人生にゲームをプラスするメディア

バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

ゲームビジネス その他

バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気
  • バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気
バンダイナムコホールディングスは、平成29年3月期の決算を発表しました。

発表によると、売上高は6,200億円(前期比7.7%増)、営業利益632億円(前期比27.4%増)、経常利益632億円(前期比24.7%増)、純利益441億円(前期比
27.7%増)とのこと。セグメント別にみると、トイホビー事業が前年同期比で下回りましたが、ネットワークエンターテインメント事業および映像音楽プロデュース事業は、好調となっています。

ゲームに関連したネットワークエンターテインメント事業に注目してみると、欧米地域における家庭用ゲーム新作タイトル『DARK SOULS III』や『ドラゴンボールゼノバース2』の販売が好調に推移。スマートフォン向けとしてはワールドワイド展開している『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』などの主力タイトルが人気となったことに加え、『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』といった国内主力タイトルが人気になりました。

このほか、家庭用ゲームや業務用ゲーム機において、VRを始めとする新技術を取り入れた商品/サービスの開発に積極的に取り組んだ結果、本事業における売上高は3802億円(前期比18.5%増)、セグメント利益は442億円(前期比85.1%増)となっています。

なお、同社による平成30年3月期の連結業績予想は、売上高6,000億円(前期比3.2%減)、営業利益570億円(前期比9.9%減)、経常利益580億円(前期比8.4%減)、純利益400億円(前期比9.4%減)とのこと。これは、平成27年4月より掲げている中期計画「NEXT STAGE 挑戦・成長・進化」に伴う事業展開の強化などによるものです。
《アキナツ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  2. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  3. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

    「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  4. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  5. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  6. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  7. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る