人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

スクウェア・エニックス・ホールディングスは2月6日、平成29年3月期第3四半期の決算を国内向けに発表しました。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入
  • スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入
スクウェア・エニックス・ホールディングスは2月6日、平成29年3月期第3四半期の決算を国内向けに発表しました。

発表によると、第3四半期連結累計期間(4月1日~12月31日)の売上高は1,900億8,400万円(前年同期比24.4%増)、営業利益214億7,700万円(同9.7%減)、経常利益220億5,000万円(同8.9%減)、純利益170億5,500万円(同26.0%増)となっており、営業/経常利益は前年比でマイナスでしたが、売上高および純利益は増加しています。

ビデオゲームに関連するデジタルエンタテインメント事業は、家庭用ゲーム機向け大型新作『ファイナルファンタジーXV』、PS4版『RISE OF THE TOMB RAIDER』などを発売し、過去発売タイトルのダウンロードを中心としたリピート販売も好調だったため、売上高・営業利益とも前年同期よりも大幅に増加。

MMORPGにおいては、前年同期に拡張版ディスクの発売があったことから、当第3四半期連結累計期間の売上高・営業利益とも前年同期比で大幅に減少していますが、課金収入は安定的に推移しているとのこと。また、スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』『星のドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』といった大型タイトルを中心としたネイティブアプリが高水準で推移し、売上高・営業利益とも前年同期よりも増加しています。

この結果、本事業における当第3四半期連結累計期間の売上高は1,462億1,500万円(前年同期比32.7%増)となり、営業利益は217億9,300万円(前年同期比5.8%減)となりました。

なお、デジタルエンタテインメント事業以外の全事業については、こちらより参照ください。
《アキナツ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  3. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

    【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. スクウェア・エニックス、設立10周年迎える ― 10周年企画が進行中、近日発表か?

  7. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  8. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  9. スマホゲームはブラックオーシャン、挑戦者の一人として戦う・・・ガンホー・オンライン・エンターテイメント森下一喜社長

  10. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

アクセスランキングをもっと見る