人生にゲームをプラスするメディア

PS4/3DS『ドラクエXI』公式サイトが更新…各バージョンでキャラクターやロケーション画像を公開

スクウェア・エニックスは、PS4/3DSソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトを更新しました。

任天堂 3DS
PS4/3DS『ドラクエXI』公式サイトが更新…各バージョンでキャラクターやロケーション画像を公開
  • PS4/3DS『ドラクエXI』公式サイトが更新…各バージョンでキャラクターやロケーション画像を公開

スクウェア・エニックスは、PS4/3DSソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトを更新しました。

国民的な人気を誇るRPGシリーズの最新作となる『ドラゴンクエストXI』。本作の大きな特徴のひとつとして、PS4版と3DS版でグラフィック表現が異なる点があげられます。PS4版は、頭身が高く緻密な3Dグラフィックで描かれ、3DS版はデフォルメされた3Dモードとドット絵表現の2Dモードを切り替え可能。好みの雰囲気に合わせてチョイスすることができます。

その特徴が一目で分かる画像の数々が、このたび公式サイトにてお披露目されました。主人公と相棒のカミュ、そして故郷となる「イシの村」や世界の中心に浮かぶ大木「命の大樹」といったロケーションも、両バージョンのものが公開されています。どちらの雰囲気で遊びたいか、今のうちにチェックしてみるのもお勧めです。

■『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』公式サイト
URL:http://www.dq11.jp/

(C) 2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C) SUGIYAMA KOBO
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  3. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

    『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  4. 『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選

  5. 『ポケモンSV』ウパー(パルデアのすがた)の知られざる秘密!実は四半世紀ぶりの特徴が…!?

  6. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  7. 「脱衣麻雀」の時代が戻ってきた!?スイッチで続々と名作が復活!!

  8. 『ポケモンSV』にヒスイポケモン参戦決定!?時を超えた絆に「胸アツ」の声!

  9. 【特集】『星のカービィ』名曲10選、本当は10曲に選びたくなかった!

  10. 【特集】1996年2月27日、全てはここから始まった…ポケモンゲーム史「ゲームボーイ」編

アクセスランキングをもっと見る