人生にゲームをプラスするメディア

劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

ゲームビジネス VR

劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

FOVE, Inc.は、「劇場版ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール-」(以下 SAO)のヒロイン・アスナと会える「FOVE VRホーム」に関する特設サイトをこのたび公開しました。

FOVE公式サイトに設置された「FOVE×劇場版SAO」特設サイトでは、コンテンツ配信に先駆け、今回のコラボレーションのために特別に描き下ろされたFOVEを装着したアスナのイラストを掲載。また、アスナと会える「FOVE VRホーム」の配信状況の確認やダウンロード、FOVE 0に関する詳細や最新情報を入手することができます。詳細が知りたい方は、特設サイトにアクセスしてみましょう。


【アスナと会えるFOVE VRホームについて】
視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」を装着することで、3次元の仮想空間内にVRホーム画面が出現。そこに立っているバーチャルキャラクター「アスナ」は、FOVEのコンシェルジュとしてFOVEの機能やホーム画面を説明してくれるだけではなく、アスナの目を見ると笑う、アスナを無視すると怒るなど、視線追跡機能でキャラクターがユーザーの視線を認識。今までにない自然なコミュニケーションを図ることができます。

また「FOVE VRホーム」では。東京ゲームショー(TGS)でも大好評だった“視線追跡”“瞬き認識”などの機能を盛り込んだオンレイルFPSゲーム『Project Falcon』をはじめ、数種類のデモゲームを遊ぶことができます。

■名称:FOVE VRホーム
■概要:アスナとの視線追跡を使用したコミュニケーションが可能なデモセレクター、及び視線追跡を用いる数種類のデモコンテンツ
■使用可能期間:2017年1月31日(火) ~ 7月31日(月)
■使用可能国:日本、韓国
■備考:使用期間を過ぎると、アスナが登場する本デモセレクターは自動的に使用不可となります。その際は別途通常版のデモセレクターに更新下さい。

■「FOVE×劇場版SAO」特設サイト
URL:https://getfove.com/sao-downloads


(C) FOVE
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
※画面は開発中のものです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

    今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  3. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  4. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  5. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  9. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  10. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

アクセスランキングをもっと見る