人生にゲームをプラスするメディア

TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中

ソニーは、プラットフォーム「Project FIELD(プロジェクト フィールド)」の概要を発表しました。

ソニー その他
TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中
  • TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中
  • TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中
  • TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中
  • TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中
  • TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中
  • TCG×スマホの新プラットフォーム「Project FIELD」詳細情報が公開、クリエイター向けSDKも開発中

ソニーは、プラットフォーム「Project FIELD(プロジェクト フィールド)」の概要を発表しました。

「Project FIELD」は、スマートフォンやタブレットに繋げることにより、新たなカードゲーム体験を楽しむことができるプラットフォームです。なおこの商品は、“カード”、“パッド”、“ゲームアプリ”から構成されています。


専用パッドとスマートフォンをBluetoothで接続しパッドの上に専用カードを乗せると、カードの種類・位置・向き・動きを読み取り、ゲームアプリ上へリアルタイムに反映する仕組みが採用されています。また、ゲームの進行やキャラクターの進化など、さまざまな情報をカードへ書き込むことも可能です。


例えば対戦型ゲームでは、カードをスライドさせたり向きを変えることにより、ゲーム画面上のキャラクターを自在に操作してゲームプレイを楽しむことができるとのこと。またデータをカードに記録するため、育成型ゲームなどでは場所を変えて遊ぶ際にも続きから遊ぶことが可能になっています。

カードに紐づくルールや数値は、パッドにカードをのせると自動で判別・計算されます。セキュリティ機能も備えており、カードの偽造などを防止することも可能。さらに、1台のスマートフォンに2台のパッドを繋げて遊ぶこともでき、複数人でのゲームプレイや多くのカードを必要とするゲームなどにも対応予定です。

なお、ゲーム開発者向けに専用のソフトウェア開発キット(SDK)の開発も進められています。

「Project FIELD」の立ち上げに向けては、エンタテインメントのノウハウを有するフォワードワークスとソニーが協業を実施。コンテンツ第1弾は、フォワードワークスが、レベルファイブ・バンダイとの協業により『妖怪ウォッチ』シリーズタイトルが開発しています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

    PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  2. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

    『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

  3. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ついに発売―冷泉麻子のWEB限定CMも公開

    『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ついに発売―冷泉麻子のWEB限定CMも公開

  4. 斑鳩の井内ひろし最新作『ウブスナ UBUSUNA』は、エムツー制作のPS4向けSTG

  5. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』隊長&車長1人のスキルが明らかに!

  6. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  7. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”ゼノ・ジーヴァ登場のクエストが11月16日より開催決定!重ね着装備「【シーカー】衣装」も入手可能

  8. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  9. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  10. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る