人生にゲームをプラスするメディア

【クイズ】GAMEMANIA!:ゲームのキャッチコピー特集 ― 『ワンダと巨像』と『MOTHER3』のキャッチコピーに共通するワードは?

その他 オリジナル

【クイズ】GAMEMANIA!:ゲームのキャッチコピー特集 ― 『ワンダと巨像』と『MOTHER3』のキャッチコピーに共通するワードは?
  • 【クイズ】GAMEMANIA!:ゲームのキャッチコピー特集 ― 『ワンダと巨像』と『MOTHER3』のキャッチコピーに共通するワードは?
過去の問題はこちら(隔週月曜日7:30更新)




こんにちは、レトロゲームの申し子大桶です。今年の夢はプレイステーションVRでミシシッピー殺人事件をやることです。360度ドット。360ドドット。何の単位ですかね。閑話休題。

さて、今回のGAMEMANIA!はゲームのキャッチコピーを特集してみました。ゲームの宣伝文句としてついているキャッチコピー。短い文章の中にそのゲームの面白さ、世界観、コンセプトが全て詰め込まれていなければなりません。

プレイしなくてもそのゲームの素晴らしさが感じ取れる、それがキャッチコピーです。つまり、ゲームのキャッチコピーのクオリティがそのゲームの売れ行きを左右すると言っても過言ではありません!そして、ゲームのキャッチコピーを制する者がゲーム業界を制するのです!

こちらは過言でした!と、いうわけでいろんな素晴らしいキャッチコピーが沢山あるのでワクワクしながら問題を作ったんですが、残念ながら凄い好きなんだけど問題にできなかったキャッチコピーをこの場を使って紹介したいと思います。

・東京が死んで僕が産まれた(真・女神転生3)
だいたい東京が崩壊していることでお馴染み真・女神転生シリーズ。真・女神転生3も東京が崩壊してからストーリーが動き出します。「あ、また東京が酷いことになるんだな」とすぐに想像できるナイスなキャッチコピーですね。

・「そこに隠し通路あるぞ」新聞を読みながら教えてくれた親父は、昔、光の戦士だった。(リメイク版ファイナルファンタジー3)
街中やダンジョンに隠し通路が多く、探索するのが楽しかったFF3 。リメイク版がそこから長い時を経て発売されたこと、楽しかったゲームの思い出は色褪せないこと、色んな思いが込められた秀逸なキャッチコピーですよね。

・空前絶後のバッサリ感(鬼武者)
鬼武者シリーズには必ず「バッサリ感」というワードが入ります。このおかげで鬼武者というゲームがシリーズを通して何を一番売りにしているかがとても分かりやすいですよね。鬼武者で一番楽しんで欲しいのはそう、バッサリ感!

他にも挙げたらキリがないのでこの辺で。皆さんもクイズでキャッチコピーに触れてみてくださいね。そして、グッと来たら自分の好きなゲームのキャッチコピーを調べて友達に出題するというマニアックな遊びをしてみて下さい。きっと盛り上がるはず!

■大桶純一
お笑いユニット『パップコーン』のメンバーとしてテレビ、ライブ、イベントを中心に活動。現在は芸人活動の傍ら構成作家としても活動中。ゲームはやりこみコンプリート型。毎月第一、第三水曜日に『アミポーク』というゲームトーク番組をニコ生とSHOWROOMで配信中。また、ゲームを漫才、コントに落とし込んだライブ版も定期的に開催中。いつでもどこでもドラムマニア用のマイスティックを持ち歩くダメ人間。

初めて買ったゲームはファミコンの迷宮組曲。
好きなゲームは女神転生、天外魔境、ドラゴンクエスト、パンツァードラグーン、ファイナルファンタジー、モンスターハンター、妖怪ウォッチ、ヴァルキリープロファイル、ブレイブリーデフォルト、頑張れゴエモン、悪魔城ドラキュラ、ドラムマニア、ルナ、グランディア、リズム天国、塊魂などの各シリーズ、ラグランジュポイント、プリニー、二ノ国なども大好き。
《大桶純一》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』不具合修正アップデートに注目が―『ポケモン サン・ムーン』『スプラトゥーン2』など定番タイトルの動向も見逃すな

    【週刊インサイド】『FGO』不具合修正アップデートに注目が―『ポケモン サン・ムーン』『スプラトゥーン2』など定番タイトルの動向も見逃すな

  2. MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

    MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

  3. 固すぎると有名な「あずきバー」をかき氷にできるマシンが登場!開発には相当の苦労が…

    固すぎると有名な「あずきバー」をかき氷にできるマシンが登場!開発には相当の苦労が…

  4. 「初音ミク」などの痛車120台が集結! 奥伊吹にて5月28日に実施─昨年は『スプラトゥーン』の痛車も

  5. 8bitドットのロックマンTシャツが「しまむら」に登場!チャージショットを放つロックマンをデザイン

  6. モザイクだらけの『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』ティザーサイト公開、10万クリックを突破すると…!?

  7. 大盛況だった「A 5th Of BitSummit」フォトレポ―出展者も来場者も熱量がすごい!

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】積みゲーをなくす「さしすせそ」

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

アクセスランキングをもっと見る