人生にゲームをプラスするメディア

『二ノ国II レヴァナントキングダム』日野晃博氏による海外インタビュー映像!―オンライン要素の搭載が明らかに

『二ノ国II レヴァナントキングダム』の海外販売を行うバンダイナムコエンターテイメントは、本作に関する映像を海外向けに公開しました。

ソニー PS4
『二ノ国II レヴァナントキングダム』日野晃博氏による海外インタビュー映像!―オンライン要素の搭載が明らかに
  • 『二ノ国II レヴァナントキングダム』日野晃博氏による海外インタビュー映像!―オンライン要素の搭載が明らかに
  • 『二ノ国II レヴァナントキングダム』日野晃博氏による海外インタビュー映像!―オンライン要素の搭載が明らかに
  • 『二ノ国II レヴァナントキングダム』日野晃博氏による海外インタビュー映像!―オンライン要素の搭載が明らかに

YouTube:https://youtu.be/vWXNgqL-t8g

二ノ国II レヴァナントキングダム』の海外販売を行うバンダイナムコエンターテイメントは、本作に関する映像を海外向けに公開しました。

この映像には、本作のジェネラルディレクターであり、レベルファイブの代表取締役社長である日野晃博氏が、本作のディティールについて語っている様子が収められています。


同氏によると、本作には、主人公「エバン」が二ノ国の世界をひとつにするために色々な国と戦い、自身の王都を成長させていく様子が描かれているそうです。エバンは、二ノ国の冒険を通じて様々な人達と出会い、そして5つの国が抱える問題を解決しながら、その国の王から“大切な何か”を学んで、王たる自覚を徐々に持っていく事になります。本作の物語は前作とは違うものの、前作を知っていると楽しめる要素があるそうです。ただし、本作と前作はそれぞれに独立しているので、前作をプレイしていなくても問題なく楽しめるとのこと。なお、前作のキャラクターが登場するか否かは今回も「秘密」としています。


本作では、基本的なRPGシステムに加えて、自分の国を作るために人材や施設を揃えていくシステムが搭載されているのだとか。映像には、そのシステムと関連性がありそうなリアルタイムストラテジーのような画面がありました。


またバトルでは、前作よりエフェクトなどが派手に演出され、キャラクターのモーションを含めたアクションシーンが“エキサイティング”になったそうです。戦闘システムも戦略面が強化され、戦闘時に操作するキャラクターを切り替えたり、「フニャ」というサポートキャラクターのスキルでボスモンスターの動きを止めるといった事が出来るのだとか。さらに、本作にオンライン要素が搭載されている事が明らかになりました。その詳細はわかりませんが、同氏は「オンラインで色んな仕組みでプレイヤーを楽しませていく」と語っています。

レベルファイブが手掛ける『二ノ国II レヴァナントキングダム』は、2017年11月10日発売予定。価格は未定です。
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る