人生にゲームをプラスするメディア

149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

LYRobotixは、Androidスマートフォンを用いたVRにルームスケールとコントローラーを加え、更にSteamVR互換ヘッドセットとしても用いることを可能とするキット「NOLO」のKickstarterキャンペーンを開始しています。

ゲームビジネス VR
149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始
  • 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

LYRobotixは、Androidスマートフォンを用いたVRにルームスケールとコントローラーを加え、更にSteamVR互換ヘッドセットとしても用いることを可能とするキット「NOLO」のKickstarterキャンペーンを開始しています。


Androidスマートフォンを用いたVRは既に存在していますが、PC向け高機能ヘッドセットが持つ、ルームスケールとコントローラーの機能は単体では再現できていません。そこへルームスケールとコントローラーを加えるためのキットがこの「NOLO」です。また、「NOLO」では「VRidge」を用いた、スマホ利用のPC向けVRヘッドセットへ、SteamVR互換の機能を追加することも可能としています。


Kickstarterキャンペーンでは99ドルから購入可能な「NOLO」は、ベースステーション、ヘッドセット用マーカー、コントローラーの3点にて構成されており、「VRidge」との併用にて『Tilt Brush』『Job Simulator』『Space Pirate Trainer』といったSteamVRソフトが既に問題なく動作している模様です。ルームスケール機能は4m×4mと小スペースとなりますが、20msの遅延で、ベースステーションもワイヤレスでも4時間ほどの利用が可能な模様です。


本記事執筆時点で、39日を残しキャンペーンは目標額50,000ドルに対し既に49,815ドルを集めています。なお、キャンペーン後の「NOLO」の希望小売価格は149ドルとなる見込みです。


「NOLO」は既に生産指示段階に入っているとのことで、2017年5月発送開始予定となっています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

    トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  2. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  3. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

    今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  4. 「TIME」や「プレイボーイ」より売れるゲーム雑誌

  5. 【昨日の人気記事チェック】たった3分でレベル94に! 〜 レベルUPしまくりの『ドラクエ』サウンドがavexより(5月19日)

  6. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  7. 今年は東京モーター「VR」ショー!? 未来のクルマを体験したり、仕組みを分かりやすく見られたり

  8. 月曜速報ソフト&ハード売り上げ 『ゼルダ&ガンダム』発進!

  9. 『スプラトゥーン3』のレベルデザイナーを募集中―業界経験不問、ブキや対戦バランスの調整を担当

  10. セガ、「アトラス」ブランドタイトルの取り扱いを開始・・・インデックスと提携

アクセスランキングをもっと見る