人生にゲームをプラスするメディア

「2016年素晴らしかったアニメは?」アンケート、 男性1位は「Re:ゼロ」

その他 アニメ

(C) 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
  • (C) 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
  • (C) 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
アニメ!アニメ!では12月9日から25日までの期間「2016年アニメ総括アンケート」を実施した。「テレビアニメ部門」、「劇場・イベント上映部門」に分けて行い、2016年で素晴らしかったアニメは何か探った。今回はこのうち「テレビアニメ部門」の男性回答の結果を発表する。
アンケートでは、劇場アニメ約70作品を選択肢に並べ、3つまで選択可能とした。回答は1033名から集まり、男女比はほとんど半々で女性がやや多め。年齢層は、10代が3割半、20代が3割、30代と40代がそれぞれ1割以上であった。

■ 1位から3位まで小説原作が独占

1位は男女総合結果と同じく『Re:ゼロから始める異世界生活』となった。2016年1月から6月まで放送され、アニメ!アニメ!で2016年11月に実施した「続編が見たいアニメランキング」でも男性結果1位を獲得している。放送終了後もコラボなどの動きがあり、原作はもちろんその後の展開にも注目が集まっている。
総合結果で3位だった『響け!ユーフォニアム2』は2位となった。吹奏楽部の学生たちの青春を描く本作は、京都アニメーションのこだわった映像はもちろん、学生ならではのリアルな心情描写への評価が高い。
3位には2016年1月から3月まで放送された『この素晴らしい世界に祝福を!』が入った。2017年1月からは第2期の放送を予定している。原作は1位の『Re:ゼロから始まる異世界生活』と同じく元はWebで誕生した小説だ。

1位から3位まで小説原作が独占した形となった。さらに6位『GATE 自衛隊 彼の地にて、欺く戦えり』も入れると10位以内に4タイトルである。このほか7位『ラブライブ!サンシャイン!!』や8位『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』など、「女性アイドルもの」「ガンダム」といった男性アニメファンから人気の高いジャンルの作品がランクインした。

[2016年に放送されたテレビアニメで、素晴らしかった作品]男性回答

1位『Re:ゼロから始める異世界生活』
2位『響け!ユーフォニアム2』
3位『この素晴らしい世界に祝福を!』
4位『NEW GAME!』
5位『僕だけがいない街』
6 位『GATE 自衛隊 彼の地にて、欺く戦えり(炎龍編)』
7位『ラブライブ!サンシャイン!!』
8位『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
9位『甲鉄城のカバネリ』
10位『3月のライオン』

(回答期間:2016年12月9日(金)~2016年12月25日(日))
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY』30周年を記念する“VISA カード“を発行! 盤面はチョコボが彩るデザインに

    『FINAL FANTASY』30周年を記念する“VISA カード“を発行! 盤面はチョコボが彩るデザインに

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

    【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

  6. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  7. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  8. 現・世界チャンピオンによるオセロ講座も!『逆転オセロニア』リアルイベントレポート

  9. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  10. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

アクセスランキングをもっと見る