人生にゲームをプラスするメディア

劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

ゲームビジネス VR

劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案
  • 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

FOVE, Inc.は、「劇場版ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール-」(以下 SAO)のヒロイン・アスナと会える「FOVE VRホーム」に関する特設サイトをこのたび公開しました。

FOVE公式サイトに設置された「FOVE×劇場版SAO」特設サイトでは、コンテンツ配信に先駆け、今回のコラボレーションのために特別に描き下ろされたFOVEを装着したアスナのイラストを掲載。また、アスナと会える「FOVE VRホーム」の配信状況の確認やダウンロード、FOVE 0に関する詳細や最新情報を入手することができます。詳細が知りたい方は、特設サイトにアクセスしてみましょう。


【アスナと会えるFOVE VRホームについて】
視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」を装着することで、3次元の仮想空間内にVRホーム画面が出現。そこに立っているバーチャルキャラクター「アスナ」は、FOVEのコンシェルジュとしてFOVEの機能やホーム画面を説明してくれるだけではなく、アスナの目を見ると笑う、アスナを無視すると怒るなど、視線追跡機能でキャラクターがユーザーの視線を認識。今までにない自然なコミュニケーションを図ることができます。

また「FOVE VRホーム」では。東京ゲームショー(TGS)でも大好評だった“視線追跡”“瞬き認識”などの機能を盛り込んだオンレイルFPSゲーム『Project Falcon』をはじめ、数種類のデモゲームを遊ぶことができます。

■名称:FOVE VRホーム
■概要:アスナとの視線追跡を使用したコミュニケーションが可能なデモセレクター、及び視線追跡を用いる数種類のデモコンテンツ
■使用可能期間:2017年1月31日(火) ~ 7月31日(月)
■使用可能国:日本、韓国
■備考:使用期間を過ぎると、アスナが登場する本デモセレクターは自動的に使用不可となります。その際は別途通常版のデモセレクターに更新下さい。

■「FOVE×劇場版SAO」特設サイト
URL:https://getfove.com/sao-downloads


(C) FOVE
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project
※画面は開発中のものです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. 名タイトルで知るFPSの歴史(1)

    名タイトルで知るFPSの歴史(1)

  4. マリオファクトリー南柏店レポート

  5. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  6. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  7. 今週発売の新作ゲーム『Detroit: Become Human』『DARK SOULS REMASTERED』『ペルソナ3/ペルソナ5 ダンシング』他

  8. 北欧からやってきたゲーム開発ツール・・・ハンソフトとユニティーが都内でプレゼン

  9. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  10. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

アクセスランキングをもっと見る