人生にゲームをプラスするメディア

【クイズ】GAMEMANIA!:和風ゲーム特集 ― 通貨単位が「両」のゲームといえば?

その他 全般

【クイズ】GAMEMANIA!:和風ゲーム特集 ― 通貨単位が「両」のゲームといえば?
  • 【クイズ】GAMEMANIA!:和風ゲーム特集 ― 通貨単位が「両」のゲームといえば?
過去の問題はこちら(隔週月曜日7:30更新)




ちょっと遅めの明けましておめでとうございます。年越ゲームはポケモンでした大桶です。2017年の抱負はゲーム三昧。抱負と言うか自堕落!2016年はインサイドさんにこのクイズのお仕事を頂き、さらに自分のゲームライフが加速した良き年でございました。

今年もさらに良い年になるよう頑張りますので皆様よろしくお願いします。さて、新年一発目のGAMEMANIA!ですが、世間はまだお正月。お正月と言えば、着物に初詣にお餅に凧揚げに一富士二鷹三茄子。なんだかとっても和風。というわけで今回は和風ゲーム特集です。

忘れもしません。振り返ってみると、確か自分が一番最初にプレイした和風ゲームはファミコンの影の伝説でした。いや、忍者じゃじゃ丸君でした。もしくは桃太郎伝説だったように思います。忘れてるね!

どれが一番最初だったかはちょっと曖昧ですが、プレイした時の楽しい記憶ははっきりと残っております。影の伝説で忍者として画面を駆け回り、虚無僧の炎に瞬殺され、じゃじゃ丸君で妖怪を相手に奮闘し魂に手裏剣をぶつけて高得点を狙い、桃太郎伝説でおとぎ話同様鬼を退治しに出かけ、でもしっかり女湯は覗きに行く。

その後もがんばれゴエモンで手形が見つからず延々地下階段を求めて町中をジャンプしたり、源平討魔伝で弁慶が倒せずババアにディスられるなど、和風ゲームの思い出はたくさんあります。色々なゲームの設定がある中で、ある種独特なジャンルの『和風』という世界観はそれだけでこちらをワクワクさせてくれますよね。

そんな気持ちを皆さんにも思い出して欲しい。そんな思いを馳せつつ、侍や忍者や殿様や妖怪や刀や桜や富士山や江戸や寿司屋その他もろもろ様々な和風ゲームをレトロゲームメインに取り揃えて問題を作ってまいりました。いろんなゲームの和の心を堪能してくださいね。

■大桶純一
お笑いユニット『パップコーン』のメンバーとしてテレビ、ライブ、イベントを中心に活動。現在は芸人活動の傍ら構成作家としても活動中。ゲームはやりこみコンプリート型。毎月第一、第三水曜日に『アミポーク』というゲームトーク番組をニコ生とSHOWROOMで配信中。また、ゲームを漫才、コントに落とし込んだライブ版も定期的に開催中。いつでもどこでもドラムマニア用のマイスティックを持ち歩くダメ人間。

初めて買ったゲームはファミコンの迷宮組曲。好きなゲームは女神転生、天外魔境、ドラゴンクエスト、パンツァードラグーン、ファイナルファンタジー、モンスターハンター、妖怪ウォッチ、ヴァルキリープロファイル、ブレイブリーデフォルト、頑張れゴエモン、悪魔城ドラキュラ、ドラムマニア、ルナ、グランディア、リズム天国、塊魂などの各シリーズ、ラグランジュポイント、プリニー、二ノ国なども大好き。
《大桶純一》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  2. セイバーをリアル世界に召喚!? 宝具解放エフェクトが美しい─斬撃の動きに合わせてプロジェクションマッピングが追従

    セイバーをリアル世界に召喚!? 宝具解放エフェクトが美しい─斬撃の動きに合わせてプロジェクションマッピングが追従

  3. フードを被るとまるで“白魔道士”! 魔法使いなパーカーに新色登場

    フードを被るとまるで“白魔道士”! 魔法使いなパーカーに新色登場

  4. 『ロックマンX2』より「エックス セカンドアーマー」のフィギュアが発売決定!LED2色発光ギミックが楽しめる

  5. 『ゼノギアス』アクションフィギュアプロジェクト始動!リデザイン/監修は石垣純哉氏が担当

  6. 【昨日のまとめ】セイバーをリアル世界に召喚!?、『スプラトゥーン2』「前夜祭」は誰に向けたもの?、カップヌードルの新商品がどう見ても『スプラトゥーン2』…など(7/19)

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 「シン・ゴジラ」の第4形態が全高約49cmの巨大サイズで立体化! 放射線流発射シーンが再現できる限定版も

  9. 『リトルバスターズ!』10周年記念!『クドわふたー』アニメ化に向けクラウドファンディングが幕開け

  10. 「古事記」がラノベに!?日本の神様が活躍する和風ファンタジー作品「日本の神様とはじまりの物語」発売決定

アクセスランキングをもっと見る