人生にゲームをプラスするメディア

プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始

メイクソフトウェアは、プリントシール機「lovelizm(ラブリズム)“声プリ”バージョン」の好評をうけ、新キャラクター“リッチー”として梶裕貴氏のボイスを加えた新バージョンを、2016年10月20日より全国20箇所にて展開すると発表しました。

その他 全般
プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始
  • プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始
  • プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始
  • プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始
  • プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始
  • プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始
  • プリントシール機(CV:梶裕貴)登場、全国20箇所で稼働開始

メイクソフトウェアは、プリントシール機「lovelizm(ラブリズム)“声プリ”バージョン」の好評をうけ、新キャラクター“リッチー”として梶裕貴氏のボイスを加えた新バージョンを、2016年10月20日より全国20箇所にて展開すると発表しました。

同社は、有名声優のボイスでプリントシール機の撮影をエスコートする「声プリプロジェクト」を2016年5月より実施。その第一弾として、撮影をエスコートしてくれるキャラクター“イズムさん”の声優に、「ジョジョの奇妙な冒険」の空条承太郎役や「宇宙戦艦ヤマト2199」の古代進役などで人気の小野大輔氏を起用し、200種以上の録りおろしボイスを搭載したプリントシール機「lovelizm “声プリ”バージョン」を実験的に限定設置。その店舗では、初日に90分待ちの行列ができ、その後の稼働においてもユーザー満足度95%を超えるなど、予想を大きく超える好評を博しました。

この反響を踏まえ、キャラクターの“イズムさん(CV.小野大輔)”に加えて、新キャラクター“リッチー”として、「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役や「七つの大罪」のメリオダス役などで声優を務める梶裕貴氏を新たに起用した、「lovelizm “声プリ”バージョン2」を新たに展開。紳士的でおちゃめな“イズムさん”とはまた一味違う、明るく天真爛漫なキャラクターが撮影をエスコートしてくれます。

【新バージョンの主なポイント】
■1人撮影専用の「お1人様コース」が新登場
「声プリを撮ってみたいけど一緒に撮影してくれる人がいない!」というアンケートの声にお応えして、1人撮影に特化したプレイが可能なコースを新たに追加しました。

■ファン必聴!梶裕貴氏による400種類の撮りおろしボイスを追加
「んんん? 1人ってこと? でも大丈夫だよ♪」、「とっておきの笑顔をちょーだい!」など、ファンにはたまらないボイスを多数収録しています。

【“声プリ”連動キャンペーンも続々展開】
■アニメイトとの共同キャンペーンを実施
「声プリ」設置店舗で撮影したシートを持って近隣の指定されたアニメイトの店舗に行くと、「声プリ」特製の「イズムさん缶バッジ」がもらえる共同キャペーンを10月20日より実施します。

■梶裕貴氏のサイン入り色紙プレゼントキャンペーンを実施
声プリ公式Twitterアカウントをフォロー&RTすると梶裕貴氏のサイン入り色紙をプレゼントするキャンペーンを10月20日より実施いたします。その後、第2弾・第3弾として新たなキャンペーンも展開予定です。

■「声プリ」特設ページhttp://koepuri.jp
設置店舗等の詳細は、特設ページよりをご確認ください。


【エスコートキャラクター】
■イズムさん

キレイに写りたいという女の子達の気持ちが集まって生まれたプリントシール機「lovelizm」の妖精。イズムさんオリジナルのナレーションが撮影をより楽しく盛り上げる。

CV:小野大輔 (おの だいすけ)


■リッチー

イズムさんと同じくプリントシール機の妖精。楽しいことが大好きで、天真爛漫な性格。初めての人でもすぐに仲良くなれる人懐っこいキャラクターで、“お1人様”撮影を楽しく盛り上げる。

CV:梶裕貴 (かじ ゆうき)
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コスプレ】110万人フォロワーを持つ中国人気レイヤー・神楽坂真冬、今後日本での活動は?【インタビュー】

  2. 【コスプレ】「ワンフェス2019冬」初音ミクに扮したコンパニオンさんに注目! GSRコーナー【写真34枚】

  3. 台湾人気コスプレイヤーMomoの可愛らしさに胸キュン!台湾コスプレ事情をまるっと訊いた【写真35枚】

  4. 『スマブラSP』の配信が面白いバーチャルYouTuber!ガチ対戦から視聴者との交流までスタイルは様々【特集】

アクセスランキングをもっと見る