人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『ゼルダの伝説 BotW』ここ絶対コログ族いるよ!「#BotWっぽい景色」で集まったハイラルな景色をご紹介(前編)

今年の3月にリリースされた、ニンテンドースイッチ/Wii Uソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。自由度の高いゲーム性はもちろん、世界を描く美しい描写の数々でも高い注目を集めました。

任天堂 Nintendo Switch
【特集】『ゼルダの伝説 BotW』ここ絶対コログ族いるよ!「#BotWっぽい景色」で集まったハイラルな景色をご紹介(前編)
  • 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』ここ絶対コログ族いるよ!「#BotWっぽい景色」で集まったハイラルな景色をご紹介(前編)
  • 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』ここ絶対コログ族いるよ!「#BotWっぽい景色」で集まったハイラルな景色をご紹介(前編)

今年の3月にリリースされた、ニンテンドースイッチ/Wii Uソフト『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。自由度の高いゲーム性はもちろん、世界を描く美しい描写の数々でも高い注目を集めました。

『ゼルダの伝説 BotW』には、ハイラル城を中心に、暑さ厳しいデスマウンテン、万年雪に覆われているラネール山、生命力に溢れる木々や海原を臨むフェローネ地方など、それぞれ異なる特徴を持つ気候・環境の土地が広がっており、つい時間を忘れて見入ってしまうことも。

そんな「ハイラルな景色」を現実世界で探してみた、「『ゼルダの伝説 BotW』のような美しい風景を求めて! 支笏湖にハイラルの面影を見る(北海道編)」を、以前公開させていただきました。その記事の中で、読者の方々が推薦したい『ゼルダの伝説 BotW』っぽい風景を、ハッシュタグ「#BotWっぽい景色」で募集したところ、沢山のご投稿をいただきました。実に多くの景色を寄せていただいたので、今回はその一部を前後編という形でご紹介します。


クロイダ高地からの眺め、実に見応があります。下に見えるのはトヒキ池でしょうか。雪深いヘブラ山の探索では、スノーブーツのお世話になりました。力の泉の祠チャレンジは、かなり手こずった筆者です……。カカリコ村ののどかな感じも素敵ですね。


ここ、絶対コログ族いる! お供えを置く系ですね、きっと。ちなみにこちらの場所は、群馬県藤岡市の竹沼貯水池とのこと。付近にある七輿山古墳にも石仏群があるそうなので、興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。コログ族に会えた方はぜひご報告を!


こちらはおそらく、カカリコ村の入り口あたりですね。まさか江ノ島にカカリコ村があったとは……盲点です。そういえば、カカリコ村にもコログ族が結構いましたね。お面に頼ってなんとか見つけました。


もしかして、この奥には大妖精の泉があるのでは。そんな気持ちにさせるこちらの風景も、記憶に残る美しさです。『ゼルダの伝説 BotW』は日の光も印象的ですが、その一瞬を思い出させてくれます。


こんな目印に導かれ、森をぐるぐる回ったものです。やはりこの世界にも、コログ族は数多く潜んでいそうですね。4枚目の新種はまだ未登録なので、ちょっと撮らせてください! ついつい、ベストショットを求めて何枚も撮ってしまうタイプの筆者です。ヘイゲンギツネを何度撮れば気が済むんだ、私は……。


こちらは、ウオトリー村の近くか、はたまたアライソ海岸の周辺か。遠くに見えるのは、サイハテノ島? 2枚目は、奥に進むと祠がありそうな予感。次回以降はワープで行きたいものですね。


マックストリュフにはよく助けてもらいました! 効果の割に見つけやすいので、ちょこちょこ集めていましたが、確かにここにもありそうです。もし見つけたら、美味しく料理してくださいね。ただし、森オクタなどにはご注意を!


どう考えてもコログ族がいます。輪っかをくぐりに行く系かもしれません。今回紹介した場所だけで、武器スロットがひとつくらい増えるかも。

今回は、8名の方々の投稿を紹介させていただきました。いずれも『ゼルダの伝説 BotW』の様々なシーンを彷彿とさせ、魅力溢れるものばかりでした。ありがとうございます! 後編も公開予定なので、よければそちらもお楽しみに。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  3. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  4. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  10. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

アクセスランキングをもっと見る