人生にゲームをプラスするメディア

【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選

その他 全般

【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選
  • 【総力特集】『ガッツリやり込めるゲーム体験版』10選

ゲームの体験版は、そのゲームの面白さを知ってもらうために、製品版の購入を検討してもらうために作られたものです。体験版をプレイすれば、本編のストーリーやシステムはもちろんのこと、ゲームの魅力について理解を深める事ができますが、体験版にはプレイする範囲や時間に制限があり、長く遊び続けられるような作りになっていません。

しかし、その中には、体験版の常識を覆す「やり込めてしまう体験版」が存在するのです。今回は、そんな異色の体験版を一挙に紹介。もちろん、これらの体験版をプレイして気に入ったのなら、製品版の購入の検討をしてくださいね!

なお、本記事で紹介している体験版は、今後メーカーの都合などにより配信が終了になる場合があるのでご注意ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『American Truck Simulator』
ジャンル:トラックシミュレーション 対応機種:PC(Steam)
発売元:SCS Software 開発元:SCS Software


―カリフォルニアが広大すぎる体験版
『American Truck Simulator』は、アメリカ合衆国の広大な大地を舞台に、大型トラックの運転手となって、安全運転を心がけながら様々な荷物を運んでいくトラックシミュレーターです。プレイヤーは、仕事で得た利益でマイトラックを購入・カスタマイズしたり、運送会社を興して経営者になったり出来ます。

本作の体験版は行動範囲がカリフォルニア州に限られていますが、それでもフィールドサイズは広大で、サンフランシスコからロサンゼルスに行くだけでも相当な時間を要します。


本作の醍醐味はなんといっても「無心になってドライブに興じる」事。お気に入りの音楽を聴きながら、窓から流れゆく自然風景を時折眺めつつトラックを運転すれば、不思議と心が安らぐのです。体験版でもそんな気分にさせてくれるので、ゲームに癒しを求めている人にオススメします。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『バイオハザード7 レジデント イービル』
ジャンル:サバイバルホラー 対応機種:PS4/Xbox One/PC(Steam)
発売元:カプコン 開発元:カプコン


―難解な隠し要素が含まれた体験版
サバイバルホラー『バイオハザード7 レジデント イービル』の体験版である『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』は、謎の男によって囚われた主人公が、廃墟と化した不気味な邸宅から脱出するために、その中を探索していく1人称視点のアドベンチャーゲームです。

本体験版には、エンディングが数種類用意されており、それらを全て見るには少々のやり込みが必要になります。さらに、閉ざされた部屋の扉を開けるために難解な謎解きに挑戦する隠し要素も用意。これらを自力でクリアするには相当な時間がかかる……かも?

◆◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■『ブレイブリーセカンド』
ジャンル:RPG 対応機種:3DS
発売元:スクウェア・エニックス 開発元:スクウェア・エニックス


―オリジナルストーリーが展開される体験版
『ブレイブリーセカンド 無料で遊べる三銃士編』には、体験版でしか紡がれないオリジナルストーリーが楽しめるうえ、製品版『ブレイブリーセカンド』に引継ぎ可能なプレイボーナスというやり込み要素が備えられています。このプレイボーナスをコンプリートするには高難易度設定で体験版をクリアする必要があり、プレイヤーは、ジョブシステムやバトルシステムの理解を深めたうえで、パーティメンバーのマネジメントをしっかりと行わなければなりません。プレイボーナスを無視してノーマルモードでクリアするだけでも5~6時間はかかるので、ちょっと味見程度にRPGをプレイしたくなった人にもオススメできます。

さらに、3DS向けの体験版としては珍しくソフトウェアの起動回数制限がないのも嬉しいところです。


次のページ:マップクリエイト可能な体験版・オープンワールドな体験版・死に覚えゲーな体験版・10時間以上プレイ可能な体験版
《真ゲマ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

    『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

  2. ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

    ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは、「どうぶつの森 Direct」10月25日の昼12時から、スイッチ『真・女神転生V』発表…など(10/23)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは、「どうぶつの森 Direct」10月25日の昼12時から、スイッチ『真・女神転生V』発表…など(10/23)

  4. 【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

  5. 【JAEPO2017】弱エルの「ナイちん!」が炸裂!2D格闘ゲー『ミリオンアーサー アルカナブラッド』プレイレポ

  6. 「2017年サンリオキャラクター大賞」コラボ部門に『どうぶつの森』がエントリー!

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

  9. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  10. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シェルタータイプのブキなどの問題を修正、『PUBG』が韓国政界にて言及、今「スーパーマリオ」を全てプレイするにはいくらかかる?…など(10/20)

アクセスランキングをもっと見る