」と「ちぁい」さんが、桜咲第三高等学校の制服に身を包んだ姿で登場します。



しかし、彼女たちの様子はどこかおかしげで落ち着きません。というのも、かおりんの足元からは終始激しい風が吹き上げており、懸命にスカートを抑えています。またちぁいさんが立つ台は回転し続けており、正面を向き続けるだけでも一苦労です。



そんな2人の制服に、スタッフが「悪魔なシール」をぺたぺたと貼り付け。『ぎゃる☆がん2』のゲーム内に盛り込まれている「悪魔を引き剥がす」というアクションを、このステージの上で実際に再現する「リアルぎゃるがんゲーム」を行うと、サムギョプサル和田さんが高らかに宣言します。

これまで、2次元の美少女たちを魅力的に描き、さらにVRという表現も実現させた『ぎゃる☆がん』シリーズ。そして今回のTGSでは、とうとう『ぎゃる☆がん』をリアル世界に展開しました。いえ、ここは敢えて「やってしまいました!」と言いたい!


悪魔を追い払べく立候補した観覧者もとい勇者たちに手渡されたのは、業務用ブロワー。そのゴツさが本気度合いを伺わせます。勇者たちはそれぞれ、かおりんとちぁいさんに取り付いた悪魔に向き合い、相手よりも先に駆逐すべく業務用レベルの風を送ります。その風の威力たるや、悪魔もたらまず吹き飛ぶほど。また、あくまで「不可抗力」でスカートもめくれてしまう結果に。ここで重ねて記しておきますが、この現象はあくまで「偶然」です!



ブロワーの風+足元の風で、悪魔とスカートが翻るかおりん。くるくる回転しながら、四方八方に悪魔とスカートが乱れ舞うちぁいさん。偶然という摂理に彩られたステージは、少年心を刺激する大人の社交場、という不可思議な空間を顕在化させました。リアルも捨てたモンじゃない……! ちなみに今回掲載した画像ですが、まさにジャストな位置にサムギョプサル和田さんの後頭部が写り込んでいるのも、完全に「偶然」の産物です。偶然って怖い。


こうして行われた前代未聞の対決は、かおりん側の悪魔を先に吹き飛ばした勇者が勝利。いずれ劣らぬ激戦は、まさに観覧者の記憶に残る一戦でした。ですが、これで終わらないのが「リアルぎゃるがんゲーム」の素晴らし…もとい、恐ろしいところ。勝敗に関わらず、勇敢な意思を示した勇者2人に、かおりんとちぁいさんからご褒美が贈られました。下記の三択で。

1:女の子からビンタ
2:女の子に見つめられる
3:女の子に踏まれる



いずれも、さすが『ぎゃる☆がん』といったご褒美ばかり。よく分かっています。勝利した勇者はビンタを、そして負けた勇者は踏んでもらうという「ご褒美」を賜り、貴重な経験を得てステージを降りました。憶測ですが、きっとかなりレベルアップしたことでしょう。これで世界も安泰です。

しかもこのリアルゲーム、ステージイベントごとに2回ずつ行う模様。もちろん今回も2回めが実施され、新たな勇者2名も無事大役を果たします。ちなみにご褒美は、またしてもビンタと踏まれるをそれぞれ選択。誰も「見つめられる」を選ばないあたり、勇者たちも分かっている方々ばかりです。



刺激的、という言葉だけではとうてい説明しきれない『ぎゃる☆がん2』スペシャルイベント。まったくの憶測ですが、東京ゲームショウが閉幕するまでイベントを実施し続けていられるかどうか、自信が持てません。『ぎゃる☆がん』好きはもちろん、「いっそおバカなら突き抜けてる方がいい!」という嗜好のお方は、「大人の事情」が訪れる前にインティ・クリエイツブースへ足を運びましょう。


※本記事はイベントの実施を保証するものではありません。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

    『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

  2. ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

    ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは、「どうぶつの森 Direct」10月25日の昼12時から、スイッチ『真・女神転生V』発表…など(10/23)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは、「どうぶつの森 Direct」10月25日の昼12時から、スイッチ『真・女神転生V』発表…など(10/23)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

  6. 【JAEPO2017】弱エルの「ナイちん!」が炸裂!2D格闘ゲー『ミリオンアーサー アルカナブラッド』プレイレポ

  7. 「2017年サンリオキャラクター大賞」コラボ部門に『どうぶつの森』がエントリー!

  8. 【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

  9. AC向け『ミリオンアーサー アルカナブラッド』11月21日に稼働開始─疾走感溢れるOP映像でテンションMAX!

  10. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

アクセスランキングをもっと見る