人生にゲームをプラスするメディア

『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

角川ゲームスは、PS4/PS Vita『GOD WARS ~時をこえて~』の新情報を公開してい

ソニー PS4
『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に
  • 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

角川ゲームスは、PS4/PS Vita『GOD WARS ~時をこえて~』の新情報を公開しています。

『GOD WARS ~時をこえて~』は、「古事記」と“お伽話”を融合させた世界を冒険するタクティクスRPGです。本作では、主人公「カグヤ」が生贄の定めに抗い自らの手で運命を切り拓くため、幼き日に別れた母「ツクヨミ」を探す冒険の旅が描かれます。

◆早期予約特典



本作には早期予約特典として2種類の追加シナリオが付属。今回は、その追加シナリオの内容が明らかになっています。なお、追加シナリオはゲーム本編をクリアするとプレイできるようになる後日談です。

■追加シナリオ(1)「日向の未来」


日向国への帰路につくウラシマは、三豊の沖合でモモタロウ一行に襲われる。互いに交わることのない信念を持つ二人の漢の戦いが今始まる。

●「ウラシマ」(CV:柿原徹也)

浦島太郎は、古事記の山幸彦海幸彦の物語をモチーフに設定している。本作ではウラシマと山幸彦を重ね合わせている。

●「モモタロウ」(CV:石川界人)

日向の女王、アマテラスの長男で、文武両道に優れた一代の英傑として登場する。本作では「桃太郎」の物語の隠された真実も描かれる?

■追加シナリオ(2)「新たなる敵」


高志の国の翡翠が何者かに奪われている。その報告を受けたキンタロウ一行。そこに待ち受けていたのは見た事のない金髪の外見の集団と巨大な白い獣だった。この戦いのあと、キンタロウにまつわるエピソードが描かれる。

●「イッスン」(CV:福山潤)

一寸法師は、古事記に登場するスクナヒコナをモチーフにしている。スクナヒコナは大國主命の国造りを手伝ったことから本作でもオオクニヌシの盟友として登場する。

●「キンタロウ」(CV:畠中祐)

主人公・カグヤの幼馴染。本作では、囚われの身であったカグヤを助け出す信頼できる仲間として登場。追加シナリオで描かれる彼のエピソードにも注目。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『GOD WARS ~時をこえて~』は2017年4月発売予定。価格は7,344円(税込)です。

(C)2017 KADOKAWA GAMES
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい

    PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月25日】─本州・四国限定の抽選販売受付が終了目前

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月25日】─本州・四国限定の抽選販売受付が終了目前

  3. 『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

    『マインクラフト』永久BAN導入へ!他人に危害を加えることを目的とした重度の違反行為を対象

  4. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【11月24日】─広範囲に向けた抽選販売が次々に展開中

  5. PS5発売から1週間―初期デビュー組による「プレイした感想」を紹介! 最も凄かった新機能、逆に“こうだったら良かった点”とは?【アンケート】

  6. 『FF7 リメイク』のモブや広告から見えてくるミッドガルの恐るべき社会状況と文化─本当にプレート上層は裕福で幸せなのか【特集】

  7. 海外レビューハイスコア『天穂のサクナヒメ』―稲作、アクション、心温まるストーリー…話題作を海外メディアはどう評価?

  8. PS5『Call of Duty: Black Ops Cold War』の触感がすげぇ―銃の引き金の重さ、電車のガタンゴトンが伝わる!

  9. 【実録】PS5からデビューするゲーミングモニターのススメ─決断のポイントは「遊ぶジャンル」と「部屋の環境」!フルHDだって十分魅力的な選択肢

  10. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

アクセスランキングをもっと見る