人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及

ニンテンドースイッチ/New 3DSソフト『ファイアーエムブレム無双』の新たなプレイ映像が、海外向けに公開されました。

任天堂 Nintendo Switch
『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及
  • 『ファイアーエムブレム無双』30分に及ぶプレイ&コメント映像公開! バトル、ストーリー、ボイスに言及

ニンテンドースイッチ/New 3DSソフト『ファイアーエムブレム無双』の新たなプレイ映像が、海外向けに公開されました。

人気シミュレーションRPG「ファイアーエムブレム」シリーズと、一騎当千の爽快感をコンセプトに進化を続ける「無双」シリーズがコラボレーションするタクティカルアクションゲーム『ファイアーエムブレム無双』が、2017年9月28日に登場します。


今回の映像には、コーエーテクモゲームスの早矢仕洋介氏に加え、インテリジェントシステムズの樋口雅大氏も登場。本作の開発の経緯を聞かれた際には、『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』がきっかけと早矢仕氏が語り、また樋口氏は「『if』の発売後に、任天堂さんを通じてお話をいただきました」と、それぞれ異なる立場から答えます。


バトルシステムの特徴としては、「ファイアーエムブレム」シリーズの3すくみを「無双」に落とし込んだと説明。武器の相性を意識して戦うことで、より爽快に戦える模様です。また、登場するキャラクターも3すくみを意識し、武器種のバランスがよくなるように作品数を厳選。そしてコーエーテクモゲームス側が登場キャラをリストアップし、どうしても追加したいキャラを任天堂側やインテリジェントシステムズ側が提案するという流れで決定したと明かしました。


ストーリーの舞台となるのは、本作オリジナルの主人公2人がいる世界。そこに、「ファイアーエムブレム」の英雄たちがやってくる形になると早矢仕氏が説明し、「しっかりとしたストーリーもあります」と、物語面にも注力しているとコメントしました。また、前回の映像で触れた「闘技場」にも触れ、それぞれの英雄たちと1対1で戦っていくようなモードになるとのことです。


ボイスを導入した理由については、早矢仕氏が「このグラフィックならフルボイスじゃないとダメだよね」と回答。またボイスの数が膨大だったため、インテリジェントシステムズのチェックも大変だったと開発上の苦労を漏らします。続いて樋口氏は、親密度が上がる「絆会話」もフルボイスだと説明し、作品の枠を超えた会話を楽しんで欲しいと話しました。


また、映像の締めくくりには、「プレイアブルキャラクターはまだまだいます」といった嬉しい一言も。今回公開された映像には、多彩なコメントのみならずプレイ映像も収録されているので、よければ映像も合わせてチェックしてみてください。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=8YT0DBRIrug

『ファイアーエムブレム無双』は2017年9月28日発売予定。価格は、以下の通りです。

●通常版/ダウンロード版
・ニンテンドースイッチ:7,800円(税抜)
・New 3DS:6,800円(税抜)

●「ファイアーエムブレム無双 プレミアムBOX」
・ニンテンドースイッチ:10,800円
・New 3DS:9,800円

●「ファイアーエムブレム無双 TREASURE BOX」
・ニンテンドースイッチ:15,800円(税抜)
・New 3DS:14,800円(税抜)

※「ファイアーエムブレム無双 TREASURE BOX」は、マイニンテンドーストア/Amazon.co.jp/GAMECITYでの限定販売です。

(C)Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
Licensed by Nintendo.
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 昔のモンスターボールには木材が多く使われ、蒸気が出ていた…!ゲームフリーク完全新作『ポケモンレジェンズ アルセウス』発表ー2022年初頭世界同時発売

    昔のモンスターボールには木材が多く使われ、蒸気が出ていた…!ゲームフリーク完全新作『ポケモンレジェンズ アルセウス』発表ー2022年初頭世界同時発売

  2. 『モンハンライズ』で復活のフルフル&新モンスター・ビシュテンゴに挑む!カムラの里も練り歩いてみました

    『モンハンライズ』で復活のフルフル&新モンスター・ビシュテンゴに挑む!カムラの里も練り歩いてみました

  3. 『あつまれ どうぶつの森』「はるのわかたけ」が島内で復活ー昨年の発売日組からは「もう1年近く遊んでいるんだなぁ」という声も

    『あつまれ どうぶつの森』「はるのわかたけ」が島内で復活ー昨年の発売日組からは「もう1年近く遊んでいるんだなぁ」という声も

  4. 23年前に発売されたゲームボーイ『ポケットカメラ』を発掘!起動するととんでもないメモリーが残っていた…

  5. 変貌した狩猟笛は『モンハンライズ』としての「ひとつの完成形」―辻本P&一瀬Dインタビュー

  6. 雛人形の“京雛”配置に「やっぱ京都の会社だね」とファンの声ー『あつまれ どうぶつの森』に「ひなまつり」アイテムが登場

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. 本日2月27日で『ポケットモンスター 赤・緑』は25周年!初代ポケモンは“ヤバい最強技”や“バグ技”だらけだった!?

  9. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  10. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

アクセスランキングをもっと見る