人生にゲームをプラスするメディア

149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

LYRobotixは、Androidスマートフォンを用いたVRにルームスケールとコントローラーを加え、更にSteamVR互換ヘッドセットとしても用いることを可能とするキット「NOLO」のKickstarterキャンペーンを開始しています。

ゲームビジネス VR
149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

LYRobotixは、Androidスマートフォンを用いたVRにルームスケールとコントローラーを加え、更にSteamVR互換ヘッドセットとしても用いることを可能とするキット「NOLO」のKickstarterキャンペーンを開始しています。


Androidスマートフォンを用いたVRは既に存在していますが、PC向け高機能ヘッドセットが持つ、ルームスケールとコントローラーの機能は単体では再現できていません。そこへルームスケールとコントローラーを加えるためのキットがこの「NOLO」です。また、「NOLO」では「VRidge」を用いた、スマホ利用のPC向けVRヘッドセットへ、SteamVR互換の機能を追加することも可能としています。


Kickstarterキャンペーンでは99ドルから購入可能な「NOLO」は、ベースステーション、ヘッドセット用マーカー、コントローラーの3点にて構成されており、「VRidge」との併用にて『Tilt Brush』『Job Simulator』『Space Pirate Trainer』といったSteamVRソフトが既に問題なく動作している模様です。ルームスケール機能は4m×4mと小スペースとなりますが、20msの遅延で、ベースステーションもワイヤレスでも4時間ほどの利用が可能な模様です。


本記事執筆時点で、39日を残しキャンペーンは目標額50,000ドルに対し既に49,815ドルを集めています。なお、キャンペーン後の「NOLO」の希望小売価格は149ドルとなる見込みです。


「NOLO」は既に生産指示段階に入っているとのことで、2017年5月発送開始予定となっています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『SAMURAI SPIRITS』『スーパーマリオメーカー 2』『Heavy Rain』『HARDCORE MECHA』他

    今週発売の新作ゲーム『SAMURAI SPIRITS』『スーパーマリオメーカー 2』『Heavy Rain』『HARDCORE MECHA』他

  3. 今週発売の新作ゲーム『State of Decay 2: UE』『カリギュラ オーバードーズ』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

    今週発売の新作ゲーム『State of Decay 2: UE』『カリギュラ オーバードーズ』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

  4. ワーナー・ブラザーズ、サンフランシスコにソーシャルゲームゲーム開発スタジオを開設

  5. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  6. ヒューマンアカデミー、IT業界セミナーを8月26日に実施─配信プラットフォーム「SHOWROOM」を立ち上げた前田裕二氏が登壇

  7. 【CEDEC 2014】アップコンバートの為に最も必要なことは?~『モンハン3G HD Ver.』の事例

  8. スクエニ、『FF XIV』に続く新規プロジェクトに伴いスタッフ募集開始ー『FF VII REMAKE』でも募集

  9. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る

1