人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2016】VRテーマパーク向けFPSをプレイ…自分の足で歩き、自分の手で扉を開け、自分の判断で逃げれる

ゲームビジネス VR

【G-STAR 2016】VRテーマパーク向けFPSをプレイ…自分の足で歩き、自分の手で扉を開け、自分の判断で逃げれる
  • 【G-STAR 2016】VRテーマパーク向けFPSをプレイ…自分の足で歩き、自分の手で扉を開け、自分の判断で逃げれる
  • 【G-STAR 2016】VRテーマパーク向けFPSをプレイ…自分の足で歩き、自分の手で扉を開け、自分の判断で逃げれる
  • 【G-STAR 2016】VRテーマパーク向けFPSをプレイ…自分の足で歩き、自分の手で扉を開け、自分の判断で逃げれる

コンソール向けのVRからアミューズメント向けのVRまで、様々なVRコンテンツが出展されている韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」にて、プレイ範囲を自由に歩けるVRテーマパーク向けFPSデモがBto Bエリアに出展されていました。

このデモを手がけるのは、モーションキャプチャー技術の開発・販売を行う韓国企業のMotion Technologies。オーストラリア企業のZERO LATENSCYが開発する『ZERO LATENCY VR』同様にVRゴーグルが接続されたバックパックを背負い、VR空間を自分の足で歩くことができます。




『ZERO LATENCY VR』と違い1人専用ですが、バックパックにはボディアーマーのようなものが付いており、攻撃されるとバイブレーションでダメージを演出。また両手・両足の動きも感知するようになっており、自分の手で扉を開けるといったアクションも行うことが出来ます。


今回出展されていたデモは、エイリアンのような謎の怪物と戦うSF系のFPSで、ステージの最深部を目指すのが目的。このステージ構造が面白く、ゲーム内ではそれなりの距離を歩き回っている感覚なのですが、ゲーム内では空間を好きなように繋げることが出来るため、実は同じところをぐるぐる回っているだけなのです。

『ZERO LATENCY VR』ではサバイバルゲームの撃つ楽しさと、マルチプレイFPSの共闘する楽しさがVR空間で見事に表現されていましたが、Motion TechnologiesのデモはFPSのキャンペーンモードを自分自身が体験しているような感覚になり、狭い通路を自分の足で歩いて行き、敵と交戦し、エレベーターに逃げ込み、自分の手が扉の開け閉めをするといった一つひとつのアクションがとても楽しいものになっていました。

具体的なリリース時などは決定していませんが、本作はVRテーマパーク向けに展開される予定です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  2. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  7. 【週刊マリオグッズコレクション】第29回 懐かしのボードゲーム「パーティジョイ」シリーズ

  8. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  9. 世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に・・・中国が今年にも米国を逆転

  10. UDKを使ってみよう!【実践編1】ゲームタイプとレベルデザイン ・・・「Unreal Japan News」第45回

アクセスランキングをもっと見る