人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモンGO』新アップデートは賛否両論―ジム配置ポケモンも「発見」対象に

ナイアンティックより、スマートフォン向けARゲーム『ポケモンGO』のゲーム内要素“ポケモン図鑑”に関連する新たなアップデート内容が報告されています。

モバイル・スマートフォン iPhone
『ポケモンGO』新アップデートは賛否両論―ジム配置ポケモンも「発見」対象に
  • 『ポケモンGO』新アップデートは賛否両論―ジム配置ポケモンも「発見」対象に
  • 『ポケモンGO』新アップデートは賛否両論―ジム配置ポケモンも「発見」対象に

ナイアンティックより、スマートフォン向けARゲーム『ポケモンGO』のゲーム内要素“ポケモン図鑑”に関連する新たなアップデート内容が報告されています。

『ポケモンGO』国内向け公式Twitterの投稿によれば、ジムに配置されているポケモンを確認した際に対象が未発見だった場合、そのポケモンが“ポケモンずかん”に表示されるようになったとのこと。当然のことながら捕獲数としてはカウントされず、ポケモンを見つけた数として数えられます。

このアップデートに関しては国内外の『ポケモンGO』ユーザーから賛否両論の反響が寄せられ、「見つけた数」が加算されてしまう仕様に対する不満の声が届いている様子。しかしながら、携帯ゲーム機などのオリジナル版『ポケットモンスター』においてもトレーナー戦で遭遇したポケモンを「見つけたポケモン」としてカウントするシステムは備えられており、あくまで「オリジナル版に近付いた」と見るユーザーも少なくないようです。一部ではゲーム性に影響が出るとも考えられているこのアップデートですが、微調整を繰り返してきた『ポケモンGO』だけあり、今後の更新方針にも注目が集まりそうです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アナザーエデン』「サイラス」の★5クラスがついに開放!Ver 1.8.6アップデート情報公開

    『アナザーエデン』「サイラス」の★5クラスがついに開放!Ver 1.8.6アップデート情報公開

  2. ダンバル色違いゲット出来た?一部地域では通信障害も【ポケモンGO 秋田局】

    ダンバル色違いゲット出来た?一部地域では通信障害も【ポケモンGO 秋田局】

  3. 『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

    『ポケモンGO』アップデートで図鑑がシンオウ地方に対応!バージョン履歴にも気になる表記が

  4. 『アズールレーン』新R空母「ワスプ」が公開―ファスナーをガバッと開けた大胆衣装!

  5. 『ポケモンGO』「ダンバル」のコミュニティ・デイが後日再度開催へ―理由は一部地域での障害発生によるため

  6. 3Dアバター作成&ライブ配信アプリ『トピア』iOS/Android版が同時リリース―約3~5頭身の体型変更も可能!

  7. 『アズールレーン』新SR戦艦「コロラド」が公開―新たなユニオン艦続々紹介中!

  8. iOS向けVTuberアプリ『REALITY Avatar』正式運用開始─アバターを作成すれば即デビュー!

  9. 『トリプルモンスターズ』12月21日をもってサービス終了へ―配信開始から約8ヶ月で幕を下ろす

  10. 手軽に3Dアバターを作成できる『Vカツ』iOS版配信開始─300以上の項目がカスタマイズできるほか、男性キャラにも対応

アクセスランキングをもっと見る