人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!

その他 オリジナル

【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
  • 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!
■『Age of Mythology』
開発元:Ensemble Studios 開発年:2004年 機種:PC

――神話が舞台となる物珍しいRTS
紀元前の古代ローマやエジプトをテーマにした初代『Age of Empires』、中世が舞台となる『Age of Empires II』、近代が舞台となる『Age of Empires III』と、主に史実が中心となって展開された本家『AoE』シリーズ。対照的に本作『Age of Mythology』は有史以前の神話時代が舞台となる珍しいRTSです。基本は従来のシリーズと同じですが、ギリシア神話と北欧神話、そしてエジプト神話の3つから、ゼウスやポセイドン、オーディン、セトなどそれぞれの主神を選び部分が特徴的です。また拡張版ではアトランティスも登場し、クロノスといった神々も出現。現在はSteamで最新OSに対応した日本語対応の『Extended Edition』も販売されているので、現在でもプレイし易い環境が整っているといえるでしょう。

■『Company of Heroes 2』
開発元:Relic Entertainment 開発年:2013年 機種:PC

――高精細なグラフィックでも話題となったWW2RTS『CoH』の続編
ノルマンディー上陸作戦の『Company of Heroes』から東部戦線に戦いの場を移したソ連対ドイツの独ソ戦テーマの『Company of Heroes 2』。RTSジャンルでありながら、歩兵のリロードや砲弾の装填まで再現されたアニメーションは驚くほどマニアックな作り。前作では、前述のアニメーションに加え当時としては高精細な3Dモデルを用いカットシーンを描いていました。

『CoH 2』では、前作の特徴をそのままに豪雪地帯での戦闘にフォーカスした内容となり、吹雪で凍え死んでしまう兵士や凍った川や湖で湖面を破壊するとユニットごと撃破できるなど、地形や環境要素が新たに取り入れられています。独ソ戦だけでなく、米軍の「アルデンヌの戦い」をフィーチャーした『Ardennes Assault』や英軍が参加する『The British Forces』など拡張版もSteamでリリースされています。

■『Command: Modern Air / Naval Operations』
開発元:WarfareSims 開発年:2014年 機種:PC

――現用兵器を事細かくシミュレートしたRTS
故トム・クランシー氏の処女作「レッド・オクトーバーを追え!」で、小説執筆におけるアイデアの元になったと言われるストラテジーゲーム『Harpoon』。本作『Command: Modern Air / Naval Operations』はその『Harpoon』シリーズの後継を目指して開発されたタイトルです。


1945年から2020年までのありとあらゆる国家のユニットを網羅し(当然のことながら自衛隊の兵器も収録している)、搭載兵器に関しても改修された兵器ごとのパラメーターなど事細かく再現しています。プレイ画面では、世界地図をベースにユニットはアイコンで表示されるため、地味な印象を与えるかもしれませんが北朝鮮のミサイル危機を題材にした「Korean Missile Crisis」や、中国海軍との南沙諸島での戦いをテーマにした「Spratly Spat」などのDLCシナリオも充実していることが魅力です。また本作はSteamで販売されています。

次ページ:軍用訓練シムから発展したストラテジーゲームや南北戦争が舞台のものも!
Game*Spark

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』×「チキンラーメン」タイアップが決定! リヨ氏描き下ろしのオリジナルクリアファイルをゲットしよう

    『FGO』×「チキンラーメン」タイアップが決定! リヨ氏描き下ろしのオリジナルクリアファイルをゲットしよう

  2. スパイク・チュンソフトの公式サイトがリニューアル!しかし「これはまだ始まりにすぎない…?」

    スパイク・チュンソフトの公式サイトがリニューアル!しかし「これはまだ始まりにすぎない…?」

  3. チキンラーメン公式Twitterが『FGO』に熱烈アピール!─英霊“ひよこちゃん”を妄想、宝具は「すぐおいしい、すごくおいしい」(バスター)

  4. 『FGO アーケード』筐体設置予定店舗の一覧が公開―最寄りのゲーセンを今すぐチェック!

  5. “旅の思い出”を振り返る新プロジェクト「Fate/Grand Order Memories」発表─第1弾は「概念礼装画集」

  6. 【昨日のまとめ】「3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選、『FGO』シグルドとワルキューレが新参戦、『バンドリ!』「Reach Out To The Truth」を先行公開…など(7/18)

  7. サントリー公式Vtuber「燦鳥ノム」(さんとり のむ)8月デビュー決定!デザインはヤスダスズヒト氏

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る