人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

モバイル・スマートフォン iPhone

『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場
  • 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

本日7月23日より、iOS/Androidアプリ『Pokemon GO』にて、“伝説のポケモン”が登場するようになりました。

“伝説のポケモン”とは、第一作目『ポケットモンスター 赤・緑』からこれまでに発売されてきた『ポケットモンスター』シリーズに登場してきた、なかなか出会うことのできない、特別なポケモンのこと。「ミュウツー」や「ルギア」など、映画で活躍をした“伝説のポケモン”もおり、『ポケモン』ファンにとってお馴染みであると同時に、憧れの存在でもあります。


今回、本作に登場する“伝説のポケモン”は、「ルギア」と「フリーザー」の2匹。 また、「ファイヤー」と「サンダー」も、近日登場する予定とのこと。この機会に、それぞれの伝説のポケモンをゲットして仲間にしましょう。

◆“伝説のポケモン”をゲットするために、みんなで協力! レイドバトルに挑もう!



伝説のポケモンは、「レイドバトル」という特別なバトルで倒すと、捕まえるチャンスを得ることができます。レイドバトルとは、複数のプレイヤーが協力して、ジムに襲来した「ボスポケモン」と呼ばれる強力なポケモンに挑む協力プレイです。期間中には、このジムに出現するボスポケモンとして、伝説のポケモンも登場するようになります。

レイドバトルが開始する前には、ジムに巨大なタマゴが出現します。このタマゴの色が黒く輝いていたら、それは伝説のポケモンが登場する「伝説のタマゴ」 のしるしです。ジムの上に黒く輝くタマゴを見つけたら、お友達を誘ってぜひ挑戦をしてみましょう。

なお、7月23日(日)現在では、伝説のポケモンは、タマゴから出現するのではなく、直接ジムに現れる仕様になっています。これは一時的な緊急対応となり、今後は伝説のポケモンが黒いタマゴから出るように調整が行われる見込みとのことです。


レイドバトルは、トレーナーレベル5以上のプレイヤーが参加することができ、一度に最大で20名のプレイヤーが同時に挑むことができます。もしも自分のポケモンが弱くても、強いプレイヤーと一緒に挑むことにより、とてつもなく強い伝説のポケモンを倒し、捕まえて仲間にすることができるかもしれません。全てのポケモントレーナーに、伝説のポケモンをゲットするチャンスがあるのです。

◆レイドバトルの楽しみ方



【参加方法】
■レイドバトルの発生と始まり
「レイドバトル」が開始する前には、始まりの合図として、ジムに巨大なタマゴが出現します。そのタマゴの上にはカウントダウンタイマーが表示されており、タイマーがゼロになると、光とともに強力なボスポケモンがジムの上に現れてレイドバトルが始まります。レイドバトルが始まると、ボスポケモンの上にタイマーが表示され、その時間内はバトルに参加できるようになっています。

■参加に必要な道具
レイドバトルに参加するためには、「レイドパス」が必要です。レイドパスは、ジムを訪れると1日1枚手に入り、1枚だけ持っておくことができます。ゲーム内のショップでは、ポケコインと交換して「プレミアムレイドパス」を手に入れることができます。「プレミアムレイドパス」は複数枚持っておくことが可能です。1日に何度もレイドバトルに参加したい人にはオススメです。

■レイドバトルへの参加
レイドパスを使って「バトル」ボタンを押すと準備画面になるので、ボスポケモンに対して有利に戦えるポケモンを準備時間内に選びましょう。準備時間が終了すると、いよいよボスポケモンとのバトルがスタートします。



※画面は開発中のものです。本番のパラメータとは異なる場合がございます。

◆ルール



レイドバトルには、制限時間があります。その時間内に強力なボスポケモンのHPを0にすることができれば勝利となります。もちろん、ボスポケモンもトレーナーたちを攻撃してきます。自分のポケモンがやられてしまうこともありますが、その時には別のポケモンを繰り出して、力の限り戦いましょう。ただし、その間も制限時間は過ぎていきます。

制限時間内にボスポケモンのHPを0にできなかった場合は、敗北となります。負けてしまった場合でも、ボスポケモンの上のタイマーがゼロになっていなければ、再度挑戦することができます。

※画面は開発中のものです。本番のパラメータとは異なる場合がございます。

◆勝利するともらえるもの



みごとボスポケモンに勝利すれば、レイドバトルに参加した全てのプレイヤーに、ボスポケモンを捕まえるための特別なモンスターボール「プレミアボール」が数個与えられま す。このプレミアボールをボスポケモンに投げ、みごと捕まえることに成功すれば、ボスポケモンを仲間にすることができます。

さらに、どんなポケモンのアメにも変えることができる「ふしぎなアメ」、ポケモンがさらに捕まえやすくなる「きんのズリのみ」、ポケモンが別の技を覚え直すことができるようになる「わざマシン」等の、とても便利な道具が手に入ることもあります。


伝説のポケモンも、通常のボスポケモンと同じように、勝利した後はプレミアボールを投げて捕まえることができます。捕まえた伝説のポケモンは、自分のポケモンとしてレイドバトルやジムバトルで活躍させることができますが、ジムに配置することはできません。

伝説のポケモンはとても強力なポケモンで、倒すためには皆で協力することが不可欠です。周りのトレーナーみんなに声をかけて、伝説のポケモンに挑みましょう!

◆伝説のポケモンに挑む、プロモーションムービー公開中!


先日、伝説のポケモンと『Pokemon GO』のプレイヤーたちの壮大なレイドバトルを描く、新たなプロモーションムービー「Adventure Together! 伝説のポケモンに挑め!」 が公開されました。

この映像では、『Pokemon GO』のプレイヤーたちが協力して、とてつもなく強力な伝説のポケモンとのレイドバトルに挑み、勝利し、ゲットする姿が描かれます。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=EchmU8J7pT0


(C)2017 Niantic, Inc.
(C)2017 Pokemon. (C)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)ピカチュウプロジェクト1998
Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)ピカチュウプロジェクト1999
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

    『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  2. 『FGO』「シグルド」(セイバー)と「ワルキューレ」(ランサー)が新たに参戦!

    『FGO』「シグルド」(セイバー)と「ワルキューレ」(ランサー)が新たに参戦!

  3. Google Playストア発生の障害が解消―購入データが反映されない場合は「払い戻し」を

    Google Playストア発生の障害が解消―購入データが反映されない場合は「払い戻し」を

  4. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  5. 『バンドリ!』×『ペルソナ5』カバー「Life Will Change」の一部プレイ動画を先行公開!7月20日追加予定

  6. 『世紀末デイズ』の紹介PVが公開!ボイスを担当する古川慎さんと上坂すみれさんのメッセージもお届け

  7. 『オルサガ』×「進撃の巨人」コラボはいよいよ第3部に-UR「エルヴィン」を手に入れよう!

  8. 『サカつくRTW』★3「デキャン」監督ら4名を追加―コンボ発動で全選手を強化!

  9. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  10. 『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

アクセスランキングをもっと見る