人生にゲームをプラスするメディア

漫画「ムシブギョー」新キャラのデザイン変更について、酷似性を指摘した海外ゲームメーカーがコメント

一連の流れや少年サンデー編集部の発表を受け、Wave-Gamesの金傑氏からコメントをいただいたので、こちらで全文を紹介させていただきます。

モバイル・スマートフォン iPhone
漫画「ムシブギョー」新キャラのデザイン変更について、酷似性を指摘した海外ゲームメーカーがコメント
  • 漫画「ムシブギョー」新キャラのデザイン変更について、酷似性を指摘した海外ゲームメーカーがコメント
開発チーム「MICA-team」と独占ライセンス契約を締結した中国のゲームメーカーWave-Gamesが、日本に向けて今夏配信を予定している『少女前線』。本作は「自律型少女人形兵器」を収集・育成・編成して敵に立ち向かう、スマートフォン向けの戦略育成シミューレーションゲームです。

2015年7月に新しく設立されたWave-Gamesは、日本のアニメ文化などの影響を受けた面々が主要メンバーを務めているというゲーム会社。そのため、日本のユーザーにとっても親和性の高いデザインや演出が盛り込まれており、プロジェクトが本格始動している『少女前線』に対する関心も国内で徐々に高まりつつあります。

キャラクターボイスには、堀江由衣さんや茅野愛衣さん、戸松遥さんなどの人気声優を起用し、日本人イラストレーターもキャラデザインとして参加。魅力溢れる「自律型少女人形兵器」たちが早くも、公式Twitterを中心に次々とお披露目されています。


この「自律型少女人形兵器」のひとり“モーゼルKar98K”というキャラクターのデザインと、少年サンデーで連載中の人気漫画「常住戦陣!!ムシブギョー」に登場した新たなキャラ“壱与”のデザインが酷似しているのでは、との話題が以前より持ち上がっており、ネット上を騒がせていました。
詳しい経緯や現状などは先日紹介させていただきましたが、改めてまとめると、まずは両キャラクターデザインの酷似性を指摘する画像が公開。その真偽がネットの各所で問われていましたが、「常住戦陣!!ムシブギョー」“壱与”のデザインを変更すると少年サンデー編集部が公式Twitterアカウントで発表。現時点で判明している公開時期としては「常住戦陣!!ムシブギョー」が後発となるため、大きな問題へと発展しないよう早急に動いた形と言えます。



ですがその発表の際、「タイトルすら聞いたことがない海外ゲーム」との言い回しを行い、この表現が不適切なのではないかとの反響が寄せられています。「常住戦陣!!ムシブギョー」作者・福田宏氏が『少女前線』をまったく知らなかった、という点を強調するための編集部側の言い回しかと思われますが、もっと穏当な表現があったのではとの声もあり、酷似性とは別の角度でも注目を集める結果となりました。

この一連の流れや少年サンデー編集部の発表を受け、Wave-Gamesの金傑氏からコメントをいただいたので、こちらで全文を紹介させていただきます。

■Wave-Games 金傑氏 コメント(原文ママ)
初めまして、Wave-Gamesの金傑です。日本語が下手ですいません。

最初は私個人のことから話しましょう。幼い頃から日本のアニメ、マンガ、ゲームの影響を受けて、日本文化に憧れていた。高校のときは日本語を独学し始めて、いつか日本を見てみたいという気持ちを胸に秘めていた。高校卒業後、両親の許可を得て、一人で日本に来ました。2009年3月30日から2014年9月30日までは日本で生活していました。

学業を終えても好きなアニメ、マンガ、ゲームの仕事に携わりたいという気持ちを殺すことができませんでした。結局ゲーム会社に就職しました。そしていつか自分が大好きなスパロボシリーズのプロデューサーである寺田貴信さんのように、面白いコンテンツを人々に与えたいと思っています。

もちろん私個人だけではなく、Wave-Gameの運営スタッフ及び『少女前線』の開発元であるMica Teamのスタッフも私と同じく、堀井雄二さん、坂口博信さん、小島秀夫さん、及びに昨年亡くなられた岩田聡さんなど多くのクリエイターを目指し、日々夢を語り合いながら自分たちが面白いと思うゲームコンテンツを作っています。尊敬しているクリエイターたちに一歩でも近づけたらいいと思っています。

今回の件に関しては、弊社内部も同じものを参考したではないかと思いましたが、服装のデザインが完全に一致しているから、偶然にしては偶然すぎるかと思います。また、イラスト担当のsamail先生に確認したところでは、先生による完全にオリジナルのキャラクターデザインと確信しました。

サンデー編集部に問い合わせた結果は今回の件が否定されました。私たちはただ公式の謝罪が欲しかったです・・・。そして今回サンデー編集部がツイッターでの発言について、非常に残念と思います。福田宏先生は『この世界に「YAIBA」、「うしおととら」、そして「週刊少年サンデー」があったから』というきっかけで漫画家を目指したから。私たちも同じく、日本の素晴らしいアニメ、マンガ、ゲームというコンテンツがあったから、私達がいます。

本タイトルは日本ではまだ無名な作品ですが、日本のイラストレーターさんや声優さんが参加しています。「タイトルすら聞いたことがない海外のゲーム」という発言は彼らに対する侮辱にも聞こえました。そして、公式ツイッターをフォロワーしてくださった8000人近くのファンに対しても非常に失礼かと思います。サンデー編集部には本作に参加しているイラストレーターさんと声優さんに謝罪してほしいです。

私たちは日本の「匠の精神」を持って、自分たちが思う最高のコンテンツを日本のみんなさんにお届けしたいと思います。最後に、本タイトルに参加しているイラストレーターさん、声優さんに感謝いたします。本当にありがとうございました。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

    にじさんじの「英雄」「魔法使い」が沈黙を破る“異世界での過去”とは?―パズルRPG『エレスト』5周年インタビュー

  2. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

    『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  3. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

    『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  4. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  5. 『FGO』第1部を改めて振り返ろう~特異点F・冬木の巻~【特集】

  6. 『ロマサガRS』高難易度クエストに一度は挫折した筆者が送る、抑えておきたい育成方法─まずは戦闘力22,000以上を目指そう

  7. 『FGO』第2部の前にストーリーを振り返ろう~第六特異点キャメロットの巻~【特集】

  8. ラブライブ!新作スマホアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』ー作戦がライブ成功の鍵を握る!

  9. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

  10. 『プリコネR』前作『プリコネ』の全メインストーリーがYouTubeで公開!これを見れば本作を更に楽しめること間違いなし

アクセスランキングをもっと見る