人生にゲームをプラスするメディア

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場

任天堂 3DS

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場
  • 『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』新要素や謎めく少女「アレックス」などの続報が到着、魔神「アモン」も登場

アトラスは、3DSソフト『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』の最新情報を公開しました。

本作は、2009年10月に発売されたDSソフト『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』をベースに、遊びやすくリファイン。南極に出現した滅びの地「シュバルツバース」の真実に踏み込む物語を、新キャラクター・アレックスや新たなエンディングルートを交えて描く一作です。




イラストが存在しなかったサブキャラクターたちのイラストも、本作では新たに描き起こし。またメインストーリーはフルボイスとなり、広瀬淳さんや櫻井孝宏さん、坂本真綾さんに子安武人さんなど、実力派声優陣による演技が物語を彩ります。




また、土居政之氏による新規描き下ろし悪魔はもちろん、過去タイトルからの追加悪魔も含め、総数は約350体以上に増加。新イベントや新ダンジョンの追加と相まって、そのボリュームもパワーアップを遂げました。

そのほかにも、アトラスサウンドチームの目黒氏&小西氏による新規BGM、UIのアレンジやブラッシュアップ、難易度の3段階選択にダンジョン内でのセーブなど、オリジナルの面白さはそのままに、様々なシステムや改善。より遊びやすく、さらにディープな一作へと変貌します。気になる物語のあらましや、新キャラクターを含めた登場人物の詳細などをチェックしつつ、続報の到着をお待ちください。

◆滅びの地<シュバルツバース>を舞台に、重厚かつ壮大なスケールで描かれるストーリー


■人類の生き残りをかけた過酷な旅の末、あなたは新たな未来を賭けた、究極の決断を迫られる

21世紀初頭。70億を超える人類は、今なお地球で繁栄を続けていた。

しかし。

思想や人種の対立によって勃発する戦争、紛争。秩序が乱れ、危険薬物や快楽殺人が跋扈する都市。貧富の格差が広がり、物資の過不足で乱れる社会。終わらぬ環境汚染によって、浸食される生態系。繁栄の代償に起こった地球環境の崩壊。それは、滅びの地<シュバルツバース>を生みだした。

南極に忽然と現れたその亜空間シュバルツバースは、あらゆる物を分子崩壊させながら恐るべきスピードで拡大し、人類とその都市すべてを亜空間内部に飲み込もうとしていた。国連は対策機関を設立し、情報規制の元問題解決に乗り出すが、その正体は杳として知れないままであった。

そんな中、ついに国連は最終計画を発動する。人知の及ばない未開の地を探索すべく、<シュバルツバース合同計画>を立案。全世界から選りすぐりの兵士や科学者を集め、次世代の装備を搭載した有人探索に踏み切ったのだ。


人類の最後の希望を背負った<シュバルツバース調査隊>は、謎深い滅びの地への過酷で奇妙な旅に乗り出す。しかし、<シュバルツバース>で隊員たちを待ち受けていたものは、目を疑うものばかりだった。

目の前に広がる、南極ではあり得る筈のない風景。神話や物語の中でしか存在しない、<天使>や<悪魔>と呼ばれる異形の存在。テクノロジーが及ばない脅威の事象に翻弄された調査隊は、為す術もなくひとりまたひとりと命を落として行った。それでも主人公たちは、持てる英知を振り絞り、人類滅亡のシナリオを回避するため<シュバルツバース>の探索を続けていくのだった…。


そしてそんな主人公の前に現れたひとりの少女。見慣れない装備でひとり滅びの地を彷徨う謎の少女は、なぜか突然主人公に牙をむく。シュバルツバースの謎とは? 少女の正体とは? そして主人公は、人類の生き残りをかけた、究極の選択を迫られる。

決断せよ――。未来(すべて)を敵に回しても。

◆キャラクター紹介


【世界各国から集結した優秀な兵士や科学者たちの集団<シュバルツバース調査隊>。人類の未来を背負い、滅びの地へと赴く……】
■主人公(CV.広瀬 淳)

プレイヤーキャラ。日本出身。国連に指名され、出発直前に調査隊に参加することになったビジター隊員。だがシュバルツバース内で発生した事件のため、いつしか中心的メンバーになっていく。何の予備知識もなく放り込まれたシュバルツバースで、彼は人類の行く末を左右する、重大な決断を迫られることになる。



■ゴア(CV.石塚運昇)
「地球の未来は我々の双肩にかかっている! そのことを忘れるな!」

シュバルツバース調査隊の隊長。厳格で責任感が強く、リーダーシップに優れ、隊員からの信頼も厚い。調査隊を襲った困難を打破すべく自ら武器を取って戦おうとする。



■ヒメネス(CV.櫻井孝宏)
「…オレはもらえるモノさえもらえれば、死なない程度には「使命」とやらに貢献するつもりだ」

アメリカ出身の元軍人。粗野な性格とふるまいを見せるが、戦闘能力や危機の際の適応能力は非常に高い。最新兵装《デモニカスーツ》の扱いに誰よりも長けている。敵であるはずの悪魔たちの、だが自由で奔放な有り様に次第に感化されてゆく。



■ゼレーニン(CV.坂本真綾)
「皆が結束すれば、安全で、素晴らしい調査が行えるとわたしは確信しています」

ロシア出身の科学仕官。調査隊の要であり、その卓越した知識で隊をサポートする。真面目で規律を重んじる性格のため、ヒメネスとの相性は悪い。混乱の中で秩序を失ってゆく人々を救おうと、絶対的な価値観を求め奔走する。



【滅びの地<シュバルツバース>で主人公の前に突如現れた謎の少女。行く手を阻み、主人公に牙を向く彼女の目的とは……?】
■アレックス(CV.潘めぐみ)
「お前は終わりだ……。ここで…孤独に死ね!」

シュバルツバース内を探索中の主人公の前に現れた、謎の少女。敵意をあらわにし、突如主人公に襲いかかってくる。彼女は一体……?



■アモン

ソロモン72柱の一人とされる魔神。序列第七位の大悪魔で、40の軍団を支配に置く地獄の公爵。アレックスと同じく、シュバルツバース内で主人公の前に現れる。アレックスとは一体どのような関係なのだろうか…。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』は、2017年秋発売予定。価格は未定です。

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

    「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次は4月28日以降に注文受付が再開

  2. 『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成が楽しもう! 「ふっかつのじゅもん」に関する続報も

    『ドラクエXI』「スキルパネル」で自由な育成が楽しもう! 「ふっかつのじゅもん」に関する続報も

  3. 今週発売の新作ゲーム『マリオカート8 デラックス』『Outlast 2』『WAR THUNDER』『リトルナイトメア』『ねこあつめ』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオカート8 デラックス』『Outlast 2』『WAR THUNDER』『リトルナイトメア』『ねこあつめ』他

  4. 【レポート】『モンハン』の頂点を目指せ! まずは東京地区大会が開幕─「狩王決定戦」で驚きのタイムが! 『ストーリーズ』決勝戦ではまさかの“夫婦”対決に

  5. 海外レビューハイスコア『マリオカート8 デラックス』

  6. 3DS『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』悲劇を改編せよ! 時間を移動し結末を変えるゲーム性に迫る

  7. ニンテンドースイッチ版『スカイリム』発売決定!2017年秋リリースへ【追記】

  8. 『ドラゴンクエストXI』実機プレイでバトルや2D・3D切り替えの情報が公開、すれちがい通信や「ぱふぱふ」情報も

  9. スイッチ『スプラトゥーン2』デザインのイカしたアクセサリが多数登場!Joy-Conカバー・ポーチ・フロントカバー

  10. スイッチ体験イベントがGWに開催、『ARMS』『マリオカート8 DX』をプレイ可能

アクセスランキングをもっと見る