人生にゲームをプラスするメディア

脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

ゲームビジネス VR

脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
  • 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!
ポニーキャニオン/エジェ/インターピア/JVCケンウッド・ビデオテックは、店舗でVR体験が楽しめるサービス「VR THEATER」と、VR映像ポータル「VR CRUISE」向けの新規コンテンツ、超実体験型360°VRホラーショートムービーシリーズ「VR“DEAD”THEATER」をリリースすると発表しました。

「VR“DEAD”THEATER」は、日本を代表する映画監督たちの“VR”という新たな映像視聴体験機器への挑戦として、「ホラー映画を実体験する」をテーマに、次々と襲いかかる恐怖を360°VRで体験、脳と感覚を極限まで刺激する、次世代型ホラーコンテンツです。

◆超実体験型360°VRホラーシリーズ「VR“DEAD”THEATER」



第1弾作品となる「天獄処理工場」を手掛けるのは、「実写版 進撃の巨人」「シン・ゴジラ」等の特殊造型も担当した、日本スプラッター映画の第1人者として有名な西村喜廣監督。“実体験”というポイントに注力した、まるで自身が引き裂かれているような“痛覚”までもを刺激する、圧倒的な没入感を体験できる映像に仕上がっているとのことです。

◆第1弾作品「天獄処理工場」



全国の「VR THEATER」展開店舗にて2016年10月17日(月)よりサービスを開始。

【脚本・監督】
・西村喜廣

【キャスト】
・セーラー服の女:水井真希
・天獄女1:紅日毬子(虚飾集団廻天百眼)
・天獄女2:十三月紅夜(虚飾集団廻天百眼)
・天獄女3:柚木成美
・ボロボロの女:冨手麻妙
・男:金井聡






西村喜廣監督

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■VR CRUISE
2015年12月にサービスを開始した国内初の360度動画ポータルアプリ。映画、音楽、舞台、アニメ、ニュース、スポーツ、ドキュメンタリーなどの様々なジャンルの高品質なコンテンツが体験できます。「ももいろクローバーZ 桃神祭2015」や「横浜DeNAベイスターズ 360BAYSTARS」などの360度コンテンツの制作・配信をしています。


■VR THEATER サービス
インターピアの開発したコンテンツ課金・店頭決済システムと、エジェが運営する高品質360度動画ポータル「VR CRUISE」が連携。店頭でVRコンテンツの購入が可能になり、有料・無料の各種作品を簡単にお楽しみいただけます。国内初となる、店舗での現金決済によるVR視聴サービスで、VRコンテンツの販売チャネル発展を目指します。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なお「VR“DEAD”THEATER」は、今後もシリーズとして、日本が誇る新進気鋭のJホラー監督達手掛ける、VRホラーコンテンツのリリースを予定しているとのことなので、VRに注目するユーザーは期待しましょう。

(C)2016 VR“DEAD”THEATER
《Ten-Four》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  3. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

    【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. タカラトミーの「人生ゲーム」、婚活イベントで“リアル版”を展開!出雲市、ツヴァイとの合同プロジェクト

  6. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  7. 「うまい」「はやい」「やすい」の三拍子で日本のゲーム開発現場を支援する・・・RADゲームツールズ日本代表に聞く

  8. 【インタビュー】注目のイベント「サムザップテックナイト」に潜入!ーサムザップ取締役木村氏インタビュー

  9. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る