人生にゲームをプラスするメディア

「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

その他 全般

「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化
  • 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会は、日経BP社の共催のもと開催するイベント「東京ゲームショウ2017(TGS2017)」の概要を発表しています。

「東京ゲームショウ」は、世界中からさまざまなゲームや関連商品が展示されるトレードショウです。2017年は9月21日から24日の4日間に幕張メッセで開催、2017年2月22日より出展の申込受付が開始されています。

「TGS2017」のテーマは、「さあ、現実を超えた体験へ。」に決定。このテーマには、テクノロジーの進化でますますリアルな表現ができるようになったゲームそのものだけでなく、「東京ゲームショウ」自身も新たな体験を提供できるイベントになろうという思いも込められているとのこと。

また、各種コーナーの情報も発表。昨年新設されたVRコーナーは「VR/ARコーナー」に改称。VR(仮想現実)のみならず、AR(拡張現実)やMR(複合現実)まで出展され、VR/AR/MR対応ゲームソフト以外にも開発ソリューションなどBtoB目的の出展も募集されます。

e-Sportsコーナーでは、日本におけるe-Sportsの本格普及に弾みをつけるためステージが大幅リニューアル。家庭用ゲームやスマートフォンなどの人気タイトルの大会が実施され、ネット動画配信も実施されるとのこと(※e-Sports大会の詳細は後日発表されます)。

そして、国内外へのネット動画配信体制の強化も実施。2017年7月よりスタートする事前番組では、出展社の先出し情報やe-Sports予選大会の模様が配信されるほか、会期中は21時以降にも番組が配信されます。国内向けにはドワンゴ、海外向けにはTwitchおよびTokyo Otaku Modeの協力により番組制作が実施。さらに、中国向けのネット動画配信についても新たなパートナーと提携し、公式動画チャンネルを開設する予定とのこと。

■「東京ゲームショウ2017」のテーマ

『さあ、現実を超えた体験へ。』

テクノロジーの進化で、
ますますリアルな表現ができるようになったゲーム。
また、いつでもどこでもゲームをプレーできるだけでなく、
エンターテインメントとして見て楽しむという
新たなスタイルも広がっています。

ゲームが現実を超えて、かつてない体験を生みだす時代。
TOKYO GAME SHOWも新たな体験イベントに生まれ変わります。

ゲームのプレー、ステージショーはもちろん、
みんなで盛り上がれるe-Sportsやネット動画配信などで、
世界中のゲームファンに、新たな体験をお届けします。

TOKYO GAME SHOW 2017

リアルを超えたゲームの“いま”を、東京から世界へ。

■展示コーナー(予定)

●「一般展示」
ゲームソフトを中心としたデジタル・エンターテインメント関連製品やサービスを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「スマートフォンゲームコーナー」
iOS、Androidなどのスマートフォンや各種タブレットなどのスマートデバイス向けゲームと、携帯端末やPCブラウザなどで楽しめるソーシャルゲームにフォーカスした展示コーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「e-Sportsコーナー」
e-Sportsとして展開しているゲームタイトル(家庭用ゲーム、スマートフォンゲーム、PCゲーム)や、ハード
ウェア、デバイスなどを展示するコーナーです。コーナー内には大型ステージも設置します。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「VR/ARコーナー」
VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(AugmentedReality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)関連ゲームソフトやハードウェア、サービスなどを展示するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「ロマンスゲームコーナー」
主に女性ユーザーをターゲットにした恋愛シミュレーションゲームなどを展示するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「インディーゲームコーナー」
独立系(インディー)開発者を出展対象とする、あらゆるプラットフォーム向けの完全オリジナゲームを紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「ゲームスクールコーナー」
未来のクリエイターのために、ゲームスクール、高校、大学、通信教育などの教育機関を紹介するコーナーです。
※「4日間出展」するコーナーです。

●「物販コーナー」
ゲーム関連グッズの販売を目的としたコーナーです。
※「4日間出展」と「一般公開日のみ出展」するブースがあります。

●「ファミリーゲームパーク」
家族で楽しめるゲームソフトや関連製品を紹介するコーナーです。子供たちとそのご家族に安心して試遊して頂けます。
※本コーナーへの入場は、中学生以下とその家族に限定します。
※「一般公開日のみ出展」するコーナーです。

■B to B向け展示コーナー(予定)

●「ビジネスソリューションコーナー」
ゲーム関連のB to B企業を対象とする展示コーナーです。オプションとしてTGSフォーラム協賛セッションも ご用意しています。
※「4日間出展」と「ビジネスデイのみ出展」するブースがあります。

●「ニュースターズコーナー (アジア/東欧/ラテン)」
海外の企業を対象に、各地域で有望なゲームベンチャーや開発スタジオ、サービスなど、ゲーム業界の申請となる企業を紹介するコーナーです。業界注目の地域であるアジア・東欧・中南米にフォーカスを当てます。

・アジアニュースターズコーナー
東南アジア・南アジアおよび中東地域を中心に、現地で有望なゲームベンチャー企業、開発スタジオ、ソリューションベンダーなどを紹介します。
・東欧ニュースターズコーナー
ゲームエンジニアを育成する工科大学が充実している東欧各国(ポーランド・クロアチア・チェコ・ルーマニアなど)からゲームベンチャー企業を紹介します。
・ラテンニュースターズコーナー
新興著しい中南米各国(ブラジル・アルゼンチン・チリ・コロンビア・コスタリカ・メキシコなど)からゲームベンチャー企業を紹介します。
※「4日間出展」と「ビジネスデイのみ出展」するブースがあります。

●「ビジネスミーティングエリア」
落ち着いた環境で充実した商談を実現するミーティングスペースです。出展社とビジネスデイ来場者、もしくは
出展社同士をマッチングするシステム「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」をご利用いただけます。
※「ビジネスデイのみ出展」するコーナーです。

■ビジネスデイのみ開催する企画

◆「グローバル・ゲーム・ビジネス・サミット」
ゲームビジネスのグローバル化の展望や課題について、世界主要地域のゲーム産業のトップが一堂に会する国際的なカンファレンスを開催する予定です。

◆「SENSE OF WONDER NIGHT 2017」
ゲームのプロトタイプをはじめとした各種アイデアを発表する国際的な祭典です。全世界から広くアイデアを募集し、優秀な作品はゲーム業界関係者の前で、プレゼンテーションできます。

◆「TGSフォーラム2017」
ビジネスデイの業界関係者に対しゲーム産業の最新技術動向やビジネス動向にフォーカスしたカンファレンスを開催します。

◆「インターナショナルパーティー」
ビジネスデイ2日目(9月22日)夕方より、海外の来場者・出展社と、国内出展社のビジネス交流を目的としたネットワーキングパーティーを開催します。

◆その他

◆「フードコート/休憩エリア」
ホール1~8とホール9~11の中間にあるイベントホールをフードコート/休憩エリアとします。スタンド約5000席を開放し、お食事のほか休憩エリアとしてもご利用いただけます。また、各ホール2階にもベンチを設置します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

イベント「東京ゲームショウ2017」は2017年9月21日~24日に開催(21・22日はビジネスデイ)。入場料は、一般(中学生以上)の当日券が1,200円、前売券が1,000円となっています。出展コーナーや出展申し込みに関する詳細は公式サイトをご覧ください。
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

    【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

  3. 【特集】『手っ取り早く遊べるアナログボードゲーム』7選

    【特集】『手っ取り早く遊べるアナログボードゲーム』7選

  4. 【アナログゲーム決死圏】第1回 アナログゲームってなんだ?ボードゲームやTRPGなど、その種類と魅力を解説

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. フロム・ソフトウェア、新作ティーザー公開!背景に映る草書体のような文字とは【TGA17】

  7. 【速報】『FGO』新作アニメは奈須きのこ脚本「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」

  8. 『ロックマンX』シリーズの「ゼロ」がねんどろいどに!ゼットセイバーは刀身の異なる2パーツを採用

  9. すべてが繋がるネオ・ノワールADV『Living Dark』ティーザー映像!

  10. 『ポケ森』アポロの羊毛フェルトが超可愛い…!―自立も稼働も出来る優れモノ

アクセスランキングをもっと見る